FC2ブログ

≫ EDIT

世界初!米国フィデリティが、年間経費率ゼロの『インデックスファンド』2本を設定!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

CNBCのこちらの記事によりますと、

米国のフィデリティ・インベストメンツ
年間経費率「ゼロ」の
インデックスファンド(2本)の運用を始めています。

(もちろん世界初です!
2本のファンドとも設定日は8月2日)

最近夏バテ気味なので、
一瞬、夢ではないかと右の頬をつねってみました。

が、やっぱり・・痛かった(^^;)

『現実』だったようです。

baby_haakuhansya.png

まずは1本目。

アメリカ株式市場に広く投資を行う
フィデリティ ZERO トータルマーケット・インデックスファンド」(FZROX)のページを見ると、

フィデリティ


ホントに「ゼロ」になっています。


もう1本の、
フィデリティ ZERO インターナショナル・インデックスファンド」(FZILX)は、米国以外の先進国、新興国の株式に広く投資を行います。

つまり、
上記2本で広く
世界株式」を網羅することが可能。


CNBCも驚きをもって伝えています
『Fidelity first fund to offer no-fee index funds』




動画の中で
インタビューに答えているのは、

フィデリティ・インベストメンツ
パーソナルインベストメント部門の代表
KATHLEEN MURPHYさん。

わたしは日本のフィデリティは、
投資家の質を貶める
「毎月分配型ファンド」を作ったりして
好きではないのですが、

米国のフィデリティ・インベストメンツは、
実は、バンガードに次いで
全米で第2位の純資産残高を誇る
インデックスファンドの運用会社でもあります。

(もちろん、
アクティブファンドもたくさん運用していますが。。)


そのフィデリティが、
自らパンドラの箱を開けました。


前回、こちらの記事でも触れましたが、
米国のインデックス投資を巡る
【超低コスト化競争】は、

まさに異次元の領域
足を踏み入れた感があります・・。


Investment-Planning_Lump-Sum-vs-Dollar-Cost-Averaging.jpg


(長くインデックス投資の業界を
ウォッチしてきましたが、

このニュースに波及して、
これから先、一体どんなことが起こるのか・・。

もしかすると、
20年後の地点から見ると、

「むかしの投資家は、
継続コストなんて払ってたんだって。
笑っちゃうよね。」


となるのでしょうか・・)


冷静に見てみますと、

今回の継続コスト『ゼロ』の
インデックスファンドは、

〇 おそらくマザーファンドベースが巨大で、
〇 かつ、
自社の指数(インデックス)を採用しているため、

運営コストを低く抑えられているのでは、
と推測します。


(FZROXの対象指数は、
「フィデリティU.S. Total Investable Market Index」
FZILXの対象指数は、
「フィデリティGlobal ex U.S. Index」です)


ir_mokuhyou_tassei_man.png


が、いかんせん
年間経費率が『ゼロ』ですから、

これはドラッグストアでいう、
「ティッシュペーパー5箱」と同じで、
それ自体では赤字になるわけです。


現在でも3000万人の顧客を持つ
フィデリティが、(※ 動画内で言及されています)

インデックス投資の分野で
新たな競争を仕掛けて、
更なる顧客の【囲い込み】を図ろうとしている・・

そして、
このような行動を促しているのは
他ならぬ、

巨大で深遠なニーズを持つ
アメリカの個人投資家なのです。


激しいダイナミズムの行方を
今後も見守りたいと思います・・。

〇 こちらの記事もご参考に!
年間経費率0%のETFって可能なの?

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 13:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長期時間の作り方(季節、誕生日、オリンピック、同窓会!)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

個別相談を通じて、
自身の「運用プラン」を決定する瞬間は、

(なんと言いますか)
お客様の気持ちが高揚しているのが
分かります。

自分の運用方針がようやく決まり、

ここから、
投資と実際に関わっていくわけですから、
「ハイ」な状態になるのも当然でしょう。


しかし、たいていの場合、
6ヶ月もすると、
その「テンション」も落ち着いてきて、

投資とほどよい『距離』が
生まれてくるもの・・。

仮にテンションが高いままだと、
(往々にして真面目な方に多いのですが、)

頻繁に投資信託の価格、
自身の損益を【チェック】してしまいます。

(今はネット証券のアプリ等があるので、
スマホで瞬時にチェックできてしまう・・)


無題


たとえば、

〇 毎日チェックしてしまうと、
〇 毎日の変化そのものが、
投資の【リズム】になってしまいます。


ん?


未来の自分を想い、
「こんな暮らしを実現させたい!」
という希望を叶えるために、
投資は存在するわけですから、

あまりにも、
時間のリズムが短すぎますよね。

【時間のリズム】を、
徐々に【長期】に移行させる。


これが、
資産形成を成し遂げられるかどうかの
ポイントです。


【長期時間の作り方】として、
まずは【季節】という
時間のリズムを思い出してみましょう。

今のような「酷暑」が続く毎日では、
信じられないかもしれませんが、

あと90日(3ヶ月)もすれば、
「ああ、今朝はえらく冷えるなあ・・」


という、
【秋】がやってくるわけです。←ホントです!

一年でいちばん過ごしやすい季節を迎え、
勉強しよう、
スポーツしようという意欲が高まりますね。


無題


日本人は【四季】を感じるリズムを
ふつうに持っていますから、

『季節感』という時間を、
投資にも当てはめて欲しいのです。


そういえば【誕生日】もやってきますね。

(わたくしカンは、
最近は努めて
思い出さないようにしています・・(^^;)

どれくらいの頻度かというと、
1年に1回です(笑)


「えっ、来週誕生日?
もう1年経っちゃったの!?」


という、
あの1年に1度の感覚は、
時間のリズム】そのものです。


投資でも、
「そう言えば今から1年前って、
今とマーケット状況がぜんぜん違ってたよね」


というリズムで良いわけです。


そして、
そうこうしているうちに、
2020年『東京オリンピック』が
やってきます。

ところで、
前回の開催地はどこですか?

リオデジャネイロ(ブラジル)

いつでした?

2016年ですよ!


無題


きっと私たちは、

「早いね。
リオデジャネイロ五輪から
もう4年も経ったのか・・」


と呟きながら、

東京オリンピックを観戦しているはず・・。

【4年という中期の時間】も、
私たちは感覚的に知っているのです。


そしてこの夏、
あなたは故郷に帰り、
11年ぶりに
中学校の同窓会に出席しました。

「おー、山根?
なんだ、お前ぜんぜん変わんないなあ・・」


と、おそらくあなたは思われているはず。

そして(周りに知られないよう)
当時好きだった人が
出席しているかどうか
ひそかに確認したりするのでは・・(^^;)


同窓会で皆と再会したあなたは、
11年という時間の壁を越えて、

「逆上がりが得意な山根君」に
自然に戻っているのです。


taiiku_sakaagari.jpg


このような
長期時間】も、

私たちは
同窓会や結婚記念日や、
2019年に結成20周年を迎える
「嵐」のメンバーたちを見て、
ふつうに持っているはずなのです・・。


上記のような【時間リズム】を、
あなたの投資にも
採用してあげてください。


(投資の有り様は、
どのような『時間スパン』を当てはめるかで
大きく変容するのです・・)

あ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┛ ̄ ̄┗┓    1回の相談で10年の安心を。
┣┳┳┏┻┃     2018【夏の大阪、
┃┃┃┗┳┛     出張コンサルティングの旅】♪

┗┻┻┫┃     8月11日()、12日()、13日(月)
 …… ┗┛   【阪急インターナショナル 残席です】





関連記事

| 投資の発想法 | 17:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりスゴイ!アメリカの確定拠出年金(401kプラン)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

日本の
『確定拠出年金制度』はもともと、
アメリカのそれをモデルとしています。

米国では【401(k)プラン】と
呼ばれます。

ヨン・ゼロ・イチ?

そう。

英語で言うと、
「フォー・オー・ワン・ケー・プラン」です。


実は先日、アメリカ在住のお客様に
コンサルティングをさせていただく
機会があり、

改めて
「米国の確定拠出年金ってすごいな」
と思った次第です。


【401(k)プラン】は、

(日本語のニュアンスでは)
『確定拠出年金・個人型』に
近いのではないでしょうか。


なるほど、

〇 アメリカの一般企業に
勤めている人が加入できる。

〇 あくまで自分の勤め先が、
401(k)プランを用意してくれる。

という点では、
『企業型』っぽいですが、

わたしがあえて、
『確定拠出年金・個人型』に近いと
申し上げるのは、

【401(k)プラン】への加入は、

〇 任意であり、
〇 あなたの給与から自身が拠出する。

という「大原則」があるためです。


ただ、

勤め先がプランを用意するので、

勤め先(会社)が契約している
『金融機関』がラインナップする
投資信託等から、選ばないといけません。

(んー、この点は『企業型』っぽいですね)


why-is-yawning-contagious01-300x266.jpg


次に、
面談を通じて
わたしが驚愕したのが、
【401(k)プラン】への年間・拠出限度額です。

2018年は・・
(ナント)年 18,500ドル!

(1ドル110円とすると、
203万5,000円です!
月に直すと、ナント約16.9万円)


もちろん、
全額『所得控除』できます。
(日本のDC制度とはケタが違いますね・・(-_-;)


しかも、
年間・拠出限度額は、

毎年のインフレ率を勘案して、
都度改訂されているのだそう・・。

(5、6年前に米国のDC制度について
調べていたときには、
たしか上限額は 12,000ドル程度だったのに・・)

そして、
わたくしの驚きは、

松田優作氏の
「なんじゃこりゃあ~」的にまだまだ続きます。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg


(再度)驚いたのは、
「マッチング拠出」の威力!

日本の確定拠出年金(企業型)でいう
「マッチング拠出」とは、

〇 勤め先が
DCに「拠出金」を出してくれる。

それに合わせて、

〇 あなたの給与からも
「拠出」ができますよ、
というものです。


米国では【逆】なのです。

〇 あなたが、
あなたの給与から「拠出」をする。

それに合わせて、
〇 勤め先の会社も
「拠出金」を出してくれるよ。


これが、
アメリカの「マッチング拠出」です。


もちろん、
勤め先(会社)によっては、
「マッチング拠出」に
対応していないところもあります。

また、どの程度
マッチングしてくれるかも、
企業(雇用主)次第・・。


たとえば、
あなたが月100ドル拠出していて、

勤め先の【マッチング率】が25%の場合、
会社が「25ドル」出してくれることになります。

これでもスゴイことですね!

★ なぜなら、
あなたの拠出額が(自動的に)
100ドル + 25ドル = 125ドルに
増えるわけですから!


20-旅行カバン


たとえば、
こんな【具体例】を考えてみましょう。

ある企業がこう言います。

「貴方の拠出額に対して、
あなたの給与の5%までは、
100%マッチングしてあげましょう。

そして、5%にプラスして
もう2%拠出するなら、

その分については、
50%マッチングしてあげましょう」


そんな【マッチング例】もあるそうです。

※ つまり、そもそも「マッチング」には
一定限度があるということ。


この場合、
仮に、あなたの給与が
年5万ドル(課税前)だとすると、

給与の5%って?
2500ドルになりますね。

つまり、
あなたが年に2500ドル拠出すると、

同額のプラス2500ドルが
会社からの「拠出分」として
プラスアルファされます。


shinkokyu_woman_2018021917361986d.png


次に、追加の2%分、
つまり、1000ドル分については、
50%のマッチングですので、

年500ドルが会社の拠出分です。


(ちょっとだけ『計算』してみましょう・・)

この『ケース』だと、
あなたが自分で出す
2500ドル+1000ドル = 3500ドルに
加え、

会社のマッチング分が
2500ドル+500ドル = 3000ドルあるので、

年間の【拠出額】合計は?
(ナント)6500ドルに!



あっ、上記はあくまで
マッチングの「限度額」をもとに
描いた数字ですので、

あなた自身の拠出は、
年18,500ドルまで可能なのですよ。


弊所にお越しいただいた
相談者の方も、
とにかく上司の人から、

「えっ、401kやってないの?
今すぐやりなさい!」
「マッチングというお宝もあるんだから!」


と言われたそうです。

また、
米国のファイナンシャルプランナーが
テレビ、ラジオなどの相談コーナーで

「まずは401(k)から!」
「マッチングありますか?」
と連呼している意味が、
今回、よーく分かりました(^^;)


illust14.gif


米国の401kプランは、
今お話ししたような
大きなインセンティブ』を有しているため、

アメリカ人は
「優遇された制度」として
ふつうに401(k)を利用し、

その結果、
投資信託を用いたつみたて投資に
体の内部から自然に
「なじんできている」わけです。
← ココ、重要!


日本でも、
〇 拠出限度額を引き上げる、
〇 マッチング拠出をもっと普及させることは、
喫緊の課題であると考えます。


465-125.jpg

  9月15日()in 東京 13:30~16:30




関連記事

| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 11:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お背中、拝見します・・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

時々、ふとした拍子に、
自分がやっている
仕事の中身について考えることがあります。

・あなたに的確なアドバイスを!
・納得のカウンセリングサービス!
・痒い所に手が届くコンサルティング!


とか言われても、

・・それで?
と思ってしまいますよね?

コンサルティングって
やっぱり
「何をやってくれるのか」が分かりにくい・・。


わたしは自分の仕事をまず、

『お背中、拝見します業』
と考えています。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg

 「えっ!?」

そう、お背中です。

自分の背中って、
自分では見られません。

第三者(わたし)だからこそ、
見えやすいコトもあるのでは。
そう考えています。


あっ、「コト」といっても、
ただの「事」ではありませんよ。

あなた自身が気付いていない
「思い込み」や、
「ウイークポイント」(問題点)

逆に、「意外な長所」などを
見つけて差し上げることです。


「実は○○ではないですか?」という、
ご本人も気付いていない
【お金に関するニーズ】を発見し、
分かりやすくご提示することで、

はじめて、
それ(コンサルティング)に
『価値』が生じるのかもしれません。



たとえば、です。

今、あなたには
A、B、Cという、
三つの「問題点」を抱えています。


e3bde88fdf582af33358e6ab07a74133.jpg


その中でも、
「B」こそが
いちばん「厄介だ!」と感じています。


が、
わたくしのほうで
『ご収支、ご資産の状況を拝見した結果、』

実は、
背中の奥の
見えにくいところに生息する「D」が、
問題のセンターピン(核心部分)であり、

この「D」こそが、
「B」というお悩みを生んでいる遠因です、
というケースが(実際に)あるのです。



つまり、
個別相談というサービスの中で、
わたしがやるべき仕事は、

あなたが気付きにくい
さまざまなコト、モノを隈なく拝見し、
お悩みの【センターピン】(核心)を
見つけることなのです!



でも、わたしのほうにも
ひとつ注意が必要で、

それは「伝え方」です。

いきなり、

あっ、問題は「B」ではなくて
「D」ですよ!


と申し上げても、
それは単なる
説得』にしかなりません。


20171222224858.png


アドバイザーは
お客様の「B」に関する不安、心配に
共感しながら、

何気に「D」についてヒアリングをし、

真の問題点は「B」ではなく
(実は)「D」なのですと、

お客様に気付いていただけるよう、← ココ、重要!
話の導線】を
創り上げなければなりません。



なぜ、
「説得」がダメで、
『納得』が必要なのか?


それは
あなたもわたしも、

言われただけ
(=説得されただけ)では、
そのコトを
やり遂げられないからです。

自身が『納得(なっとく)』できてはじめて、
そのコトは、
実行に移せるのです。


◆ 関連記事
お客様のちょっとした声から「ホントはこうしたいんです!」というニーズを読み解く

あ




関連記事

| わたしのFP修行 | 12:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月31日の「ひと言」



長期投資を勧めるアドバイザーとして、
もっとも重要なこと。

それは、自分自身が
長く事業を存続させることです・・。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg




関連記事

| 今日のひと言 | 12:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お金のあり様って、真ん中(第三の道)が欠けている?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まずは「おうちスキー」さんの
こちらのツイートをご覧ください。


おうちスキーさん

んー、
おうちスキーさんのお気持ち、
よーく分かります。

いっぽうで、
『知人の人』の気持ちも
分からないではありません。


〇 つみたてNISA、
〇 投資信託、
〇 非課税制度と言われても、


これまで蓄積された情報量が
あまりに少ないため、

「知らないこと」
⇒ とにかく避けておう!
条件反射されているだけかもしれません。


ふつうの生活者の
お金に対する【基本姿勢】って、

まるで「やじろうべえ」のように
両極端で、


やじろべえ


一方で、・・貯金!

もう一方では、
・・ギャンブルの如く短期投資!
になってしまっています。

そうです、
・・真ん中がないのです。

(正確には「真ん中」の存在が、
きちんと伝わっていない・・(-_-;))


★ おそらく、
わたしの生涯の仕事は、

「お金のあり様って、
第三の道』があるんですよ!」
とお伝えし続けることなのでしょう。


『第三の道』とは、
過剰なリスクを負う
短期的な投資ではなく、

貯金の要素も取り入れた、
『ゆるやかな投資』のこと。
(コツコツ積み上げ型ですね・・)

これはまさしく
つみたて】というお金の入れ方で、

実に多くの人が
「貯金」ではやっているわけです。


ところが、
この【つみたて】という行為が、
なかなか「リスク資産」と
結び付いていかない・・。

(わたしは金・貴金属への投資は
お勧めしませんが、
このCMは参考になると思います)





いっぽう、
過剰なリスクを負う短期投資
という「思い込み」が強くて、

過剰ではない、
かつ、
短期の投資でもない「存在」、

すなわち、
投資信託】というツールも
なかなかピンと来ていない・・。


あっ、
今、すでに「答え」を
言ってしまいましたね。

貯金と、
過剰なリスクを負う短期投資の
ちょうど「中間」、

つまり、
お金の『第三の道』って、
「投資信託」×「つみたて」なのです。


(弊所では特に、
「インデックスファンド」×「つみたて」
をお勧めしています)


実はこの、
【真ん中のフィールド】こそ、

ふつうの生活者にもっともフィットする、
もっとも妥当な投資のやり方なのです。

そして、
これからもっとも伸びるのも、
この「真ん中」のお金の置き方であるはず。

無理しない。
ほどほどに。
コツコツ続ける。

このような【ゆるやかな投資】を、
今後もお伝えしてまいります(^^)

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 19:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT