FC2ブログ

≫ EDIT

投資信託の販売会社に、iDeCo、つみたてNISAも加えてあげて!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「おっ、これは!」という投資信託を、
あなたが見つけたとしましょう。

次に何を調べますか?

『どこで売っているんだろう?』が
気になるはずです。



運用会社のサイト内の、

その投資信託の詳しい情報が載っている
お申し込みメモ」のページに、

必ず、
取扱い販売会社】の欄があります。

○○証券
△△証券
○○銀行

というふうに・・。

こんな感じ。

取扱い販売会社

画像元:ニッセイアセットマネジメント


これは、そのファンドが
どこで売っているか』を教えてくれる欄ですね。

でも・・あれ?

それって
通常の口座【特定口座】での
販売会社に過ぎないのでは・・。



「おっ、これは!」という投資信託を、
あなたは見つけました。

大いに興味をそそられます。

しかし、

【運用会社のサイト】のどこを見ても、

〇 その投資信託が、
iDeCO(イデコ)でも扱われているのか?

〇 扱われているとすると、
どこの金融機関で取り扱っているのか?


あるいは、

〇 その投資信託が、
つみたてNISAでも扱われているのか?

〇 もし、扱われているなら、
どこの金融機関で取り扱っているのか?


そういう情報は・・
【ぜんぜん】見当たりません。


これってけっこう深刻な【情報の欠如】です。

よーく考えてみましょう。

これから投資信託を用いて
「資産形成」しようと考えている人にとって、

証券会社や銀行の、
【通常の口座】(特定口座)は、

投資信託を利用する、
ひとつの窓口】でしかないわけです。


why-is-yawning-contagious01-300x266.jpg


あなたはふつうに、

〇 イデコ(iDeCo)も使いたいなあ とか、
〇 つみたてNISAってどうなんだろう?と、

すでに考え始めているはず・・。


結論から言いましょう。

ふつうの消費者にとって、

投資信託を購入する【窓口】は
すでに『複数』になっているのに、

公式情報で見られる
「販社(販売会社)」の情報は、

たったひとつの窓口】を前提としている。

これって明らかに
「時代遅れ」だと思いませんか?



もし、この文章を見られている
ファンドの運用会社の人がおられたら、

以下、ぜひ真剣に
【検討】していただきたいのです。

それは販社の情報を【網羅化】すること。


具体的には・・・・・


例)
「ABC世界株式ファンド」の【販売会社】について。

★ 課税口座(特定口座・一般口座)では、

○○証券
△△証券
□□銀行
▽▽銀行


★ イデコ(iDeCo)では、

□□証券
▽▽証券
○○証券


★ つみたてNISAでは、

○○銀行
△△証券  で扱っております。


といった類の情報です。


ここに至って消費者は、

「あれ?
じゃあ、イデコを○○証券で開けば、

特定口座でも
イデコ(iDeCo)でも
同じように「ABC世界株式ファンド」が買えるんだ。」

という【新たな発想】
手に入れることができますね。


20141203191931-5-steps-entrpreneurs-to-stay-course.jpg


誤解を恐れずにいえば、

【どこで売っているのか?】という
「包括的な情報」があってはじめて、

そのファンドの潜在価値が
十分に伝わるのではないでしょうか?

別の言い方をすると、

課税口座(特定口座・一般口座)のみでの
情報開示では、
せっかくのビジネスチャンスを逃すことになります。



『具体例』を挙げてみましょう。

セゾン投信は、
ファンドを直接販売する運用会社さんです。

NISAは、
運用会社の口座で扱っているため、
サイト内にその情報も記されていますが、

たとえば
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』の詳しい情報欄に、

楽天証券のiDeCo、
SBI証券(セレクトプラン)のiDeCoで、

当該ファンドが取り扱われている旨の【情報】が
見当たらないのです・・。

(これって本当にもったいない!)


anxious-man-biting-nails-worried.jpg


難しく考えないでください。

消費者の【目線】に立って
洋服でもタブレットでも、
リチウムイオン電池でも、

もっとも知りたいのは、
それ、どこで売っているんですか?
ということであるはず・・。

投資信託も、同じなのです。


今後「どこで売っているか」の
網羅的情報を

包括的に開示する運用会社が
評価されることは間違いないでしょう。

なぜなら、運用会社とは
投資信託のメーカーであるわけですから・・。



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 <「しんようFPオフィス」は間もなく
  【投資信託クリニック】に!
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄
今後はより一層、相談者さまの『問題点』を正しく診断し、
具体的に『お悩み』を解決することに注力してまいります。

あ




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 12:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11/23 大阪で今年ラストの『投資の三重奏セミナー』(iDeCo、つみたてNISAに興味がある人はぜひ!)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

11月23日()大阪産業創造館にて、

第28回「iDeCo」「つみたてNISA」はこう使おう!
特定口座と合わせた 投資の【三重奏】を学ぶセミナー
を開催します。


大阪産業創造


〇 まず「iDeCo」ですが、
投資アレルギーがある人にも
節税(所得控除)という点で安心してお勧めできます。

(後述するつみたてNISAと比較しても、
節税のメリットには即効性&けいぞく性があります。)
※ ただし【注意点】もあり。


〇 いっぽう「つみたてNISA」は
文字通り長期の積み立てであり、
制度設計はシンプルです。

ただし、
iDeCo ⇒「あなたの年齢」に対して
つみたてNISA ⇒「期間」ですから、

(とにかく)早く・始めることが肝要!

※ つみたてNISAの【注意点】についても
詳述する予定です。


<当セミナーの特徴!>

1.個別コンサルティングの実績を生かし、
さまざまな【アドバイス事例】をご紹介。


2.パワーポイントは使いません。
わたくしカンが
分かりやすく【パッション】を持って解説します。

(大阪開催のため、笑いを取ることにも注力します(^^)



must-see-osaka-1-day-itinerary-osaka-dotombori-canal-XL.jpg


3.質問の時間をたっぷり設けます。

当日はぜひ「個別の」「具体的な質問」を
ご用意ください!
(質問コーナーを30分程度設ける予定。)


4.iDeCo、つみたてNISAのみならず、
通常の口座『特定口座』と合わせた
3つの入口の賢い【活用法】について解説します。



国がせっかく用意してくれた
『税制優遇口座の枠』をうまく活用しましょう!

日時: 11月23日()13:30 ~ 16:30
会場: 大阪産業創造館 6F 会議室C
   (堺筋線・中央線 堺筋本町駅 徒歩6分)

セミナーの詳細、お申し込みはコチラからどうぞ!


465-125.jpg


追記)

大阪産創館B2Fには『駐車場』あり!
(30分ごとに200円)


B2F 駐車場



関連記事

| セミナーのお知らせ | 13:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月22日の「ひと言」



普段、足の裏のことなんて考えません。

まじまじと眺める人もいません。

でも、足の裏がないと大地を踏みしめられません。

金融って、世の中の『足の裏』なのです。


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg






関連記事

| 今日のひと言 | 13:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

賢明な投資家への一歩、それは『資産のお引っ越し』です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

旅行に行くとき、
秋・冬物の服を買うとき、
外でランチを食べるとき、

どうせなら、
あなたに『フィット』したものを
選びたいですよね。

これって投資も同じです(^^)


自分で

「あっ、これはワタシに合っている」と


思える金融商品のほうが、
きっと長持ちするはずです。

とは言いながら、

誰もが最初から
「自分にふさわしい投資のやり方」を
ポーンと見つけられるわけではありません。


2度、3度、首をかしげながらも
いろいろと買ってしまった
金融商品群』が今そこにありますが、

さて、

それらをそのまま置いたまま、
新たな「金融商品」を
買ってしまっても良いのでしょうか?


・・ココ思案のしどころですよ。・・


考える


わたしは資産の【お引っ越し】を行うことが
必要だと思います。

引っ越しというと大げさに聞こえますが、
たとえば冒頭の「旅行」。

(以下、仮の例ですよ。)

20名以上が参加した昨年の
「ギリシャ・トルコのパッケージ旅行」に
うんざりしたあなたは、

もう「団体の旅行」には参加しないはず。


もっと自分に合った旅のカタチを選んで、
以後それを実践していくことでしょう。

これも立派な「お引っ越し」
パッケージ旅行 → DIY型旅行 ですね。


服をそうです。

4年前に買った辛子色のカーディガンですが、
今のあなたにフィットしていなければ、
もう着ないはずです。

では、資産運用はどうですか?



あなたには、
あなたに合った投資のカタチを実践する
権利があります。

あなたがワンランク上の、
賢明な投資家に脱皮できるか否かのポイントは、

ズバリ『資産のお引っ越し』が
出来るかどうかにかかっているのです。



hikkoshi_couple.png


分かりますよ・・。

そこには
直視したくない
(含み損を抱えた)投資信託や保険商品が
存在していることを・・。


そして、
「(含み損を抱えた)商品を
売るコトなんてできない!」という心の声も。


山崎元さんも言われていますが、
含み損を抱えた商品に執着してしまうのは、

最初、それを買う時に
いくらのコストを掛けたかに
こだわってしまっているからです。


そう、
あなたは「過去」を向いています。


もちろん、
その保険商品にも、こちらの投資信託も、
そこそこ長い「付き合いの歴史」があるのでしょう。

では、ずっとそれらと一緒に居るのですか?


そもそも、

これまでの「資産運用の時間」(過去)と、
これからの「資産運用の時間」(未来)って

一体どちらが長いのですか?


これから(未来)ですよね。

ちょっと深呼吸してみましょう・・。

あなたはリアルな「お引っ越し」をする際、
従前のお家の家財道具を置いたまま、
新しいお家に引っ越したりしますか・・?

しませんよね。)


引っ越しとは、
過去にきれいにサヨナラして、
未来にこんにちは。する行為です。



資産運用でいえば、

新たに買うインデックスファンドの「つみたて」を
自動引き落しにし、
つみたて金額」まで設定してしまって、

半ば強制的に
売るべきファンド、保険商品を売っていく・・。

このように、
お尻に火が付かないと
資産のお引っ越し』ってなかなか出来ないのです。


peterpan_syndrome.png


昔から言います・・。

自分を変えたければ、
住む場所、付き合う人を変えなさいって。

「引っ越し」をすることで、
あなたは
新しい家の環境や
新しい隣人に接することになるわけです。


【資産のお引っ越し】の効用は

・資産管理がシンプルになり、
・背中に背負うリスク量が明快になり、
・また、たいていの場合、より低コストになること。

しかし、
それだけではありません。

【お引っ越し】の最大の効用は
あなた自身が、
目に見えて「変わる」ということなのですよ・・。


【お知らせ】

★ 11月04日に
投資信託クリニックに屋号変更後は
コンサルティング専科
「カウンセリング」に名称を変更いたします。

また、サービス料金を
90分 18,000円(税込)に改定させていただく予定です。
ご理解のほど、どうぞよろしくお願い致します。


あ




関連記事

| 投資の発想法 | 16:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iDeCo、つみたてNISAの最新ニュースからこんな類推をしてみよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

iDeCoもつみたてNISAも
「完成形の制度」ではありません。

まだまだ歩み始めたばかりで、
あっちよりもこっち?

ここはこう広げて、
こんなふうに改良していこうというふうに、
どちらも発展途上の制度なのです。

したがって今度も不定期に
以下のようなニュースが
飛び込んでくる可能性大です。

まず一つ目!

イデコ 加入65歳まで


〇 【イデコ加入、65歳まで延長へ 高齢者の就業増に対応



上記は
社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の中で
すでに議論が始まっており、

来年には改正案の提出を目指すとのこと。

(もしかすると数年かかるかもしれませんが、
これは実現の可能性が高いでしょう・・)


ところで、
65歳まで加入可になるとは?

65歳になるまでiDeCoで
「掛金」を拠出できるようになるということです。


そう、これでようやく、
iDeCo制度が社会の実態に追い付くわけで・・。


が、しかし。
65歳になるまで掛金が出せるとなると、

60歳から引き出しが可能であることは
矛盾を孕むことになります。


経過的措置が施されるとは思いますが、

掛金の拠出が65歳まで可能になれば、

iDeCoからのお金の【引き出し制限】も
65歳までになると考えるのが、
妥当ではないでしょうか?


すると?

そうすると、現在は
『60歳から70歳になるまでに、
受給を始めればよいよ』
というiDeCoですが、

この「年齢の幅」も、

『65歳から75歳になるまでに
iDeCoの受け取りを開始するように。』


に変更になると思われます。


gaitou_anke-to.png


上記日経新聞の記事にもありますが、

もうひとつの改正のポイントは

全会社員に
iDeCoに加入できるようにしよう!
という流れです。



現状、企業型DCを導入する会社では
2017年以降に約款の変更を行っている企業のみが
iDeCoへの加入が可となっています。

その結果、こちらの記事のように、
『転職リスク』が発生しているのです。

この確定拠出年金全般における転職の不利益は、
大いなる機会損失のリスクを孕んでいます。


そして二つ目!

朝日 つみたてNISA


〇 【つみたてNISA延長へ 投資期間20年を確保



上記はまだ
朝日新聞でしか報じられていないため、
記事の信憑性は低いと見ています。
(もう少し様子を見る必要あり・・・)

以下、引用)

「つみたてNISA」の投資期限を
今の2037年から延長し、
20年間の積立期間を確保する方向で調整に入った。

引用、終わり)


この、『調整に入った。』という言い方が
いかにも政治的ですね。

が、そのあとには、
来年度の与党税制改正大綱に盛り込む。
という言い方もしているわけで・・。


(ところで)上記記事の内容って?

要は、
2019年につみたてNISAを始めた人も
2023年につみたてNISAを始める人も、

「お金が入れられる期間」を等しく【20年】にしましょう、
という内容です。



(これが実現すれば、
つみたてNISAに
最後にお金を入れられる年が
2037年から、38年、39年と延びていくわけです・・)

ただし、これは
つみたてNISAの【非課税期間】の延長や
恒久化を示すものではありません。

感覚的に言えば、
「ちょっと状況が良くなるよ」という程度なのです。


waiting-2.png


ここでのもうひとつのポイントは、

自民党の税制調査会は
制度改正については、

どうも「一般NISA」より
「つみたてNISA」を重視している姿勢が
垣間見られるということ・・。

私見ですが、
一般NISAの反省点から
つみたてNISAが生まれたとすると、

今後の制度改正についても、
つみたてNISAが優先される可能性が高いと考えます。

〇 【一般NISAに疲れたら、つみたてNISAに移行しましょう



iDeCo、つみたてNISAの『特徴・注意点』を
3時間かけて体系的に学んでみませんか?


20190917-しんようFPオフィス様-19


<今年ラストの3ヶ所縦断セミナー!

〇 第27回 11月16日()in 東京
〇 第28回 11月23日()in 大阪
〇 第29回 11月24日()in 名古屋

465-125.jpg




関連記事

| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 13:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

選ぶ投資 VS. 選ばない投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

もしあなたが、
自分の人生を【他力本願】で生きているとしたら、
これほどつまらないことはありません。

今日、明日をどう過ごすかで、
来週、来月の自身の生活が変わってくる。

これこそ【自力本願】の緊張感でしょう。


それでは投資とは(一体なに?)

実は投資は【自力】のように見えて、
その本質は【他力】なのです。

たとえば
インデックス投資というものに対して、

多くの投資家の胸の内に
「生理的な抵抗感」が生まれるのはなぜか?

それは【選ばない投資】であるためでしょう。

選ばない投資??
そうです。


presenter.jpg


「じゃあ【選ぶ投資】って一体なーに?」

はい、これはもう分かりやすい。

マーケットという玉石混交の中で、

自分自身が
株式なり債券なり不動産なりの
「具体的な銘柄」を選び、

自身で銘柄の入れ換えも考慮し、決断し、
マーケットという海を、
自分の裁量で泳いでいく・・・


至極まっとう、
自分でやっているんだ!」という感があります。


もちろん、今でも大多数の人が
実際選択しているのが
この【選ぶ投資】なのです。

ある人はこう云います。

「マーケットの動向を見て、
価格の上がり下がりを見て、
文字通り、自身の次の行動を決める醍醐味ったらないよ!」

フム。たしかに、
ワクワク感、ドラマ性などには事欠かないことでしょう。


でも、です。

果たしてこれって
底辺のところから
【自力】と言えるのでしょうか?


先ほど、
マーケットの動向を見て、

という文言が出ましたが、

自分ですべて選んでいるように見えても、
マーケットが明日、来週どう動くのかさえ、
私たちの側では
コントロールできないのです。


「自力で選んでいる」ように見えても、
どこかに委ねているスペース、
自身でコントロールし切れない部分があるなら、

無理をせずに、
【選ばない投資】を
宣言してしまってもよいのでは?


宣誓します


たとえば、です。

○ マーケットという海と半ば「一体化」し、
市場のタイミングを「放棄」して、
銘柄の選択も「放棄」して、

海(マーケット)そのものに
投資の実体を【委ねてしまう】こと。



えっ、なんだか世捨て人みたい?
まあ、ドラマ性にも躍動感にも欠けますよね(^^ゞ

でも(その実)
オトナの選択でもあるのです。


??

なぜなら、
【選ばない投資】では、

投資そのものを
必要に駆られて行う作業そのもの、
手段」と割り切る必要があるためです。

(【選ばない投資】を趣味的なもの、
嗜好物として捉えている人はほとんどいないのでは?)


もうひとつ、

市場のタイミングを放棄して、
銘柄の選択も放棄して、

海(マーケット)そのものに
投資の実体を委ねる【選ばない投資】は、

選ばないがゆえに経済的、
つまりコストがあまりかからないのです。


振り返ってみますと、
私たちの先人は
何百年と【選ぶ投資】をやってきて、

その結果、← ココ、重要!
40数年前にようやく
選ばない投資】に辿り着いたわけです・・。



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 <「しんようFPオフィス」は間もなく
  【投資信託クリニック】に!
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄
今後はより一層、相談者さまの『問題点』を正しく診断し、
具体的に『お悩み』を解決することに注力してまいります。

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 19:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT