PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビットコインの急騰で個人的に思うこと


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

どんなバブルにも【象徴】があります。

1980年代後半から
90年代初頭にかけての日本のバブルは、
「不動産」の高騰によって、
シンボライズされます。

ITバブルとは文字通り、
ハイテク企業のPERが1,000倍、
2,000倍と買い上げられた「狂喜」そのもの。

今でも思い出すのが、
グローバル・クロッシング」という会社です。

光ファイバー事業に従事しており、
当時メディアなどで
大々的に取り上げられていました。

わたしはこの会社の株式を
本気で買おうと思っていたふしがあります。
(が、2001年に同社は倒産してしまいます・・)


米国の住宅バブルは
2006年~07年にピークを迎えます。

映画『マネー・ショート』では、
ちょっと怪しげな住宅ローン会社が、
移民で英語の契約書を読めない人たちに
ローンを組ませる姿が描かれています。


(考えてみれば、↑上記は
たった10年くらい前の話・・)

169100_02.jpg


そして、もし、
今回の金融緩和相場が今度も続き、
(のちのち)『バブルだった』と
呼ばれるようになるなら、

その【象徴】は・・、
ビットコイン』でしょう。


最近、
一介のFPオフィスにも、

「仮想通貨」や、
銘柄を絞り込んだマニアックな
「米国ETF」について、
問い合わせが舞い込むようになっています。

個人的には
いつか見た風景」であり、

ちょっときな臭い空気が
漂い始めているのでは・・
と思わずにはいられません。

仮に、ですが、
今の状況がさらに膨らみ
『バブル的狂騒感』を増し、
そしていつか、
その泡が弾けるのならば、

その【きっかけ】は、
『ビットコイン』の
暴落であるような気がしてなりません・・。


00_m.jpg


今、この記事を書いている時点で、
1ビットコイン(US)当たりの価格は
5,970ドルですが、

3年前には300ドル程度。
(6年前はたった2ドル程度だったのです)

(そもそも)
成熟した投資家は、

短期間で、急激に、
価格が上昇する現象に、警戒感を持ちます。


なぜなら、
価格変動の【振れ幅そのもの】を、
「リスク」と捉えるためです。

★ 山が高ければ、
谷も深くなる・・というのは、
歴史が証明している
マーケットの【一大特徴】なのです。


月並みですが、
まっとうな投資家として、

【こういう基準】を満たした
金融商品を選ぶべき、
というものを挙げてみましょう・・。

◆ 毎日「値段」が付く金融商品

毎日「値段」(=時価)が付く商品なら、
いつでも買えますし、
いつでも売ることが可能です。
(【流動性】が高くなる)

いつでも売れる(=いつでも逃げられる
ということです。

もちろん、
売買高は多いほうがよいでしょうし、

「時価」に対して
売却する価格が安すぎたり、
購入する価格が高くなりすぎたりしない、

すなわち、
『スプレッド』が小さいということも
重要でしょう。


◆「少額」から売り買いできる商品

実物の不動産投資も
魅力的に映ることがありますが、
なにせ『単価』が高すぎます。

『単価』が高い商品というのは、
広範な分散が施しにくいのです。



1616 マーケットのアップダウン


◆ 保有コストが低い商品
◆ それなりの歴史を有している商品

◆ 監督官庁がはっきりしている商品
いわゆる「公の金融商品」という意味です。

◆ 倒産リスクが隔離されている商品

「公募の投資信託」は、
その価値がゼロになる心配をしなくてよいので、
枕を高くして眠れそう・・。


最後に、
誤解があってはいけないのですが、
わたしは『仮想通貨』を
怪しいもの扱いしているわけではありません。

過去、
バブルの象徴となった資産は、
暴落はするものの、
その後、その価値を回復させています。
(全体として見た場合・・)


超長期で見れば、
国家が管理する『通貨制度』から、

『仮想通貨』のようなグローバルで
単一な『通貨システム』に、
移行していくことは間違いないでしょう。

このような破壊的創造のためには、
バブル発生→バブル崩壊→回復という
長大なプロセスが必要になるのです・・。

似顔絵




| 投資の発想法 | 13:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

意外とイケている日興アセットマネジメントのページを発見!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日興アセットマネジメントは
もう随分前から、
投資信託の『メーカー』と称している
運用会社さんです。

(また、投資信託の工場見学
「ファンドファクトリーツアー」なるものを
企画されたこともあります(金融機関向けですが)


Nikko-Asset-Management.png


たまたま日興AMのサイトを見ていて、
とても面白いコンテンツを発見しました。

それは・・
【前を向く人の、投資信託。】

ここで語られている「言葉」が、
けっこうフランクなのです。


日興アセット

画像元)
日興アセットマネジメント

人生の選択肢を増やすための
“前向き作戦”が資産運用


フム。

たしかに人生時間をかけて行う
「壮大なる作戦」ですよね(^^)


そもそも、投資信託は「一度は元本割れする商品」。


おっ、
ココ、はっきり言ってくれて気持ちがいい。

投資を続けるとは、
『波(なみ)』と付き合うこと。

波 = 価格変動こそが
リターンの源泉である、
という本質を理解しておかないと、

『含み損』 ⇒ あーあ、お先真っ暗と、
誤解することになってしまいます。


で、さらに
読み進めていくと・・。

経済成長の果実を得るのが資産運用
だから“ノイズは無視”がいい


はい、これも共感!

短気的な変動は
できるだけ気にしない・・。

いい加減さ、能天気さが
運用では必要なのです!)


だから“長期は当たり前”


はい、その通りです。


そして、
心の中で「うー」と唸ったのが、
次の文章・・。

日興アセット2

画像元)
日興アセットマネジメント


「低コストのインデックスファンドが最強」
 …というほど単純ではない


おっ、来ましたよ。
ここ、皆さんにぜひ読んで欲しいところ。

インデックスファンドの目的とは?
『指数』との連動を目指すことですね。
<それ以上でも、それ以下でもありません>


163861447.jpg


運用設計上、
毎日差し引かれる
運用管理費用を引いたあとの、

『基準価格』ベースで
指数との連動を目指しますから、

運用管理費用が低いことは、
差し引かれるコストが小さくなるという点で、
『指数』との連動がしやすくなる
「ひとつの要因」にはなります。



ただし、です。

当該ページでは、以下のような
説明が為されています。

信託報酬以外にも
「連動阻害要因」は多くあり、

信託報酬が最も低いファンドが
最もよく連動するとはいえず、

また、そもそもインデックスファンドである以上、
あるファンドだけがひとり
指数以上に上がっていくわけでもありません。


それは、おっしゃる通りです。

(この議論の流れでいうと、
やはり連動を目指すべき『指数』は、
配当込みであるべきだなあ・・
と改めて思いました・・)


さらに時間に余裕がある人は、

デジタル紙芝居
経済のチカラを使った
柱と土台と器のお話。】
も、

ぜひ見てみてください。
(Clickのところ!)

その下のほうでは、
「柱」と「土台」と「器」に当てはまる
自社ファンドの宣伝も、
ちゃっかり入っていたりするのですが・・(-_-;)


ページ全体を通じて、
演台の前で講義しているのではなく、
カフェの、同じテーブルで、
自分に向けて語ってくれているような、
そんな雰囲気がありました。

フランクに、
はっきりモノを言う運用会社さんが
もっと増えてくればいいですね・・。

◆ 参照記事
購入時手数料を廃止すれば、販社と運用会社の力関係が変わり、投資信託の回転売買もなくなるでしょう


バラつみ投資バナーたて




| 投資の発想法 | 17:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前の会社の同僚と「たまに会う」くらいの感覚で、株式市場とつき合おう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

突然に始まった
投資の『ホップ・ステップ・ジャンプ』!

ホップは『時間の把握』、
そしてステップは『対象の把握』でした。

そして今日お届けする
ジャンプとは・・?
ずばり【心の把握】です。

正確に言うと、
株式市場に向き合う、
あなた自身の「心の持ちよう」を
しっかり確認すること・・。


先日、
ひょんなことがきっかけで
「投資」に興味を持ち始めたばかりのあなた。

「株式市場」と聞くと、
【なんだか摩訶☆不思議な異空間!】
というイメージがあるかもしれません。

が、しかし、
よく考えてみますと、
それは(たまたま)
株式会社がひしめき合っている市場にすぎません。


あなたが勤めているのも
(おそらく)株式会社でしょう?

会社の価値というのは、
業績に伴って刻々と変化します。

その会社の価値を、
開かれた空間で売り買いするのが
『株式市場』というところです。

(あっ、市場は訓読みすると、
いちばになりますね)


株式の「いちば」では、
さまざまなモノ・サービスを提供する
株式会社の価値(株価)をめぐって、

「高い!」「安いよ!」
という思惑をもとに、
さまざまな人たちが売り買いを
繰り広げるわけです。

(まあ、賑やかなのです(^^;)


ただし、
お金(儲け)がかかっていますから、
その売り買いのさまは真剣そのもの。

人の「欲望」と「恐怖」を如実に映しており、
冷めた目で見ると、
【人間ドラマの凝縮版】を
観ているような気になってきます・・。

ズバリ申し上げて、
あなたに必要なことは以下のふたつ。

1.【株式市場の特徴】を知ること。


2.そのうえで、
市場との付き合い方を【主体的に】
あなた自身が決める必要があります。




dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


「カンさん、株式市場の特徴って?」

はい、市場というところは、
〇 短期的には赤子のように振る舞い、
〇 長期的には紳士の如く振る舞います。

大事なことなので、
もう一度言いますよ。

市場というところは、
〇 短期的には赤子のように振る舞い、
〇 長期的には紳士の如く振る舞います。



短期的に毎日毎日
市場の近くで値動きを追っていると、
(なにせ赤子のように振る舞うので)

「えっ、なんで??」というような
ちょっと理解できない、
不合理な『動き』が(もう)満載です。


※ 真剣に向き合えば向き合うほど、
正直疲れてきて、
頭の中がパンパンになってしまうでしょう。


そしてときには、
富士急ハイランドの
ローラーコースターに乗っているが如く、
アップダウンが激しくなることも。

(要は、短期的に見れば)
株式市場って
けっこう危なっかしいところなのです。


danger-300x222.jpg


そうすると、
あなたが取るべき行動は明快ですね。

『できるだけ赤子の相手をしない。』


すなわち、
株式市場を毎日見たりしない。
短期的な値動きは気にせずやり過ごす。

普段はマーケットから
できるだけ遠く離れて

意に介さず、

ぜんぜん違うこと(お仕事や趣味のこと)を、
一所懸命考えるようにしょう・・(^^;)

★ まるで1年に3回だけ会う、
前の会社の同僚 田中くんとの飲み会のように、

市場の長期的、
かつダイナミックな動き(傾向)のみを
把握すればよいのです・・。


たしかに「恐怖」と「欲望」が
ひしめく株式市場ですが、

透明な空間の中で、
たくさんの株式が、
たくさんの人たちによって
売買されるため、

ひとつひとつの株価の動き、
そして市場全体の『値動き』は、
まるでひとつの生き物のように、
「意思」を持ち始めます。


株式市場全体の値動きとは、
さまざまな人間の経済活動の
総意】なのです。


Casting-with-Search-Engine-Marketing-SEM-300x200.jpg


(実は、『株式市場』とは、
その国の、
経済活動の【温度感】そのもの・・)

そして、大事なことは、
あなたも、わたしも、
(ひとりの人間として)
その温度感の一部を成しているということ。


投資を続けるとは、
株式市場と付き合い続けることですが、
なかなか一筋縄ではいきません。

あなたが夢中になればなるほど、
市場(マーケット)は
それをあざ笑うように無慈悲に反応します。

あなたが市場と向き合うとき、
【心のあり様】としては、
できるだけ 冷めた感覚 でいること。

ひと言でいうと、
オトナの対応、です・・。


長期的に見れば、
(市場は)紳士的に振る舞うと云いました。

一時的に、
大きくアップダウンすることがあっても、
マーケットは必ず、
平均的な動きに【回帰】していきます。

それを、気長に、
落ち着いて待てるかどうか・・。

まさに成熟した、
『こころの構え』が必要なのです。

投資の【ホップ・ステップ・ジャンプ】!
時間の把握
対象の把握
心の把握

似顔絵




| 投資の発想法 | 19:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スーパーマーケットをぐるぐる回りながらバランスファンドを夢想する


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最寄りのスーパーマーケットに立ち寄った際、
一度確かめてみてください。

スーパーの入口から中を回遊する際、
8割以上の確率で、
反時計回り(左回り)になっているはず・・。

(ちなみに競技場のトラックも左回りです)

さあ、今日はスーパーマーケットを
舞台にして、
【投資のホップ・ステップ・ジャンプ】!

昨日は投資の【ホップ】、
『時間の認識』のお話でした。


あっ、今日は
スーパーマーケットの中での展開になります(^^;)

あなたは先日、
ひょんなきっかけで
「投資」に興味を持ち始めたばかりです。

当然、【どんなモノを買うべきなの?】
という疑問が湧いているはず。

スーパーの中は、

野菜のコーナー、
調味料のコーナー、
肉のコーナー、
魚のコーナーなど、
さまざまなセクションに分かれています。


bijutsu_sketch_2017080912241996d.png


投資で
【どんなモノを買うべきか?】
というとき、

スーパーマーケット的に言えば、
(肉の中で)
「鶏のもも肉を買おう!」とか、

(調味料の中で)
「ゆずの香りのミツカンおろしたてポン酢」を
買おうとか、

具体的なモノを
イメージしてしまいがちです。



あっ、その気持ちは分からなくはありません。

具体的に「ひとつ」「ひとつの」商品を
選んでいかないと、
買い物って、永遠に終わりませんから(笑)

ただし、投資という行いでは、
違った【視点】が必要だと思います。


【どんなモノを買うべきなの?】と聞かれたら、
「ざっくり買えばいいのよ」
と答えてあげてください。

「ざっくり??」
そうです。

スーパーマーケット的にいえば、

「野菜のコーナー、
そこざっくり全部押さえてて!」

「調味料のコーナーは、しょうゆと砂糖全般で」
「肉のコーナー、
これもざっくり全部買っておいて」

そんな(大胆な?)イメージなのです・・。


つまり、
投資という行いにおいては、

【買うべきものの対象を、
でっかくざっくり、できるだけ広く捉えること。】


大事なことなので、
もう一度言います。

【買うべきものの対象を、
大きくざっくり、できるだけ広く捉える。】


そういう投資を(まずは)始めるべきでしょう。


具体的には
投資信託という「道具」を使います。

できるだけたーくさんの
株式や債券を組み入れた投資信託が
良いでしょう。

日本だけでなく、
世界中の株、債券をまんべんなく
詰め込んでいる・・。

こういう投資信託のことを
『バランスファンド』と言います。

より正確には、
『グローバル型のバランスファンド』
良いでしょう。


pie-chart.png


これから「はじめの一歩」を踏み出そうとする
投資ビギナーの人には、

この『グローバル型のバランスファンド』を
おススメします。

あのー、間違っても最初から、

(魚コーナー)の右端に置いてある
「ブラックタイガー100グラム」を、
勢いづいて買ってしまわないように・・。

これは投資的に云いますと、

最初から(たとえば)東証マザーズで
株価が伸びそうな会社を探して、

「じゃあ、
ユナイテッド&コレクティブを買おうか!」
と、個別株を勢いで買ってしまうことなのです。


icon01.png

あっ、わたしはなにも、
『個別株への投資が良くない』
と言いたいわけではありません。

実際、
ユナイテッド&コレクティブ株式会社が
運営している「てけてけ」の焼き鶏好きですし(^^)

そうではなく、
わたしが言いたいのは、

最初から
「たったひとりを好きになる必要はない
ということ。


最初は、
ビートルズの
「All you need is Love」ではないですが、
出来るだけたくさんをまんべんなく好きになる

そして、
投資という行いに慣れてくれば、
そのプロセスの延長上で
「ひとり」を好きになってもいいと思うのです・・。

つまり、
投資の発展的プロセスとして、

『グローバル型のバランスファンド』
⇒ 『個別株』 という道すじはアリだと思いますが、

『個別株』 ⇒ 『グローバル型のバランスファンド』では、
決してないのです・・。


超初心者の人が、
最初から「たったひとり」を好きになり、
その人に振られたときのダメージというのは
もう半端なものではありません・・。



( 『グローバル型のバランスファンド』ですら、
リーマンショックのときには
年間で30%以上のマイナスになっているのです)

リスクを制御しながら
少しずつ投資に慣れていきたい人には、
『グローバル型のバランスファンド』から
始めることをおススメします。


バラつみ投資バナーたて




| 投資の発想法 | 19:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三連休の中で偶然が重なって、たまたまこのブログに辿り着いたあなたへ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたは昨日、たまたま友人から
「確定なんとか年金?」みたいな話を聞いて、

人生の中ではじめて
「投資信託」とか「資産運用」という言葉を耳にし、

たまたまグーグルで
(ちょっとした好奇心で)
【投資信託 初心者】とか、
検索をしたところでは、ないですか?


図星ですか・・?


そして、偶然今、
このブログをチラ見してくださり、

きっかけは何であれ、
ありがとうございます・・(^^;)

えー、沈黙が続くと、
ページを閉じられてしまうかもしれないので、
手短にお話ししましょう。

(実は)投資って、

よそ行きの服ではなく、
誰にも必要な靴下のことです。



だ靴下

??

靴下って、
誰でもふつうに履きますよね。
(毎日の生活や人生に必要・・)

それと同じように、
あなたのお金を貯めたり、
また、育てたり(=投資)することは、

別段特別なことではありません。

ふつうの生活者が
将来の生活のことを考え、
少しでも「余裕部分」を持つために行う
息の長~い行為。

それが『投資』です。


ところで
投資を行う目的とは?

あなたのお金を「増やすこと」。
(はい、それはそうです・・)

でも、よく考えてみますと、
お金が増えるという効用は
ちょっと変わっています。


ふつう私たちは、
服を買ったり、
リンゴを買ったり、
ソフトウェアを買ったり、
家事代行サービスを買ったりするとき、

「こんなメリットが得られる!」と、
具体的に想像しながら、
モノ・サービスを購入します。

すぐに得られる
メリット(効用)が明らかであればこそ、
私たちはお金を支払うわけです。
sgf01a201412241900.jpg

ところが「投資」は違います。

お金が増えるという
メリット(効用)って、
そもそも確定していません。

それに、
たとえそれが訪れたとしても、
今すぐではなく、先の話です・・。

★(投資のため)
金融商品を購入することは、
ほかの商行為とは本質的に異なるのです。


投資を行う際のキーワードは
(ずばり)この【タイムラグ】でしょう。

具体的には、
金融商品を買ったときと、
そのメリット(効用)が実感できるときが、
「大きくズレている」のです。


大事なことなので、
もう一度言いますよ。

金融商品を買ったときと、
そのメリット(効用)が実感できるときが、
「大きくズレている」。
それが投資という行いの本質・・。


たとえば、
投資信託という金融商品があります。

これ、毎日値段が付くのですが、
それを毎日見ることって、
果たして意味があるのでしょうか?

あなたが2004年の1月に、
ある投資信託に投資をしていたら・・
と想像してみましょう。

下の図表は、
その2004年1年間の『値動き』を表しています。
【左端が1月です】


2004-sy.png


見ていただくとお分かりのとおり、
1月から11月はじめまでを見ると、
ほとんど増えていません。
(成績は若干のプラス・・)

「せっかく丸10ヶ月も投資したのに、
ほとんど増えないじゃないか!」


と怒り出す人がいても
不思議ではないでしょう。


でも、この図表では、
11月8日からのたった7週間で、
投資信託の価格が急上昇しています。

この年、この投資信託の成績は
プラス10%を超えたのですが、

プラスの成績のほとんどすべてを、
11月8日からのわずか7週間で
叩き出しているのです。



無題


ちょっと想像してみましょう・・。


もし、ですよ、
8月10日くらいで、
投資信託の成績のマイナスに耐え切れず、
そのファンドを売ってしまっていたら、

「ああ、わたし損してしまったわ」


になるわけです・・。


一方、価格が上がったり下がったりしたけれど、
1年間、この投資信託を持ち続けていれば、

「ほおー、儲かってるね」


になるわけです。

同じ投資信託に投資をしているのに、

「ああ、わたし損してしまったわ」
「ほおー、儲かってるね」

というふうに、
2種類のセリフが吐かれることになります。

これってどういうこと?


どのような【時間スパン】で
自身の投資を捉えるかで


明るい景色にもなれば、
暗い景色にもなってしまう・・。
それが「投資」という行いの本質。

(大事なのは【時間】の把握なのです)


【時間のズレ】に慣れることが、
投資という行為に慣れることなら、


いかに【時間】をやり過ごせるかが
意外と重要な意味を持ちます・・。


204px-Time_Life_logo_svg.png


でも、
【時間】って厄介ですよね。

それを意識して、
真面目に反応すればするほど、
なかなか過ぎてはくれません。

ということは・・?

はい。

意識しない。
真面目に反応しない。

いい加減に、
ただ(投資を)続けているだけ・・。


たとえは良くないかもしれませんが、

教室のいちばん後ろで
授業もろくに聞かず、
ただ座っているだけの
ちょっとワルの生徒でよいのです。

2時間目の休み時間で
弁当を食べても構いません。
マンガを読んでいても構いません。

難しく考えず、
そこに居続けることが
何より重要なのです・・。


14-いい加減-3




| 投資の発想法 | 19:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これから投資を始めるぞ!という人へ。まずはマラソンの最初の2キロくらいを走るイメージで・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「毎月のお金の中から、
どのくらいなら、投資に回せそうですか?」

お客様
「カンさん、5万円回すことができます!」

「では、2万円くらいから始めてみられたらどうですか?」
と、わたしが申し上げると、

ちょっと残念そうな表情を浮かべるお客様がいます。

それはそうですね・・。

少し前のめりになって、
「これから投資を始めるぞ!」と
意気込んでいるのに、

なんだかブレーキを踏まれたような気分に
なってしまいますから。


それでも、です。

これから投資を始めるぞ!という人への『約束事』として、

1.小さく始める。


これはぜひお勧めしたいと思います。

本を何冊も読んで、
理屈のところでは
投資のメリット、デメリットについて
分かっていても、

あなたは生まれて初めて
『投資』という行いを経験するわけです。

実際、自分がどんな反応をするのか、
やってみないとちょっと分かりません。
(すべてを前もって見通すことはできないのです)


bijutsu_sketch_2017080912241996d.png


それに、
投資は「世界の営みの成長」という、
ある程度【時間がかかる事象】に、
あなたのお金を託しますから、

あなたも『時間をかけて
投資に慣れていけばよいのです。

特に、昨今のマーケット状況では、

・できるだけ早く始めないと!
・できるだけまとまったお金を入れないと!
と焦ってしまいがちですが、
慌てる理由は・微塵も・ありません」

何しろ、
2週間後、1ヶ月後ですら、
マーケットがどう展開しているか、
私たちには分からないわけです。


「用意ドーン!」で投資を始めるときに、
いきなり【全開モード】にならないこと。

あなたが経験することになる
「アップダウンの波の大きさ」は、

シミュレーションゲームでもVRでもなく、
本物(リアル)な価格変動なのです。

2年、3年後に、
「あら?ワタシ、そこそこ投資しているわね」

と思える地点(もしくはそれに近い地点)に
辿り着いていれば、ぜんぜんOKでしょう。

感覚的にいうと、
まずはマラソンの最初の2キロくらいを
走るイメージでしょうか・・。



rikujou_woman_marathon.png


たとえば、1、2年をかけて、
「お試し期間」⇒「順応期間」⇒「本格始動」
というふうに、

『3段階くらいのステップ』を踏んでも
ぜんぜんよいと思います。

つみたて金額も、たとえば、
5,000円 ⇒ 20,000円 ⇒ 40,000円というふうに、
徐々に増やしていってもよいのです。

少しずつ、
投資という名の「走り」に慣れていく。


このプロセスを持ったほうが、
(結局のところ)
投資が長く続けやすくなるのでは・・。


万一、
「あれ? わたしって
思った以上に元本割れに心が折れてる!!」
という状況になっても、

投資を小さく始めていれば、
『痛手』も少なくて済みます。
(また、さまざまな軌道修正もしやすいです!)


さて、
小さく始める際には、

2.分散されて面白くない商品を選びましょう。


答えは・・「投資信託」ですね。
一例として挙げれば、
「バランスファンド」など良いでしょう。

間違っても、
絞り込んだ、
すなわちズームインし過ぎた商品、

個別株、FX、実物の不動産投資などから
投資を始めないことです。

いきなり【全開モード】にならない。

まずはマラソンの最初の2キロくらいを
走るイメージで・・。

(参照記事
投資信託と「超初級・スペイン語入門」は同じなんです


思い出してみましょう・・。

マラソンを走り始めた時点って、
早く走ろうという気持ちより、
自分の体をマラソンに慣らしていこう
という気持ちのほうが強いはず。


投資も↑同じなのです。


3.手動で買わない。自動つみたてにする。


「投資信託」を選んだとしても、
自分で金額を決めて、
自分で買い注文をしようとすると、

「今買っていいの?」
「(金額ベースで)これだけ買っていいのか?」
という、
悩みのタネが発生してしまいがち。

「ああ、
つい買いそびれてしまった。」

「カンさん、
こんなに上がってしまうと(下がってしまうと)、
なんだか買う意欲がなくなってしまって・・」

そんな言葉を、
(わたしは)何度もお聞きしたことがあります。


結局のところ、
買えないというのは、
投資元本が増えないということであり、
(これこそ)
もっとも大きな『機会損失』につながります。

自動つみたてにすれば、

「今買っていいのか?」
「(金額ベースで)これだけ買っていいのか?」
という、悩みのタネを封印できるのです。
(かつ、ストレスが発生しません!)


sports_marathon_kyuusui.png


4.情報と「ほどよい距離」を置く。


いったん投資を始めたら、
今まで欠かさず読んでいたブログ記事や、
○○さんのツイッターや、

その他さまざまな情報から、
ほどよく「距離」を置いたほうがよいでしょう。

「それってなぜ?」

情報を入れれば入れるほど、
今の自分の投資の姿と比較してしまい、

いったん定めた投資方針がブレてしまう
可能性が出てくるためです・・。

思い出してみてください・・。

マラソンの最初の2キロくらいで
大事なことは、
自分のスタイル、自分のリズムを
確立することであり、

まわりのランナーが
どんなふうに走っているかを
逐一チェックすることではありません。

最後に、念のため。

今回は分かりやすく
「マラソン」を例に挙げましたが、
投資信託のつみたて投資は
本物のマラソンよりも
何十倍もラクな作業ですよ・・(^^)

似顔絵




| 投資の発想法 | 12:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT