≫ EDIT

「ライフセトルメント」、米国では生命保険契約が売買されている?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

どの映画だったのか、
ちょっと失念してしまったのですが、
デンゼル・ワシントン」が出ていたことは確かです。

その映画の中で、
生命保険を売買するくだりがありました。
「アメリカってスゴい国だなあ・・」と思いました。

米国では、
生命保険契約の売買が行われています。
ライフセトルメント」と呼ばれます。

たとえば、
わたしが1億円の保険金額の
生命保険に入っているとしましょう。

その契約そのものを、
わたしが生きているうちに、
第三者(投資家)に売却できるのです。

(※ ちなみに日本では、
このようなことは出来ません)


わたし)・・ああ、生きているうちに
お金が欲しいな。

投資家)・・儲けたいなあ。

互いの合意が得られれば、
「契約」が成立します。

アメリカでは、
生命保険契約という商品に対して、
数多の売り手、買い手が存在するため、
マーケット』が厚みを持って成立しています。

要は、生命保険会社に
解約を申し出て、
「解約返戻金」を受け取るより、

市場で(契約を)売却したほうが
実入りが大きいという現実があるのです。


ところで、
わたし(49歳)が
1億円の生命保険に入っていて、

わたしの保険契約そのものを
(あなたが買い手として、)
果たして5,000万円で買いますか?

NO、ですよね。

なぜなら、
わたしは(おそらく)
まだまだ死なないですから・・。

では、
わたしが今年70歳ならどうでしょう?


ちょっとほの暗い話になりますが、
買い取る側としては、

保険契約の売り手(わたし)の
精査』を行い、
買い取り額を算出する必要があります。

わたしの、
〇 今の健康状態、居住状況。
〇 病歴や職歴や、家族関係その他。
(親や祖父母の死亡年齢も調べられるのでは?)

そこから、
【あと何年くらい生きそうか・・】
数値化して、

もちろん、売買成立後の
買い手側の「保険料の負担」も計算して、
適正な【買い取り額】を算出するわけです。

(保険契約の買い取り額は、
契約を売る人(わたし)が、
年老いていればいるほど、高くなるはず・・)

roujin_ninchisyou_man.png


仮にわたし(70歳)が、
【あと10年と6ヶ月で死ぬだろう】と
計算されたとします。

買い手にとっては、
これは『投資』に他なりませんから、

わたしが
10年と6ヶ月よりも「長生き」すれば、
投資の回収にそれだけ時間がかかり、
かつ、リターンも減ってしまうわけです。

逆にわたしが、
10年と6ヶ月より「早く」死ねば、
それだけリターンが増し、
資金も早く回収できます。

そういった類の商品なのです・・。

ちょっと寒々としますね


同じく【人の死】を利用して、
考え出された金融商品に
『リバースモーゲージ』があります。

(これは一種の「不動産担保ローン」です)

高齢者が居住する住宅(建物+土地)を担保とし、
年金の形で定期的に『融資』を受けるのです。

通常は、ローン利用者の死亡によって
契約が終了し、

その時点で担保となっている不動産を
処分することで、

元利一括で「借り入れ」を返済する制度のこと。


こちらは、
「ライフセトルメント」に比べると、
ずいぶん明るく健全なのではないでしょうか。

(通常、ローンは変動金利であること。
また定期的に、担保価値の再評価が
行われることに注意が必要ですが・・)


house_2f.png


さまざまな考えがあると思いますが、

不動産を、
【生きている間に利用するだけの箱】
と割り切れば、


『リバースモーゲージ』によって、
(自分の家に住みながら)
お金を借りて、
セカンドライフをより楽しく暮らすことも
可能になります。

また、相続のとき、
不動産が存在しなくなると、
資産の継承もずいぶんシンプルになるのでは?
(争いのタネがひとつ減ることになりますから)


「ライフセトルメント」
「リバースモーゲージ」に限らず、

資本主義の世の中は、
あらゆる需要を「商品・サービス化」
しようとする、
強力なインセンティブを持っています。


(ちょっとSF的な妄想に入りますが、
将来、

「時間を持て余している人」と、
「忙しくて時間が足りない人」が
時間】という資産を売買し始めたら、
世の中どうなってしまうのだろうと
考えてしまうことがあります・・蛇足。)

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 13:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FPと建築士とフィー・オンリー(Fee Only)について


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昔から思っているのですが、
建築(住宅)」
「金融商品を買うこと」は、
よく似ています。

住宅も、
投資信託や保険商品のような
金融商品も、

それを買ったら、
「ハイ、効用が確認できたよ。
よい買い物だった!」と、
すぐに分かる類のものではないからです。



すぐに分かる類の買い物ではないからこそ、
私たち消費者には、
ある種の「慎重さ」が求められます。

たとえば、
「一戸建ての住宅」を建てるとき、

建築会社さんと
工事施工の「契約」を結び、

それとは別に、
建築士の人と


「設計してもらう」
「工事を監理してもらう」契約を
結ぶ人って・・、
あまり多くはないですよね?


それはそうでしょう。

大手の住宅メーカーさん、
たとえば、住友林業さんと
【契約】すれば、

「設計してもらう」ことも、
「工事を監理してもらう」ことも、
もう代金も込み込みで、
みんな・含まれているわけですから・・。


(そちらのほうが、
消費者としてもラクですし。)


では、
工事の「請負契約」の中に
「設計」「監理」が含まれる場合と、

工事の「請負契約」とは別に、
建築士と「設計」「監理」の契約を結ぶことの
【違い】は何なのか?

それはズバリ、
【客観性の確保】です。


あなた ⇔ 建築会社 という「関係」から、

あなた ・ 建築士 ・ 建築会社 
という関係にシフトするわけです。

いや、もっとはっきり描くと、

(あなた ⇔ 建築士) ⇔ 建築会社 
となります・・。


<このニュアンス、↑ 分かりますか?>


この場合、
建築士があなたの代わりに、
複数の建築会社に見積りを出させ、

建築会社の施工技術などをチェックし、
実際の施工会社を選定、
「設計」「監理」も行います。

つまり、

あなた(顧客)
  ↓
 建築士
  ↓
 施工会社


となり、

建築士は文字通り、
顧客の利益を代弁し、
それを追求する存在となります。



「なんかキレイごと言ってるけど、
それってほんとなの?」
と思われるかもしれません。

このキレイごとを
ホントにするためには、
次の【2つの条件】が必須と考えます。

1.建築士があなたから報酬をもらう
2.建築士が施工会社(建築会社)から
報酬をもらわない


とってもシンプルですね。

無題


続いて金融商品のお話です。

あなたがもし、
みずほ銀行の窓口で、

「自分は顧客なのだから、
金融機関が無料で
親身に相談に乗ってくれるのは当然だろう」
とか、

「最終的に決断するのは自分だから、
無料ならちょっと相談してもいいではないか」
とか、
軽く考えてしまうと、
おそらく向こう側の思うツボです(-_-;)

無料のサービスというものはありますが、
無償のビジネスというものは存在しません。



「わたしはファイナンシャルプランナーの
資格を持っており、
証券外務員の資格もありますので・・」
と言っているみずほ銀行の行員の人に、

「すべてを任せて」
金融商品の「購入契約」をしてしまうと、
それはもう、
すべての代金が込み込み、なのです。

(みんな・含まれているわけですから・・)


あなたは、この、
「わたしはFPの資格を持っており、
証券外務員の資格もある人」に、

直接「報酬」を支払うことはないですが、

みずほ銀行で
たとえば投資信託を買うときに、

【購入時手数料】や、
【運用管理費用】の一部を通じて、
間接的に・報酬を支払っているのです。

advisor_20170307120313a12.jpg


さあ、ここからですよ!

あなたが
すぐに効き目が現れない『商品』を買う際に、

客観性、中立性を得るために、
ちょっと『第三者』に話を聞いてみようかな、
と考える【発想そのもの】が、

ある程度豊かな社会でないと
なかなか出てきません・・。

(賢明な消費者であることが
求められるのです)

わたしは、このような
高度な視点を持つ消費者が、
これから増えていくであろうという予測のもと、
2000年にこの仕事を始めました。


でも、厄介なことがひとつあります。

あなたの【相手方】が
「みずほ銀行」や「岡三証券」なら
分かりやすいのですが、

ファイナンシャルプランナーや、
資産設計アドバイザーなどと
呼ばれる人たちはどうなのでしょう?

(※ わたしもファイナンシャルプランナーの
ひとりですが・・)


先ほどの、

あなた(顧客)
  ↓
 建築士
  ↓
 施工会社


に戻ってみましょう。

建築士は文字通り、
顧客の利益を代弁し、
それを追求する存在。


この、キレイごとを
貫徹するためには、

1.建築士があなたから報酬をもらう
2.建築士が施工会社(建築会社)から
報酬をもらわない


と申し上げました。


金融商品に関しても、
まったく同じことが云えます。

あなた(顧客)
  ↓
ファイナンシャルプランナー
  ↓
 金融機関


という関係において、

FP(ファイナンシャルプランナー)が
顧客の利益を代弁し、
それを追求する存在。

であるためには、

以下の【ふたつの条件】が
必須ではないでしょうか。

1.FPがあなたから報酬をもらう
2.FPが金融機関・事業会社から
報酬をもらわない



No20Commissions.png


このように、
自身の顧客からのみ
「報酬」を得るサービス体制のことを、
フィー・オンリー(Fee Only)と呼びます。

わたしのアドバイザーとしての
最大のこだわりは
この「Fee Only」にあります・・。

(アメリカ、イギリス、オランダ、
オーストラリアなど、
世界的に見て、この「Fee Only」の形が
主流になりつつあります。

あっ、日本でも、
頑張っている ↓ FPの方達がいますよ。)

◆ 参照記事
(日経新聞田村正之さんの良記事)
【金融機関から手数料もらわず 顧客本位の「中立」FP】

似顔絵




関連記事

| わたしのFP修行 | 11:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月6日「ひと言」




23世紀、火星通貨「マーズ」が
地球通貨「アース」に対して買われ最高値に!

火星進出企業ファンドの純資産額は10兆マーズを突破。
さあ、地球に里帰りする宇宙船を予約しておかなきゃ。


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg




関連記事

| 今日のひと言 | 14:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どなたか『チョップスティック・ファンド』を作りませんか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

アクティブファンドに比べて、
インデックスファンドの名前は、
いかにも几帳面で理性的・・。

かっちり型にはまっていますよ!」
という雰囲気のネーミングなのです。

しかし、
感性に訴えるような
『インデックス(指数)』も、
作ろうと思えば作れるとわたしは思います。


単に『経済の進展具合』で、
先進国、新興国と分けたり、

『国・地域別』で大きく、
あるいは小さく区分けして、
インデックスを作っているだけでは
面白くないでしょう。

(それこそ、
几帳面で理性的な人?にしか
訴えかけられないのでは?)


いきなりですが、
チョップスティック指数』との
連動を目指す
チョップスティック・ファンド』って
いかがですか?

【愛称:お箸の国の底力!】

そう、
Chopsticksとは「お箸」のこと。

jg00060_ph07-680x451.jpg

※ 『チョップスティック指数』は、
朝、昼、夕食のいずれか1食以上で

「お箸」(チョップスティック)を使用する
国々で構成する株価指数。
(一部の食事のみで箸を使う場合も可)

構成国は、
日本、中国、韓国、台湾、シンガポール、
マレーシア(中国系の人はそう)
ベトナム、タイ、ラオス、カンボジア、モンゴル
あたりになりそうです。

(たしか、タイ、ラオスなどでは、
汁の入った麺類を食べるときだけ
お箸とレンゲで食べていたような記憶があります)


わたしは箸を使う国は
経済成長のポテンシャルが高いのでは、
と思っています。

(手、指先の器用さが求められる。
⇒ しっかりしたモノ作り、思考につながるのでは?)

誰かが『チョップスティック指数』との
連動を目指すインデックスファンド、ETFを
組成すれば、
意外と欧米の投資家にウケるかもしれません。

似顔絵




関連記事

| 指数のお話 | 18:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人の寿命を超える投資信託、早く見てみたいです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たとえば、今日の夜、
最寄り駅のスーパーマーケットに行って、

脇目もふらずワイン売り場に直行し、
赤ワインの『生産の年(西暦)』をチェックするのは、
わたしだけではないでしょう・・(^^;)

【ほぉー、2003年か。
そこそこ古いモノだなあ。
どんな芳醇な味がするのだろう・・】

ふつうワインというものは、
<年齢がいったもの = 価値があるもの>
と解されます。

一方の投資信託はどうでしょう?


「年齢」がいったものって、
その多くが
単純に忘れ去られてしまいます・・(-_-;)

もったいなーい!

スマートフォンに次々と登場する
『新しいゲーム』のように、

なぜか、
日本に存在する投資信託は、
<新しいもの = 良さげなもの?>
と解されてしまいがちです。

たとえば、
野村グローバルAI関連株式ファンド」みたいに。


わたしがこの仕事を始めて間もない頃、
ちょうどメルマガをスタートさせたあたりで、
アジア製造業ファンド』を知りました。

1996年3月運用開始。
運用はベアリング投信投資顧問。
(もちろん、今でも現役です!)

今から思えば、
1995年から1996年あたりって、
最初の「中国株式ブーム」のころ。

(上海証券取引所が開設されたのが
1990年の終わりだったのです)


『アジア製造業ファンド』の
月次レポート(PDF)をお読みいただくと、

設定来の【騰落率】は
ナント・・590%を超えていることが
分かります(1月31日現在)

丸21年経ったとはいえ、
590%!です。


いつも思うのですが、
ネット証券の投信ランキング表の中に
「直近のリターンランキング」って
ありますよね。

あれ、直近ではなく、
過去10年、過去20年の
『トータルリターンランキング』を
前面に押し出すべきでは・・。


まず、
ファンドが長く続いているってスゴイ。
しかも成績が伴っているってスゴイことですよね?


Challenge-1024x584.jpg


この『アジア製造業ファンド』、
驚異的なパフォーマンスを
上げ続けてきたわけですから、

さぞかし純資産額が
すごいことになっていると思いきや、
たったの・・66.4億円です(1月31日現在)

んー、さびしい。

きっと、ファンドの存在が
知られていないのですね。
販売会社もけっこうあるのですよ。


私たち自身も、
このような『いぶし銀の投資信託』を
いちいち探そうとしないですし、
金融機関側の情報発信も皆無に等しい・・。

なので、
誰にも知られない状態」に
置かれてしまっているのです。

(まるで『情報』が封鎖された状態)


言い方を換えれば、
このような「情報の点在性」のため、

ファンドの運用会社、販売会社側は、
意図して売りたいファンドの情報を流布させ、

思惑通り、特定のファンドを
売ることが出来てしまうのです。


たとえば、
「野村グローバルAI関連株式ファンド」みたいに。


そこには、金融機関のトークを
安直に信じて受け入れてしまう
『うぶな消費者』がいっぱいなのです。

もっと自分で情報を取りに行って、
自分で判断をする、
そういう投資信託保有者を
増やす必要があるのです。

このような投資信託ホルダーが増えれば、
彼ら/彼女らが探し求める
情報」そのものも多様化してくるはず。

その結果、人気のある投資信託も
通り一遍ではなく、
バラエティー豊かになるのです・・。


ThankYou_02.jpg

米国に
ドッジ&コックス・バランスド・ファンド』という
投資信託があります。

当ファンドは、
株式と債券のバランスファンドなのですが、

(アクティブ型であるため)
株式の組み入れ比率を、
「最低で25%、最高でも75%」と謳っており、
かなり幅を持たせています。

ファクトシート(運用レポート)を
ご覧いただくと、
年間経費率も 年0.53%と低廉です。

そして、運用開始年は
ナント1931年。
(だっ大恐慌の最中、ですよ!)


アメリカでは人の寿命を超える
運用年数を持った投資信託が
少なからずあります。

古くから運用を続け、
長く継続する中で、
その成績とともに「評価」が上がって、

そして、ファンド保有者が増え、
まるで波紋のように
草の根的に投資信託の純資産額が増えていく。

それがファンド本来の姿でしょう・・。

(ちなみに、
ドッジ&コックス・バランスド・ファンドの
純資産額は150億ドルを超えています)


日本の場合、
たとえば『大型株ファンド』ですら、
1961年の設定です。

でも、
2041年から見れば、
1961年設定の投資信託は「80歳」になるわけです。

年月を重ねることで、
人の寿命を超える投資信託が
日本でもきっと出てくるはずです。

(わたしはもう、あの世に行っていますが(^^;)

◆ 参照記事
歴史がある投資信託に敬意を払おう

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 13:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「純資産額」の推移!それはファンドの未来元気度のバロメーター


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ここに100社の株式に投資を行う
ABC株式ファンド」があるとします。

前に立っている講師の人が、
「はい、大事なのは純資産額ですよ!」と
声を張り上げています。

純資産額(純資産残高)とは何でしたか?
ハイ、【投資信託の規模、大きさ】のことです。

これってもちろん、
<小さいよりは、大きいほうがよい> わけです。

「じゃあ、純資産額はどのような要因で、
大きくなったり、小さくなったりするの?」

答えはカンタン。
2つの【要因】があります。


上の「ABC株式ファンド」の場合、

1.ファンドが組み入れる株式の価格
(株価)そのものが上下する

2.ファンドに入ってくるお金と
出ていくお金の「差額

この、1.と2.を合わせたものが、
純資産額のアップダウンに影響します。

(継続的にかかるコストや、
株式からの配当は考慮していません)


仮に、こんなふうに考えてみましょう。

この1か月間
「ABC株式ファンド」に入ってくるお金と
出ていくお金がちょうど「同じ」だったとします。

でも、
ファンドが組み入れる会社の株価が
総じて下がってしまうと、

結局、【純資産額】は減少することに・・。


逆に、
この1ヶ月の間、

「ABC株式ファンド」が
組み入れる会社の株価が
まったく変わらなかったとしても、

ファンドに入ってくるお金より、
出ていくお金のほうが多いと、
結局、【純資産額】は減少することに・・。


今、お話しした、

「ファンドに入ってくるお金より、
出ていくお金のほうが多い」
というのは、

総じて言えば、
「ABC株式ファンド」の購入より、
解約のほうが多かったということであり、

基本的には、
購入した人より、
解約した人のほうが
多かったというイメージになります。

(逆の場合も、しかりです)


あえて、2.の
【ファンドに入ってくるお金と
出ていくお金の「差額」】に注目すれば、

⇒ 純資産額がじりじりと減っているのは、
そのファンドから、
【人】と【お金】が
引き上げていっていることになります。


逆に純資産額が
増えていっているのは?

⇒ そのファンドに、
【人】と【お金】が
入ってきている証拠でしょう・・。



★ そういう意味では、
純資産額の推移は、

その投資信託の、
未来の元気度】を暗示しています。

この元気度は、
ファンドの成績が元気という意味ではなく、

ファンドの大きさが少しずつ大きくなり、
10年経っても効率的な運用が出来て、
ファンドが健全に存在しているよね・・、
という意味での「元気度」です。


message_ogenkide.png


具体的に見てみましょう。

投信まとなび】の、
ファンドのパフォーマンスのグラフを
見ていただくと、

たとえば、
ひふみ投信」や
世界経済インデックスファンド」では、

水色の純資産額の推移が
見事な右肩上がりになっています。


コンスタントに
そのファンドに【人】と【お金】が
入ってきている証拠でしょう。

また、つみたて投資をしている人の
割合が高いことが伺えます。

スポット投資をする人の割合が高いと、
純資産額の推移は、
もっとデコボコする傾向にあるためです。


わたしは(株式では)
SMT グローバル株式インデックス・オープンと、
SMT 新興国株式インデックス・オープンを
積み立てているのですが、

投信まとなびの
SMT グローバル株式インデックス・オープン」を
見ていただくと、

純資産額は、
2016年はずっとボックス圏で
ちょっと減ってちょっと増えて
という状況だったことが分かります。
(2017年になって少し増えてきていますが・・)


そして、その下、
【月次資金流出入額】 (直近5年 単位:億円)
をご覧いただくと、

2016年の終わりから、
純資金流出になっていることが分かります。

(SMT 新興国株式インデックス・オープンも、
2016年の終わりから、純資金流出の傾向に・・)

これはあまりよい傾向ではなく、
今後の推移をウォッチする必要がありそうです。

この
【月次資金流出入額】で、
「純資金流入」ではなく、
「純資金流出」が続いていけば、

ファンドの【純資産額】が逓減していくことに
なってしまいますから・・。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 18:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT