FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「アイデアのちから」はとても実践的!


こんにちは。カン・チュンド です。

わたしは今日も文章を書いています。
書くこと自体、自分にとっては大切な訓練だと思っています。

でも、書くことと、
人前でしゃべることを選べと言われたら、
迷わず「しゃべる」ことを選びます(笑)
(書くことは元来、あまり得意ではないのです..)。

そんなわたしがお勧めしたい本が、
アイデアのちから】 
作者: チップ・ハース、ダン・ハース
出版社: 日経BP社

「文章を書く人すべてに紹介したい。」
そう思わせてくれる本です。

本書では
文章を書くためのアイデアは【感性】ではなく、
【訓練】によって生み出すことができる、
と喝破しています。

(実際そうであると実感しました..)

文章も「技術」を用いて紡ぐものなのだと、
再認識した次第です。

本書は説得力のある文章、
人を惹きつける文章の「特性」を考察し、

今まで感覚的に伝えられてきた
「アイデアの作り方」について
客観性の高い【法則】を複数導いています。

・詳しくはこの方の【書評】で。

これらの【法則】をインプットし、
いつも気にかけながら作文を行うことで、
あなたの文章のペーソスが変わると思いますよ。

いつも思うのですが、
米国の書籍は
私たちが感覚的に捉えている領域を、
深く掘り下げ体系化することに長けていますね。

(プラス、この本は「読み物」として
痒いところに手が届き、
ユーモアがあってとても面白いです..)

G・W期間中にぴったりの本だと思います。




関連記事

| 書評・映画・美術評 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/955-24b50d0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT