≫ EDIT

毎月解約することを前提に作られた「バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」(VPGDX)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の記事、
【SBI証券の「投資信託定期売却サービス」は
もっと進化できるはず】
の中で、

ファンドの定期解約サービスのニーズについて
お話ししました。

資産運用という長丁場の「後半部分」、
つまり、
投資信託を効率的に取り崩しながら、
運用を続ける期間って、


(実は)けっこう長く、
そして、誰もが(いつかは)経験することです!


先日は、SBI証券という
販売会社が提供するサービスでしたが、

今日は、投資信託を運用する
運用会社が提供するサービスです。

実は米国では、
毎月解約することを前提に作られた投資信託
(ミューチュアルファンド)があるのです。

あのバンガード社が運用する、
「バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」
(VPGDX)をご紹介します。

(※ 米国では投資信託にも
ティッカー(銘柄コード)が振られます。
投資信託のティッカーは最後が X となります)


1434454545-3867.jpg


たとえば、アメリカ人のスミスさんが、
当該ファンドに10万ドル投資したとします。

「バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」
では、毎年1月に
「毎月の払い出し額(取り崩し額)」を決定しています。

ファンドのパフォーマンスにより、
払い出し額は毎年『変動』します。
(※ 払い出し率については、
ファンド評価額の「4%」をターゲットとしている模様・・)


もちろん、スミスさんが途中で
当該ファンドを追加購入したり、
ファンドを自ら一部解約したような場合も、
払い出し額は変動します。

前回の記事で解説したように、
【率】で取り崩しを管理していることが分かりますね。

ところで、
バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」の
ページをご覧いただくと、
簡単なシミュレーションができるコーナーがあります。

1.月にいくら【引出し額】が欲しいか入力してください。


たとえば、1,000ドル/月 と入力します。

すると、当該ファンドに金額ベースで
いくら投資する必要があるかが示されます。

336,757ドル


(払い出し率でみると、約3.56% となっています)

2.当該ファンドにいくら投資するかを入力してください


たとえば、220,000ドル と入力します。

すると、毎月の【引出し額】が
いくらになるかが示されます。

654ドル/月


(もちろん、こちらも
払い出し率は 約3.56% となっています)


ポイントは、
ファンドの成績によって
毎年『払い出し額』を変えることであり、

前述した「4%」という数字は、
長期にわたってファンド元本を維持していくための
現実的な【目標引き出し率】と思われます。


では、「バンガード・マネージド・ペイアウト・ファンド」
(VPGDX)は、
具体的にどのようなポートフォリオなのでしょう。
バンガード

ほぉー、けっこう積極的ですね。
株式とオルタナティブ部分で76%強を占めます。

(オルタナティブ、代替投資とは、
不動産、未公開株(プライベートエクイティ)、
コモディティなどを指します)

そして実は、当該ファンドは、
『ファンド・オブ・ファンズ形式』なのです。

実際、どのようなファンドを内包しているのか
見てみましょう。

holdings.jpg


はい、ほとんどが「インデックス型のファンド」です。

興味深いのは、
「Vanguard Market Neutral Fund」6.9% でしょう。

これはロング、ショートを交えた
「マーケットニュートラル型」のファンドと思われます。

驚くべきは、
『ファンド・オブ・ファンズ形式』なのに、
年間経費率は 0.34%という低さ。

また、当該ファンドが
2008年5月に運用を始めて以来の成績は、
年率 +4.92%となっています。
(ターゲットの「4%」を上回っていますね)


このように、
ひとりひとりの顧客に対して、

ファンド自らが
「毎月解約」というサービスを提供できるのは、
バンガードが『直販』だからですね。


(『直販』のメリットは、運用会社が
お客様のデータをちゃんと持っていることです)

たとえば、わたしは
セゾン投信のようなところに、

他の金融機関に先駆けて
上記の先進的な資産管理サービスをぜひ
実践して欲しいと思います・・。

◆ 関連記事
【ポートフォリオの「出口戦略」について

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 18:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月12日の「ひと言」



あなたがご両親に教えられることが
ふたつあります。

ひとつはスマホの使い方。
もうひとつは金融機関との付き合い方です。


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg





関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 10:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

規則正しい生活とインデックス投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

小学生のときのわたしは、
ただお行儀がよく
正しいことの上っ面を
何の疑いもなく信じているような子どもでした。

机の上に、自分で、
『努力 思いやり』とか書いて、
悦に入っていたのです・・(恥ずかしい)

どんなことも、
努力を重ねて精進すれば、
習熟することができる。

ハイ、それはそうです。

ただし・・、
投資はちょっと違いますね。


投資に時間を費やして、
懸命に努力すれば、

それに呼応するように
収益(リターン)がどんどん上がっていく。

「えっ?」
あなたはどう思いますか?

投資とは基本的に
『他力本願』な行為ですから、

あなたの時間的努力が
あなたのリターンに
直結は・しないのです。(←ココ、重要)



わたしが専門にしている
インデックス投資など、

ある意味、
最初から
すごくうまくいく可能性を
「あきらめている」とも云えます。

そして、
インデックスファンドを用いた
資産形成は、

間違いなく、
2時間の映画になどなりません。

また、ドラマティックな小説とは
対極にあるでしょう。
(基本、退屈なのです)


「道」で云うとしたら、どうでしょう。

インデックス投資とは、
真っすぐ続く凡庸な道の『真ん中』を、
ゆっくりゆっくり進むようなもの。

左手に見える
一本杉の奥には
ひょっとすると
珍しい生き物がいるかもしれない・・、

右のあぜ道に入って、
田圃を超えていけば、
もしかすると、
貴重な薬草が見つかるかもしれない・・、

そんなワクワクな出会いの可能性に
目もくれず、
ただ、道の『真ん中』を進むのです・・。


尾瀬

(はっきり言って「つまらない!」)


もうひとつ・・。
資産形成と呼ばれる行為は
えらく【待たされます。】

あなたは日常生活の中で、
どれくらい【待つ】機会がありますか?

2017年を生きる私たちの生活は、
【高度に管理され】、
また【高度にサービス化】されています。

お金さえ払えば、
あなたは長時間【待つことなく】、
さまざまな商品・サービスを享受できるはず。

ただし・・、
投資はちょっと違うのです。


投資の待ち時間は、

〇 昼ごはんを食べるために
とんかつ屋さんの前で並んで待つ。
〇 NTTドコモの店で、
新しいスマホの契約のために店内で待つ。

というような『待ち時間』とは、
わけが違います・・。

それに、
すでに投資を行っているあなたは、
ご承知だと思いますが、

投資の現場では、
「動くことよりも、
動かないでいることのほうが
何倍も難しい」のです。


(なぜなら、数多くの『誘惑』が・・・)

そもそも、
【時間を味方に付ける】
くらいの発想を持たないと、

膨大な待ち時間の中で
何か間違いを起こしてしまいそうです(笑)


money-dollars-cash-burden-debt-chain-600x450.jpg


考えてみますと、
自分のお金を増やすために、
10年も15年もただひたすら、
同じ姿勢で、
【待ち続ける】なんて


ちょっと時代錯誤的だと思いませんか?

(あくまで一例ですが)、
イスラム教の人なら、
メッカに20年ぶりに詣でましたよ、とか、

音信不通だった叔父さんに
北海道で12年ぶりに会ったよ、とか・・。


わたしが敬愛する
作家の村上春樹さんは、
『職業としての小説家』の中で、

時間を自分の味方につけるには、
ある程度自分の意志で時間をコントロールできるようにならなくてはならない


と述べています。

実は、
時間を適切にマネジメントする』ことと、
長く投資を続けること』は、
どこかでつながっているのではないでしょうか。


もっとはっきり言いましょう。

インデックス投資をやっている人って、
わりと「規則正しい」生活をしている人が
多いのでは?


規則正しい生活
= 自分で時間をコントロールしている。

ともかく、
広く分散された投資対象で
じーっと同じ姿勢を保っているあなた。

あなたは別に、
三菱電機がこの先
どれくらい伸びるかを
待っている人ではありません。

世界がより豊かになるのを
【待っている人】なのです・・。


(今から30年も経てば、
どれくらい世の中が豊かになったかを
ちゃんと検証できますよ・・)

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 19:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2003年の9月から続いている、少人数制の丸1日『勉強会』とは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

その『勉強会』では、

「銀行はなぜ午後3時でシャッターを閉めるのでしょう?」


「突然ですが、皆さんはサバンナを駆ける馬(うま)です!」


「婚約指輪って、〇〇の、〇ヶ月分と言われますが・・」


みたいな言葉が飛び交います。


マネ缶スクール『スタンダードコース』が
始まったのは、2003年9月のことでした。

当時のわたしは・・、

姜

「・・若っ!」


とにかく、
超初心者向けに、

マネー・投資全般について、
【大切なルール】をぎゅっと凝縮して
そのエッセンスをお伝えしたい!


という思いが強かったのです。

これを、
2時間でやるのは、ちょっと無理。。

なので、丸1日にわたって、
少人数制(10名様まで)を貫きながら、
以来14年間続けています・・。


セミナー内容(シナリオ)は、
もう何十回も書き換えられましたが、

(また、お金に関する制度も
幾度も変わったため、
それに合わせたアップデートも随時行っていますが)、

「学ぼう!」という意識の高い仲間とともに、
アットホームな雰囲気で勉強してみませんか?


という【アプローチ】は、
いささかも変わっていません・・。

120-2042_IMG.jpg

これは↑「ポートフォリオゲーム」ですね。
(今でもやっていますよ (^^)

120-2006_IMG.jpg

rd567n4.jpg

こちらは、2005年ごろの記念写真です。


変わったことといえば、
参加者の皆さんが
わたしよりほぼ「年下」になった、ということでしょうか(^^;)

『スタンダードコース』では、
投資のエッセンスを取り囲むように、

保険の話、マイホームの話、
私たち投資家の「感情リスク」のお話も
じっくり行ってまいります。
(※ たとえ話が多いのでご注意くださいね)

第94回 マネ缶スクール『スタンダードコース』は
9月30日()東京・大井町です!


あなたの学び心に火をつけます




関連記事

| セミナーのお知らせ | 13:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兼業、副業も出来たほうが「分散投資」になると思いませんか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まず『大阪弁』ふうに言ってみます。

「あのな、きみが持ってる器量と、
今あるお金を生かして、
人生の荒波をうまいこと乗り越えていくんや!」


はい。

これを、
金融用語的に翻訳しますと、

「あなたが持つ人的資産、金融資産を用いて、
上手にライフプランニングしていきましょう!」


になります。

・・言わずもがな、ですが、

私たちは『ふたつの資産
(人的資産+金融資産)を糧に、
人生という名の舞台を演じる者です。


図1

上の図表を見るとお分かりのとおり、

若い時って、
『人的資産』の価値は高いですが、
お金(金融資産)はあまりありません。

毎月の生活の中で
少しずつ継続してお金を残していき、
(そのうち一部は運用しながら)、
少しずつ『金融資産』を増やしていくわけです。

『人的資産』の価値は
年齢とともに逓減しますから、

この『時間的余裕』を生かして
ゆっくりゆっくり、

つまりは、
人的資産がゼロになるときに、
それなりの金融資産が育っているように

【長期で】【運用を】行えばよいわけです。


ところで、
金融資産の運用では、

資産、国・地域をできるだけ分散させ、
不確定要素(リスク)の軽減を目指すことが
大切と云われています。

※ そして実際、そうすることが可能です。

いっぽうの『人的資産』はどうでしょうか?

そう、『あなた』自身です。

『あなた』という資産は、
金融資産と違って、

質的・量的な【分散】が
たいへん難しい資産です。


なんと云いますか、
ひと塊(かたまり)なのです。


ふつう、
ひと塊の『人的資産』を用いて、

〇 ひとつの会社で仕事をし、
〇 ひとつの場所から、
「お金」を得ています。

これってよく考えてみますと、
一点集中投資』ではないでしょうか・・。


TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452.jpg


リスクとしては
「給与」の出所である
【会社】が倒れてしまう・・。

あなた自身がその【会社】に
居られなくなる・・。

まさに、
ゼロか100かの世界です・・。


たとえば、
あなたは『転職』を考えたことがありますか?

『転職』が悩ましいのは、
今いる【Aという会社】より、
転職先の【Bという会社】が、

給与面、人間関係、永続性など、
トータルな視点で見てベターかどうかが
なかなか見極められない点でしょう。

仮に、
【Bという会社】が良さそうだとしても、

【Aという会社】?
それとも【Bという会社】?

右か、左?
西に行くか? 東か?

やっぱり「二者択一」であり、
「究極の選択」になってしまいます。


無題


ほんとうは
人的資産も、
金融資産と同じように、
【分散投資】できたほうがよいと思いませんか?


たとえば、

【Aという会社】から20万円を得、
【Bという会社】から10万円を得る。

【Aという会社】で働きながら、(20万円)
(副業的に)自分自身で
【Bという仕事】もこなす。(10万円)


副業、兼業、
プチ起業、週末起業、
サブでパート的な働き方・・。

これは、自分というひとつの資産を
『分人化(ぶんじんか)』し

各『分人』に、
それぞれの仕事を頑張ってもらう、
ということに他なりません。

『分人(ぶんじん)』という考え方に
興味がある人は、
ぜひ以下の書籍を参照してください。
(目からうろこが落ちますよ (^^;)




(以下、わたしの推測ですが)、
これから10年、15年もすれば、

ひとりの人間が
複数の仕事をこなす、
かつ、それらが変遷していく形態が

めずらしくなくなるでしょう・・。


FPの立場でいえば、
人的資産が分散投資され、
【ポートフォリオ化される】ということです。


(そして、ポートフォリオの中身も
変遷していくわけです・・)


その理由は、
〇 職業の寿命が短くなり、
かつ、
〇 労働市場における人の流動性が高まるためです。

たとえば、
パートナーもあなたも、
それぞれ『ふたつの仕事』をこなすと、

・【Aという仕事】
・【Bという仕事】
・【Cという仕事】
・【Dという仕事】

というふうに、

一家で見た場合、
「人的資産・ポートフォリオ」は
かなり『分散』された状態になり、

それはすなわち、
不確定要素(リスク)の軽減につながるわけです

特に今、20代、30代の皆さんは、

金融資産の『ポートフォリオ』とともに、
人的資産を『資産配分する』という考え方を
持たれたほうがよいと思います・・


人生という名の舞台を歩んでいく上では。


バラつみ投資バナーたて




関連記事

| 人生をプランニングする | 17:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

購入時手数料を廃止すれば、販社と運用会社の力関係が変わり、投資信託の回転売買もなくなるでしょう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先月、
ダイワDBモメンタム戦略ファンド」という投資信託が、
大和証券で発売になりました。

これを運用するのは、
〇 大和証券の系列会社である
〇 大和証券投資信託委託(運用会社)です。

このほか、
〇 野村アセットマネジメント(運用会社)で
作ったものを、
〇 野村證券(販売会社)で売ったりしていますね。

銀行系でも、

〇 三井住友信託銀行が、
〇 三井住友トラスト・アセットマネジメント
(運用会社)の運用するファンドを販売するなど、

投資信託では今でも、
一種独特でかつ偏狭な
【タテ割り系列・流通ルート】が存在します。


だって・・、
このほうがより儲かりますから(-_-;)

【系列ルート】の中で商売をしたほうが、
購入時手数料と、
運用管理費用のほとんどが
『グループ内』に還流し、
利益が大きくなるわけです。

換言すると、
それだけ消費者(投資家)の利益が
犠牲になっているということ・・。


apology.jpg


昨年(2016年)に行われた、
日本証券アナリスト協会
「第7回国際セミナー」での
森信親金融庁長官の講演で、
次のような発言が為されていました。

これまで資産運用会社は
投資信託の製造においても
お客様のためになる商品より、

「系列の親会社が販売しやすく
手数料を稼ぎやすい親会社のためになる商品」を
作ってきていなかったでしょうか。

(中略・・)

私はこれまで、販売会社が
系列の投資信託会社の作った投資信託を勧めたり、

ラップ口座で
運用を系列の資産運用会社が行うなどの
囲い込みのような行動が、

顧客のBest interestのために
行動していると言えるか、
といった問題意識をずっと持ってきましたが、
(以下略)


(問題の本質を↑ズバリ突かれていますね)


たとえば、
野村グループの例で云うと、

系列のトップにいる野村證券の
投資信託の販売力は絶大であり、
それが【力の源泉】となっています。

そして、そのチカラゆえに、

『運用会社』は
『販売会社』の顔色を伺いながら、
(販売会社の要望を叶えるような)
ファンド作りをしてしまっている・・。

では、
【販売会社】がどうして
大きな影響力を持てるのか?

【購入時手数料】という名の
収入のためでしょう・・。



★ シンプルに、
購入時手数料の『数字』のほうが、
運用管理費用の『数字』より
大きいためです・・。

【購入時手数料】という
巨大なアメがぶら下がっているために、

(既存のファンドの)
資産を育てるよりも、
新しいファンドを
売ることが優先されているのです。



s-undokai017.jpg


ここに、
【販売会社】 > 【運用会社】
という『力関係』が生まれます。


また、販売会社は、
購入時手数料の『数字』の魔力によって、

顧客に対し、
次のファンドを勧める
いわゆる『乗り換え営業』の誘惑から
逃れられなくなります。

じゃあ、このような悪癖を
取り除くにはどうすればよいか?

フィデューシャリー・デューティーを
徹底させるべく、
根気よく金融機関を監督・指導していく・・?

いえいえ、
(実は)答えはカンタンです。

投資信託の【購入時手数料】を
廃止すればよいと思います。



【購入時手数料】という概念がなくなれば、
ファンドを売っただけでは
「収入」が入ってこなくなりますから、

ひとつのファンドに
どうやってたくさんお金を集め、
どうやったら長く保有してもらえるか・・、


そこに(自然に)知恵を絞るようになります。
(新発売ファンドの本数も劇的に減るでしょう・・)

投資信託の『成績』そのもの、
投資信託の『中身』そのものが
『注視』されるようになるわけです。


⇒ そうすれば、
『販売会社』と『運用会社』の
力関係】も変わってくるでしょう。

なにせ、ファンドを作り、
実際に運用しているのは
『運用会社』なのですから・・。

【販売会社】 < 【運用会社】・・

(同じような投資対象ファンドの
『統合』機運も高まってくるのでは?)

163861447.jpg


また、
【購入時手数料】がなくなれば、

Aファンドから
Cファンドに『乗り換え』を促す
インセンティブも失せてしまいます。

『販売会社』はより多く、
(かつ)より長く、
投資信託にお金を預けてもらうために、

既存ファンドの【評価】を
熱心にし始めるでしょう。


(何しろ、↑
運用管理費用という名の
【けいぞく的な報酬】がかかっていますから)

ここに至って、
「既存ファンド」と「新発売ファンド」の
逆転現象が起こると考えます。


わたしは(以下、あくまで私見ですが)
監督官庁は、

ゲームの中の
プレーヤー達に、
直接口を出す必要はないと思います。

「このボールの蹴り方はよくない」とか、
「あのボールの投げ方を範にすべし」と、
個々の事柄を個別に指導するよりも、

ゲームの【ルール】そのものを変更し、
その【新たなルール】の『管理』に専念するのが
ほんらいの姿ではないでしょうか・・。

ルールを変えます!
『購入時手数料を廃止。』

たったこれだけで、
投資信託の世界はずいぶん変わるはずです。

似顔絵




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 18:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT