FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お金という猛獣をうまく手なずける


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

@今週は少し気温が下がるそうです。
(体調管理に気をつけましょう..)

ところで、今度テレビのニュースなどで
【横領事件】に遭遇したら、
次の箇所を注意して聞いてみてください。

―容疑者の□□□□は、
横領した○○○万円について、
「競馬などギャンブルに使った」と供述しているー

このコメントって、けっこう普遍的です。

なんと言いますか、
◆ 負の所業によって得た「お金」は、
(結局)「負のベクトル」にしか向かわないのです。

お金というのは不思議なもので、
(ちょっと気を許すと)、
巧みに人の心をコントロールしようとします。

あなたがお金の手綱をしっかり握っていないと、
お金はいつでも、
欲望を増幅させる「凶器」となります。

「そんな・・、大げさな。」
と思われるでしょうか。

「カンさん。私には横領なんて関係ありません。」
はい、もちろん関係ないと思います。

しかし、お金に気を許してしまう【心の隙間】は、
誰もが持っているのではないでしょうか。

そもそもお金を横領するって
(まあ、お金に困っているからですが、)

その「困り方」が、
たいてい刹那的である場合が多いのです。

(たとえば、です。
明日の支払いに本当に困っているなら、
コンビニや郵便局に強盗に入ってしまう..
というようなパターンになるはず)

ある意味、お金を横領するためには、
時間的な余裕、そして、
なんと言いますか、
開き直りの心境に達している必要があります。

では、お金を横領してしまう人が、
お金に困る刹那的理由とは?

ギャンブル、浪費、
男女関係のもつれ(いわゆる相手に貢ぐケース)
ネットワークビジネス?
などでしょうか。

ギャンブル(賭け事)への陶酔は、
時代と場所を超越しています。

また、高級品への憧れ、
男女関係のもつれも古今東西、普遍的です。

わたしは今、
こんなことを偉そうに言っていますが、
子どもの頃に実は
こんな悪いこと もやっています。

30年以上経って、
我今思う、ではないですが、

お金の威力に身を任すことに、
ある種の爽快感を覚えてしまうのも、
また人間の業(ごう)ではないかと..。

かつて作家の梁石日氏は
「お金を使い果たしてしまわないと
次の作品が書けない」と言っていました。

お金を、
それも年間の収入を上回る金額を、
うまくコントロールすることを
私たちは今の時代、求められているのです..。

*********************
マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
5月22日【 ETFスタンダード講座 東京
6月5日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
6月13日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 13:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/961-d076db6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT