PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アメリカの投資信託って、年間実質コストがきちんと開示されている?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

いい加減、
投資信託の用語を
ちゃんと『新しい』ほうに
統一すべきだと思いませんか?


えっ??

つまり、
信託報酬ではなく、
運用管理費用に。

販売手数料ではなく、
購入時手数料に。

その心は・・?

消費者側を【主人公】にして、
専門用語を捉え直すということ。


で、
いきなり話は変わるのですが(^^;)

来年1月から始まる
つみたてNISA」では、

〇 ひとりひとりのファンド保有者に対して、
過去1年間に負担した
運用管理費用(信託報酬)の『概算金額』を
通知することを義務付けています。

これっていいことですよね。

消費者が負担する【けいぞくコスト】を
【外付け】で明示する
ことですから!


(願わくば)
一歩進んで、

運用管理費用(信託報酬)だけでなく、
1年間でファンド保有者が負担した
トータルのコスト(年間実質コスト)』を

(外付けで)開示する方向に
持っていってもらいたいものです・・。


money-dollars-cash-burden-debt-chain-600x450.jpg


この『年間実質コスト』のことを、
アメリカの投資信託では「総経費率」
Expense Ratio と呼んでいます。

たとえば、
1963年から運用を続けている
かの有名な
フィデリティ・マゼラン・ファンド』の基本情報では、

Exp Ratio (Gross) 0.68%
5/30/2017


と記載されています。

これが
Expense Ratio(総経費率)のこと。


米国のファンドで開示されるのは、
日本でいう運用管理費用だけではなく、
【その他、諸々のコスト】を加えた
「総経費率」Expense Ratio のことなのです。

「カンさん、諸々のコストってなに?」


はい、

一例ですが、
『世界経済インデックスファンド』の
交付運用報告書」(決算日2017年1月20日)
を見てみましょう。

上記運用報告書では
年間のトータルコスト』が
開示されています。
(当該ファンドは年に1回の決算のため)

(a)信託報酬    101円0.540%
(b) 売買委託手数料 1円 0.008%
(c) 有価証券取引税 1円 0.008%
(d) その他費用   14円 0.075%

合計         117円 0.631%


この場合、
(a)+(b)+(c)+(d)の
0.631%こそが、
当該ファンドの『年間実質コスト』になるのです。


CreativeDestruction4.png


各々の用語ですが、
売買委託手数料とは、
ファンドが株式を売り買いするときに
払うコストのことですね。

有価証券取引税とは、
海外の株式などを売買する際、
納めなければいけない税金のこと。

(これって「かかる国」もあれば、
「かからない国」もあります・・)

その他費用には、
保管費用や、監査法人に支払う
監査費用が当てはまります。


要するに
投資信託という生活商品を、
私たち消費者を【主人公】にして
捉えれば、

「結局のところ、
トータルの負担コストってどれくらいなの?」


というところが、
消費者がもっとも知りたい情報であるはず。

(そうですよね?)


それを、
『年間実質コスト』として、

(運用報告書だけでなく)

ネットでの基本情報や
パンフレットや
運用レポート上で
普通に見聞きできるように
するべきだとわたしは思います。


昨今のインデックスファンド群の
【低コスト化】についても、

運用管理費用(信託報酬)ではなく、
【年間実質コスト】(トータル費用)で
比較されるべきでしょう。

(そのほうが実際的でよりフェアであるわけです・・)


バラつみ投資バナーたて




| 投資信託をディープに理解する | 11:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなたの資産が毎日(ほんの少し)削り取られている、それが「運用管理費用」です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資信託を持ち続けていると、
けいぞく的にかかるコストがあります。
それが『運用管理費用』です。

これは、たとえば
年率1.46%(税込)などと記されますが、

年に1度徴収されるわけではなく、
毎日【日割り】で差し引かれています。

(あなたが知らないうちに、そっとです・・(恐)

その「引かれ方」というのが一種独特で、
まるで超薄切りスライスチーズのように、
毎日ほんの少しずつ、
削り取られるイメージなのです。


cheese_a30.png


たとえば、
「固定資産税」なら、
請求書が来て、金額を見て
あなた自身が支払うわけですが、

『運用管理費用』は、
あなたが買っている投資信託という「商品」の、
角のところをほんの少し削って
「はいどうぞ!」と、


いわば【現物払い】しているのです。
(伝わっていますか?)

これは、毎年の自動車税を、
クルマのバンパーを少し削って
「はい、これ今年の税金分ね!」
と払っているようなもの・・。


投資信託という商品そのものが、
お金(資産)だから、

コストを【現物払い】できるのですね。

そして、この手数料が特殊なのは、
投資信託という「商品」の、
角のところを毎日少しずつ削っているのが、

★ あなた(ファンド保有者)ではなく、
『運用会社』である点でしょう・・。


それに、です。

駅前のフィットネスクラブなら最初に、
1ヵ月あたりの「利用料金」について
事細かな説明があるはずですが、

店舗のある銀行や証券会社が、
熱心に『運用管理費用』の説明をしてくれる
という話は、あまり聞きません・・。

(知られたくない情報、なのですか?)


lgf01a201405200100.jpg


次に、投資信託の値段
【基準価格】の決まり方をご紹介しましょう。

株式ファンドなら、
ファンドが組み入れている株式の
「その日の株価(終値)」が出ますね。

それらを
「株価」×「株数」で計算して、
すべての銘柄を足して、

配当が出ている株式があれば
その配当金も足して、
あと、ファンドが保有する
現金などを足すと、

それがその日の
投資信託の【価値の総額】となります。
(※ ここでは借金はないものと仮定)


その【価値の総額】を【総口数】で割って、
×10,000をすれば、
めでたしめでたし、
ファンドの「値段」(1万口あたり)が出るよ!

・・・・・では、
(実は)ないのです。

実際には、
毎日毎日午後4時すぎ?に、

その日のファンドの
【価値の総額】から、

その日1日分の
【運用管理費用】(信託報酬)を引いたのちに、


その日の
投資信託の【純資産額】が出ます。



apology.jpg


(そして)そこから、
÷【総口数】× 10,000をして、
ようやくその日の【基準価格】が出るのです。

(『基準価格』が決まるのは、
だいたい午後6時ごろ・・)

したがって、
市場が閉まったあと、
だいたい午後4時くらいから午後6時の間に、

蔵の奥の薄暗い空間で行われる
「秘め事」のように、

あなたのファンド資産は毎日、
(ほんの少し)削り取られているのです・・。

◆ 関連記事
ヒストリー・オブ・信託報酬

追伸)
わたしは
この手数料の引き方を最初に考えた人は
【天才】だと思います。

商品提供側にとって、
これは『理想的な手数料の徴収方法』だからです。

似顔絵




| 投資信託をディープに理解する | 18:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

純資産額が右肩上がり ⇒ 安心の印です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

さて、いきなりですが、

投資信託にとって、
もっとも重要なことって何ですか?


「成績」!

なるほど・・。
これ、もちろん重要です。

でも、ファンドの「成績」って
みずものですよね。
(下がるときは、無情に下がってしまいます)

それより、
そのファンドを
どんな人が買っているのか。


つまり、
ファンド保有者の属性を知ることが

より重要だとわたしは思います。


一例を挙げてみましょう。
ブラデスコ ブラジル株式オープン」の
純資産額の推移です(肌色のほうです


FundChart9.gif

このファンドは2010年2月の設定。

設定当初から、
純資産額は瞬く間に500億円近くに!
(超右肩上がり!)

(要は)新発売のファンドを
なんとなく買った人が「たくさん」いたのです。


それが、
ファンド成績の低迷も相まって、

(このグラフは2012年以降のものなのですが、)
2013年時点で
純資産額はもう100億円もありません・・。


「あー、ファンドの値段、どんどん下がってるよ!
なにがワールドカップ、オリンピックよ!!
もうこんな投資信託売ることにするわ」的な、
解約が山ほどあったことが容易に想像できます。


あなたは
そういう保有者の集まりである
「ブラデスコ ブラジル株式オープン」の
『仲間』に入りたいと思いますか?


NO、ですよね。

投資信託で大切なことは、
もちろんファンドの『運用哲学』ですが、

それを補強するのも、
台無しにするのも、
どんな人がそのファンドを買っているか、なのです。


一方で、
良質なファンド保有者が、
長くそのファンドと付き合い続けている・・。
これってまだ日本では稀有な例でしょう。

『具体例』を挙げてみます。

投信ブロガーのrennyさんは、
誰よりも長くかつ継続的に
セゾン投信』をウォッチしている人のひとりです。

rennyさんのブログを見ると、
セゾン投信ウォッチ』というカテゴリーだけで、
ナント180本も記事を書かれているのです。

その中の最新記事
セゾン投信ウオッチ 2017年9月号』を
見てみましょう。


すると、10年超にわたる、
セゾン投信の口座開設者の推移
(月ごと)が分かります。

ほんとうに毎月毎月の積み重ねで、
口座保有者が『12万人』を超えてきたわけですね。

また、以下は、
セゾン投信のサイトに載っている
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の
純資産額の推移です(過去10年・・)


純資産額推移


見事な右肩上がりです!

良質なファンド保有者が、
長くそのファンドと付き合い続けているから、
こうなるのです。

そして、新たなファンド保有者が
コンスタントに増えているから、
こういうグラフになります。


また、ファンドの成績のアップダウンに関わらず、
『純資産額』が大きくブレていないのはなぜでしょう?

答え)
多くのファンド保有者が
つみたて投資』を行っているためです。

実際、当オフィスのお客様から、
こんな話を伺ったことがあります。
(セゾン投信に電話をしたときのことです)

「100万円ほど使う用事のないお金があるのだが、
一度に投資したほうがいいだろうか?」


と聞くと、

セゾン投信の電話口の人は、

「毎月定額で積み立てられたほうがいいですよ」
と言ってくれたそうです。


(※ わたしもまったく同意見)


banner1.jpg


また、以下は『ファンド情報』(第249号)という
雑誌の中で知ったのですが、

セゾン投信では
つみたて金額の減額や、
つみたてプランの休止のための
資料請求がされたりすると、

『積み立ての極意7カ条』を同封して、
お客様に再考を促す努力もされているのだそう。

そこには奇をてらったことは何もなく、
顧客に寄り添う『基本姿勢』があるだけです。

『ファンド情報』(第249号)の中には
以下のような記述もあります。

「合理性より、顧客の心の安定や
運用会社に対する信頼こそ重要だと考えている」


このセリフが出てくるメーカーさんって、

投資信託という商品が
『時間』の産物であることが
よーく分かっているのだと思います。


ちょっと考えてみてください。

★ ファンドそのものの姿勢、
そしてファンド保有者のキャラクターが
長い歳月の中で醸成されれば、
それが・そんなに・簡単に・変わることはありません。

投資信託という商品は、
【長く・同じ姿勢で存続してくれることが】
何より重要なのです・・。


バラつみ投資バナーたて

新刊では↑「セゾン・バンガード・・」も
お勧めファンドのひとつとしてご紹介しています。



| 投資信託をディープに理解する | 19:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「さんまの塩焼き」と「さんま塩焼き定食」はぜんぜん違います


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資信託の業界では、
いまだに色濃く残っているものがあって、
それは・・『上から目線』です。

商品の提供側が、

「まあ、あれでしょ。
ここを〇〇にて、ちょっと手数料高めにしても、
買う人たちには分からないでしょ。」


と、
無意識に思っているふしがあるのです。

もっとはっきり言ってしまうと、

投資信託の中身を
『わざと』複雑にして、

もらえる手数料を膨らませるような製品が、
フツーに(日常的に)売られています。


ちょっと舞台を
「田町大衆食堂」に移してみましょう。

「田町大衆食堂」では、
「さんまの塩焼き」の単品は
380円(税込)です。

さんま


仮に、この「さんまの塩焼き」に、
意味のない「ごはん」を20粒ぐらい
こっそり加えて、


「はい、これで
さんま塩焼き定食ですよ。
680円になります!」
と言ったら、

お客さんは間違いなく
怒り出すでしょう・・。


ojisan1_angry.png


(残念ながら)
これと変わらないことが、
投資信託では行われています。

具体例』を挙げてみましょう。

先月、運用を開始した
「ダイワDBモメンタム戦略ファンド」という
投資信託があります。

(運用会社は大和証券投資信託委託。)


ファンドの特色は?

ダイワその3

なるほど・・。

まあ、
アメリカの株や、長期金利や
USドルに直接投資するのでしょうね。

投資信託って『大きなフクロ』ですから、
どんなファンドであろうと、

フクロの中に「株式」やら「債券」やらを
せっせと詰め込むわけです。

ところが以下、
当該ファンドの仕組みを見てみると・・。

ダイワ

あれ?

どうやら、
当ファンドが直接「株式」などを
買い付けるのではなく、

【投資対象ファンド】(ふたつのファンド)を
買っていくようです。



つまり、
「ダイワDBモメンタム戦略ファンド」という
フクロの中に、

さらに『ふたつのファンド』を詰め込む形です。

そう、これって立派な
『ファンド・オブ・ファンズ形式』


なんだかおかしいなと思うのは、

上の図表内、
ブルーで塗られたほうの
【投資対象ファンド】
―外国投資信託(円建)― が、

アメリカの株式、アメリカの長期金利、
USドル、金(きん)を対象とする
モメンタム戦略指数に投資を行っている点です。

ん?

だったら、
この投資対象ファンド『外国投資信託(円建)』を、
そのまま商品にすればいいじゃん・・。


(いったい何のために、
わざわざ、【投資対象ファンド】として、
間に挟んでいるの?)

わたしなりの答え)

金融機関にとっては報酬である、
『運用管理費用』をより多く取るため。
としか、考えられません・・。


上の図表が意味するのは、

ふつうの「さんまの塩焼き」なのに、
わざわざ意味のない
『ごはん』を20粒ぐらい加えて、

「はい、さんま塩焼き定食で、
680円になるよ!」
と言っているのと変わりありません・・。

注:この場合、
『ごはん』20粒の役割を果たすのが、

意味のない、
(円建て債券に投資するだけの)
『ダイワ・マネーアセット・マザーファンド』です。


※ 実際、この投資信託の
目論見書」を見てみると、

『マネーアセット・マザーファンド』の
運用管理費用については、
【かかりません。】と明記されているのです。


消費者からより多くの報酬を得るため、
わざわざ
『ファンド・オブ・ファンズ形式』にしているため、

「ダイワDBモメンタム戦略ファンド」の
運用管理費用は、
計1.936%(税込)程度となります・・。


ダイワその2

1.161% + 0.775%程度ですから、
手数料の二重取りですね。


今日はたまたま、
大和証券投資信託委託が運用する
投資信託を例に挙げましたが、

多くの運用会社が、
このように意味のない
『ファンド・オブ・ファンズ形式』の
投資信託を数多く運用しています。



tn.jpg

実際、「さんまの塩焼き」に、
意味のない「ごはん」を20粒ぐらい
加えて、

「はい、さんま塩焼き定食です!」
などと言って割高な料金を請求したら、

お客さん(消費者)からは非難ごうごうで、
そのお店には誰も行かなくなるでしょう。


私たちは知らないといけません。

なんとなく投資信託を買ってしまうのではなく、
このような悪質なファンドの仕組みを知って、
(そして)、
それを買わない『知恵』を養うべきなのです・・。

◆ 関連記事
三菱UFJメキシコ債券オープン(買ってはいけない投資信託)】

似顔絵




| 投資信託をディープに理解する | 18:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毎月解約することを前提に作られた「バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」(VPGDX)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の記事、
【SBI証券の「投資信託定期売却サービス」は
もっと進化できるはず】
の中で、

ファンドの定期解約サービスのニーズについて
お話ししました。

資産運用という長丁場の「後半部分」、
つまり、
投資信託を効率的に取り崩しながら、
運用を続ける期間って、


(実は)けっこう長く、
そして、誰もが(いつかは)経験することです!


先日は、SBI証券という
販売会社が提供するサービスでしたが、

今日は、投資信託を運用する
運用会社が提供するサービスです。

実は米国では、
毎月解約することを前提に作られた投資信託
(ミューチュアルファンド)があるのです。

あのバンガード社が運用する、
「バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」
(VPGDX)をご紹介します。

(※ 米国では投資信託にも
ティッカー(銘柄コード)が振られます。
投資信託のティッカーは最後が X となります)


1434454545-3867.jpg


たとえば、アメリカ人のスミスさんが、
当該ファンドに10万ドル投資したとします。

「バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」
では、毎年1月に
「毎月の払い出し額(取り崩し額)」を決定しています。

ファンドのパフォーマンスにより、
払い出し額は毎年『変動』します。
(※ 払い出し率については、
ファンド評価額の「4%」をターゲットとしている模様・・)


もちろん、スミスさんが途中で
当該ファンドを追加購入したり、
ファンドを自ら一部解約したような場合も、
払い出し額は変動します。

前回の記事で解説したように、
【率】で取り崩しを管理していることが分かりますね。

ところで、
バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」の
ページをご覧いただくと、
簡単なシミュレーションができるコーナーがあります。

1.月にいくら【引出し額】が欲しいか入力してください。


たとえば、1,000ドル/月 と入力します。

すると、当該ファンドに金額ベースで
いくら投資する必要があるかが示されます。

336,757ドル


(払い出し率でみると、約3.56% となっています)

2.当該ファンドにいくら投資するかを入力してください


たとえば、220,000ドル と入力します。

すると、毎月の【引出し額】が
いくらになるかが示されます。

654ドル/月


(もちろん、こちらも
払い出し率は 約3.56% となっています)


ポイントは、
ファンドの成績によって
毎年『払い出し額』を変えることであり、

前述した「4%」という数字は、
長期にわたってファンド元本を維持していくための
現実的な【目標引き出し率】と思われます。


では、「バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」
(VPGDX)は、
具体的にどのようなポートフォリオなのでしょう。
バンガード

ほぉー、けっこう積極的ですね。
株式とオルタナティブ部分で76%強を占めます。

(オルタナティブ、代替投資とは、
不動産、未公開株(プライベートエクイティ)、
コモディティなどを指します)

そして実は、当該ファンドは、
『ファンド・オブ・ファンズ形式』なのです。

実際、どのようなファンドを内包しているのか
見てみましょう。

holdings.jpg


はい、ほとんどが「インデックス型のファンド」です。

興味深いのは、
「Vanguard Market Neutral Fund」6.9% でしょう。

これはロング、ショートを交えた
「マーケットニュートラル型」のファンドと思われます。

驚くべきは、
『ファンド・オブ・ファンズ形式』なのに、
年間経費率は 0.34%という低さ。

また、当該ファンドが
2008年5月に運用を始めて以来の成績は、
年率 +4.92%となっています。
(ターゲットの「4%」を上回っていますね)


このように、
ひとりひとりの顧客に対して、

ファンド自らが
「毎月解約」というサービスを提供できるのは、
バンガードが『直販』だからですね。


(『直販』のメリットは、運用会社が
お客様のデータをちゃんと持っていることです)

たとえば、わたしは
セゾン投信のようなところに、

他の金融機関に先駆けて
上記の先進的な資産管理サービスをぜひ
実践して欲しいと思います・・。

◆ 関連記事
【ポートフォリオの「出口戦略」について

似顔絵




| 投資信託をディープに理解する | 18:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月12日の「ひと言」



あなたがご両親に教えられることが
ふたつあります。

ひとつはスマホの使い方。
もうひとつは金融機関との付き合い方です。


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg





| 投資信託をディープに理解する | 10:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT