≫ EDIT

美しい記事は、ネット上で個人投資家が書いています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

言動がちょっと過激になりがち。
主張が一方向に傾きやすいなど、
ネット上の問題点は
いろいろ取り沙汰されますが、

こと『投信ブロガー』が発する情報に関しては、
ネット世界の【善の部分】が
広く現出しているとわたしは思います。

ちょうどあなたが
この文章を読む前に、
3つ4つのブログ記事を回遊してきたように、

さまざまな「小さな情報」が集積し、
まるで普段は大きすぎて見えない
巨大なドームのように、

数百のブログ記事が
『土台のしっかりした集合知』を
醸成しているのです。


(これは↑金融機関などが
真似できるものではありません・・)





昨日も
「あっ、この文章、美しい!」
という記事を見つけてしまいました。

【神経内科医ちゅり男のブログ】の、
腰の強いポートフォリオを作り上げるには最低でも10年は見ておこう!』です。

ちゅり男さんは、
こう言います。

株式投資は、基本的に
長く相場に身をおいている人の方が強いです。


たしかにそうですね。

崇高な理論や理屈よりも、
現実に、
マーケットに居続けることができるか。

それが投資の成果を左右するわけです。


ちゅり男さんも書かれていますが、
『長く居続けること』は、
投資に対する「経験値」を
上げていくこと』に他なりません。

よく、
時間を味方につける】と言いますが、
その意味は(実は)ふたつあって、

〇 マーケットそのものの成長が
期待できる。

そして、

〇 投資家として自身が成長し、
(今はまだ見えない)
広い景色が見えてくる・・。

それが【長期投資の利点】なのです。


そして、次の文章。

私は、
相場に長く身をおいている方のポートフォリオは、
目に見えない多くの苦労や難局を乗り越えた上に
作り上げられた一種の芸術作品だと思っています。


なんと美しい・・。


腰の強いポートフォリオは一朝一夕にはできず、
どうしても時間がかかるのです。


はい、まさにそうですね。

自分の絵【投資観】を思い描いて、
「はい、これで出来たよ!」と
絵を描き上げたつもりでいても、

それは最後に辿り着く
【作品】に至るまでの、
「途中の絵」であったりします・・。

(投資という行いは、
『自己表現』
『自己成長の場』でもあるのです)


尾瀬


また記事内
ちゅり男さんは、
「何にお金を託すべきか」という
投資対象についても言及します。

ちなみに、個別株の場合は投資先を間違うと
10年経過しても腰の強いポートフォリオにならない
可能性がありますから注意してください。


たしかに・・。

満天の星空の中から、
たった2つや3つの星を
『選び切ってしまう』大胆な行為を、

私たちは、個別株投資や
不動産投資でなにげに行っていますが、
これって(実は)、
けっこうアドベンチャーなのです(-_-;)


21世紀に入ってからは
時代の流れがどんどん加速しており、
企業のライフスパンが短くなってきているため、
個別株投資は難しくなってきましたね。


わたしも同感です・・。

『市場平均』に投資を行う
インデックスファンド、ETFは、


【市場のめくるめく変化】を
そのまま内包し、
変化そのものをリターンの糧にしてしまいます。


それにしても
ちゅり男さんの記事を読んでいると、
『投信ブロガー』が発する情報群が
根太い川」になっているのが分かります。

今から思えば、
投信ブロガー第一世代の、
水瀬ケンイチさん、
NightWalkerさんらが
ブログを始められた2005年頃は、

小さな小さな水が、
細く滴るくらいの
ボリュームしかなかったわけですから・・。

(集合知、バンザイ!)

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 17:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弊所に送られてくる2行だけのメール


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

自分の投資の型(かた)、
ポートフォリオは決まりましたね。

あとは定期的に
『リ・バランス』をするだけです。

でも、仮に
「このメンテナンス作業」を続けるのが、
億劫に感じるようなら、
かつ、○○さんがそうしたいと望むなら、

毎年、わたしに
2行だけのメール
送っていただいても構いません。

挨拶とか、
かしこまった文章とかは要りませんので、
シンプルに、

「○○です。
今年もリ・バランスしました。」


だけでOKです。

4033-450x337.jpg


こんなお話を、
コンサルティングの場ですることがあります。

※ 誰かに報告する!という動機付けが、
継続のチカラになれば、
お安いものですよね。

そして実際、当オフィスには、
不規則に「2行だけのメール」が送られてきます。

わたしが返信するときも2行だけ。

「素晴らしいです!
カン・チュンド拝」



また、リ・バランス以上に
エネルギーを要するのが、
お引っ越し』と呼ばれる作業です。

これまで保有していた投資信託、
個別株などを解約しながら、
少しずつ
「本当に持つべきファンド」に、
お引っ越し』をしていくわけです。

(ご興味のある人は、
弊所メルマガ
これが塩漬けファンドの引っ越し法』を
ご一読ください)


たとえば、
1~2年をかけて『お引っ越し』を
続ける場合、
どうしても途中で心が折れてしまいがち。

そのような場合に、
シンプルに、

「○○です。
3回目の引っ越し、終わりました。」


みたいなメールを、
送っていただいても結構ですよ、
と申し上げることがあります。


02d928c.jpg


簡単なメールを送ることで
お引っ越しが貫徹しやすくなるなら、
お安いものですね。

誰かに報告する】という行為には、
意外なチカラが備わっているのです・・。

似顔絵




関連記事

| わたしのFP修行 | 10:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本丸は「企業型の確定拠出年金」で定期預金をしている人です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ある土曜日の昼下がり、
興味がある勉強会に行って、
講師の人の話もよく理解できて、

「さて、では何か質問のある人、いませんか?」


と聞かれて、

手を挙げて・質問しない人・・?

「それ、ワタシです」
(こう見えてもシャイなのです(^^;)


セミナーなどで、
質問をしない人って
質問をする人よりずっと多いはず。

また、
JR有楽町駅の駅前で、
街頭インタビューに答える人より、
答えない人のほうが圧倒的に多いはずです。


私たちを覆っているこの世の中は、
【声を上げない多数派】で
成り立っているのです。


これを、
サイレント・マジョリティー』と云います。


images_featured-images_the-silent-majority-FEATURED.jpg


たとえば、
投資の世界における
『サイレント・マジョリティー』のひとつを
挙げてみましょう。

それは、
『企業型の確定拠出年金』で、
元本確保型の商品を
選んでいる人たちです・・。


(あなたの周りにもいるのでは?)


実際、
『企業型の確定拠出年金』の
資産残高の6割近くが、

定期預金や生保商品といった
「元本確保型の商品」で占められています。

人数で云っても、
(企業型の確定拠出年金加入者の)
50%以上の人が、
まったく投資を行っていないのでは?


まさに
【マジョリティ(多数派)】ですね!


そして、
その母数は驚くほど『膨大』です・・。

〇 昨年末時点での
つみたてNISAの申込みが
およそ25万口座(25万人!)

iDeCoの利用者は年末時点で
74万人あまり!

〇 それに対して
『企業型の確定拠出年金』に加入している人は、
640万人を超えています!
厚生労働省・資料

640万人ってスゴくないですか?


日本の会社員の
もう6人に1人くらいは、
『企業型の確定拠出年金』に
入っているわけです。


そして、
640万人の少なくとも半数、
320万人以上は、

【声なき多数派】として、
(なんとなく)
定期預金、生保商品を
毎月積み立てているのです。


えっ?
なんかそれって悪いんですか?


いいえ、ぜんぜん悪くありません。

でもそれ(確定拠出年金)って、
あなたの老後を支える「年金」のひとつですよね?

まあ、そうみたいですけど。



じゃあ、
自分の老後が始まる時点で、
そのお金って(増えてないより)
増えてたほうがいいと思いません?

まあ、そうですけど。

でも、うちって
月に9,000円だけなんですよ。
拠出してくれるのが・・。


あー、そうなのですね。

じゃあ、月に90円だけ
「投資信託」を積み立てしてみません?

えっ、90円?


そうです。


毎月の【配分割合】を、

定期預金 99%
投資信託  1%
にするのです・・。


今から、
ログインID、パスワードを入力して
『企業型の確定拠出年金』の
資産管理画面にログインして、

すぐに、
毎月の『配分割合』を変更できますよ。

えっ、なんだか急なんですけど・・。


肝心なことは、
ご自分の中で
小さく実験】してみること・・。


あなたは、
他の投資の初心者に比べて、
とても恵まれた状況にいるのですよ。

これからわざわざネット証券に
口座開設を申し込んで、
マイナンバーも用意して・・、
という【手間】も
ぜんぜんかかりませんし。

資産管理画面にログインして、
毎月の『配分割合』を変更するだけ。


video08_m.jpg


毎月90円だけ
「投資信託」を積み立てると、
20ヶ月やっても1,800円です。

もし、どうしてもイヤになったら、
また「定期預金100%」に
戻せばいいわけですから・・。

わたしは5割以上の人が、
元本確保型の商品になっている
理由のひとつに、

【情報の共有】が為されていないことが
あると思います。


企業型の確定拠出年金では、
制度の舞台は
あなたの【職場】ですね。

ふだんは職場の同僚と世間話をしたり、
仕事の進行をめぐっては
先輩、後輩、上司などと、
丁々発止やり合っていますよね。

資産残高の6割近くが
「元本確保型の商品」ということは?

4割強は
【投資信託】で保有されているということ!



1434454545-3867.jpg


あなたの部署のすぐ隣りに、
『リスクがある投資信託』を買って
自分年金の準備をしている人がいる、
ということです・・。


『お金のこと』
『自分の年金』の中身について
互いにしゃべっていないから、

身近な投資信託保有者に
気付いていないだけなのかも・・。

★ あなたも、その人も、
⇒ 同じ【窓口】を共有しており、
まったく同じ【商品ラインナップ】なのですよ!


まして、
月の拠出額が9,000円程度なら、
ちょっと聞いてみませんか?

「預金のほかに、
なにか買っているんですか?」って。

あなたの職場で、
ちょっとだけ「おしゃべり」の先輩、上司、
あるいは同僚の人がいて、

その人が
「あっ、投資信託も買ってるよ」
という言葉を聞いたら、
少しだけ安心してください。

それって、
フツーの人がフツーにやること、
【必要だからやっている】ことに過ぎないのです。


さっきからなんか偉そうに言っているけど、
じゅあ、月90円で
何の投資信託を買うの?


まずは「外国債券インデックスファンド」を
買ってみましょう。

投資信託の価格が大きく上下しても
(小さな実験だから)
別に構わないよという人は、

「外国株式インデックスファンド」を
買ってみましょう。

※ 上記ふたつのファンドは、
ほぼすべての会社で
ラインアップされているはずです。


望む、望まないに関わらず、
「企業型の確定拠出年金制度」(企業型DC)は
今後ますます広がります。


tumblr_m8cr2wY4cL1qckp4qo1_500.jpg

そして、
企業型DCを通じて
(好む、好まざるに関わらず、)

人生ではじめて『投資』に出会う人も、
今後ますます増えていきます。


この出会いとは、
ちょっとした物語の『序章』であり、

あなたが投資と細く長く付き合っていく
きっかけ』になるかもしれません・・。

(※ すべての「出会い」は意外性を含有しているのです)


企業型DCの加入者が 1,000万人になると、
元本確保型オンリーの人が
たとえ5割(500万人)のままでも、

投資をしている人も500万人になり、
それだけ増えることになりますね。

日本で投資が広まるのは、
『時間の問題』なのです。

似顔絵



関連記事

| 確定拠出年金 | 18:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お金を使っている自分を褒めてあげよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「わたし、お金のことってダメなんです」


そう言って拒否反応を起こす人はいますが、

「ワタシ、お金を使うのがキライなんです」


という人は滅多にいません・・。

お金を使うことには
誰でも興味がありますね。

『消費』とは、
ヒトが生き物として動くための
エネルギー源のようなものなのでしょう。


「あれも買った。
これも買った。
今度はそれを買おう!」

フム。
なかなかいいですよ。

たまにはたくさんお金を使った自分を、
褒めてあげましょう。

お金を使う = ヒトが織り成す
「経済活動」に対する貢献!ですから。


そして間違いなく、
私たちは生涯を通じて
お金を・使い続けるわけです。


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


当ブログで普段お話ししている、

つみたて投資や、
インデックスファンドや、
iDeCoや
コストが安い金融商品を探すことも、

これらすべて、

お金を増やして、
そののちに、
⇒ お金を使うための【手段】、
であるわけです・・。


お金の振り分け方は、
(実は)シンプルで、

あなたのお金は、
〇 『今、使うのか』
〇 『未来に使うのか』という
二通りしかありません・・。


そして、計画的に
『今、使うお金』と
『未来に使うお金』の
仕分け作業をすることを、
マネープランニングと云うわけです。


結局のところ、
お金の管理のコツとは、

1.『今、使うお金』への満足度を
高めながら、
2.『未来に使うお金』の手当てを
いかに行うかということ。


ちょっと、
1.にフォーカスしてみましょう。


『今月のクレジットカードの明細』を
見て、

あなたらしい「お金の使い方」】が、
出来ていると感じますか?

ヒトは案外、
他人との比較に基づいて、
「惰性」でお金を使ってしまうもの・・。



消費も一種の「自己表現」ですから、
(どうせなら、)
自分なりの『こだわり』を持った
お金の使い方をしませんか?

そのほうが
満足度も高くなるはずです。

そう、<ワタシは、わたし。>


タコ


たとえば、ですが、
「住むところ」の優先順位が低く

かつ、仕事柄、
どこに住んでも
わりと自由に働ける環境なら、

〇 浜松市中区
遠州鉄道「上島駅」から
徒歩5分のところに、

美松コーポ」があります。
無題
1996年築、1LDK、
広さは44.7m2で、
賃料は 4.5万円 です!

(けっこうキレイですよ)


ファッションが好きで
ついつい
お洋服をたくさん買ってしまう人なら、

洋服をレンタルして楽しめるサービスが
いくつもあります。

EDIST. CLOSET」とか、
メチャカリ(MECHAKARI)」とか、
SUSTINA(サスティナ)」とか・・。


「この、毎月2万円程度のお金は、
『今、使うお金』じゃなくて、
『未来に使うお金』にしよう!」

こういう判断は、
アライグマには出来ません。

まして、

「未来に使うお金って
時間的な猶予があるから、
どうせなら、
長ーい目で育てておこう!」


こういう発想は、
チンパンジーにも出来ないわけです。

「投資」とは、
ヒトだからこそ遂行できる
高度な行いなのですね。

似顔絵




関連記事

| 人生をプランニングする | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金融村は、まだまだ発展途上です(電子書籍「バラつみ投資」未掲載原稿)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

拙著【ラクして増やそう!バラつみ投資】は、
(電子書籍ゆえに)
自身で編集もこなしました。

いろいろと検討した結果、
第5章のところで
未掲載となった文章があります。

今回、それらを構成し直して、
加筆修正のうえ、
公開させていただきます。

(あっ、シンプルに
ブログ記事としてお読みくださいね(^^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 本書はバラつみ投資の窓口として
ネット証券」をお勧めしています。

しかし、ネット証券も
その実態は、
なんでも屋さん」みたいなところがあるのです。

「カンさん。
ネット証券のトップページって、
盛り場の看板みたいで、
もう情報が多すぎてイヤになりました。」


これは、
あるお客様が面談中に、
実際に言われたことばです。


たしかにお気持ちは分かります。

トップページ内で、
FXや株(かぶ)の信用取引といった
投機性が強い商品と、

投資信託が「同じ列」に並んでいるのは、
なんとも滑稽な姿ではないでしょうか。

ネット証券はそろそろ、
トレードする人たちへのサービスと、
コツコツ資産形成する人たちへのサービスを、
明確に分けるべきでしょう。


02d928c.jpg


次に、投資信託の運用会社です。

運用会社とは文字通り、
ファンドを作るメーカーさんですが、

車のメーカーに比べると
ずいぶん『非効率な仕事』をしています。

販売会社に請われるがまま
6,000本もの投資信託を作ってしまい、
バックヤードには在庫が溢れ返っています。


multi_syouhou_zaiko.png

(この本数は明らかに「供給過剰」でしょう)

どんなモノでも、
それを一から作って育てるには
相応のエネルギーが必要なはず・・。

しかし、
「販売当初だけ売れればOK」と
割り切っているのでしょうか、
育てるという意識が希薄で、
薄利多売」の様相を呈しています。


一例ですが、
インデックス型のファンドでいいますと、

同じ指数との連動を目指す
まったく同タイプの投資信託が、

ひとつの運用会社の中で
5本も10本も存在しているのです。
(これって滑稽ですらありますね)

非効率に
多くのモノ(投資信託)を
作り続けたまま、
利益を上げようとするので、

一商品あたりの『コスト』が
高止まりしたままなのです。


そして、
この高コスト体質に
付き合わされているのが、
(他ならぬ)私たち消費者です。


また、
金融機関だけではなく、
FP(ファイナンシャルプランナー)と
呼ばれる、お金の専門家にも注意が必要です。

(当然、筆者も含まれます)


advisor_20170307120313a12.jpg

仮に、
そのFPが「金融商品」を販売しており、
金融機関から「手数料収入」を得る立場なら、

あなたへのアドバイス内容より、
FPの手元に入る『手数料』を
優先させてしまう可能性があります。

あるいは、『手数料』がもたらされる
金融商品を想定して、
あなたへのアドバイスが為される
可能性すらあります。


(これを「利益相反」と呼びます)


実際、筆者のオフィスには、

著名なFP会社に相談に行ったところ、
ランドバンキングを勧められたとか、

別のFP会社では
変額年金保険を勧められたという
お客様の声が、多数寄せられています。

(同じFPとして、
こちらが恥ずかしくなってしまいます)

その専門家が
【どこから、手数料収入を得ているか】は、
当然開示されるべきですし、

もし、開示がない場合は、
私たちの側から必ず確認するようにしましょう。

(※ 筆者は開業以来、
金融商品の販売・斡旋にはタッチしていません)


the-power-of-no.jpg


残念ながら、
金融業界は
まだまだ「村」のレベルです。

消費者の知識が発展途上のため、
商品の提供側が、
ラクして儲けている側面が
あると言わざるを得ません。


今後、
消費者の知識・考え方が
成熟していけば、

『殿様商売』をしている多くの人たちは、
淘汰されていくことになるでしょう。

これを、
世の中では「進歩」と呼んでいます。






関連記事

| 金融機関にモノ申す | 13:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

数字のこと、気持ちのこと、フォーカスすること


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まだ18歳とか19歳で、
「どこの学校に行って、
どんな学部が自分に向いているか?」なんて、
なかなか分からないものです。

なぜなら、
自分と付き合ってきた年数が
あまりにも短いためです。


わたしは今年50歳になりますが、
ようやく、
自分の本質的な傾向(性格)が
分かってきたような気がします(遅すぎ?)


長い道のりの中で
どんな選択をするにしても、
『自分を知ること』って
大切ではないでしょうか?

〇 自分がどんな性格で
〇 どんなことに向いていて、
〇 どんなことに向いていないか。← ココ、大事。

それを知っているだけで、
物事のチョイスは
ずいぶんとシンプルになるはず。


あっ、これって投資も同じですよ。

投資のことって、
どうしても【数字のこと】に
話題が集まりがちですね。

〇 リターンがいくらだったとか、
〇 数字に照らし合わせて考えると、
Aというやり方より、Bという方法を
採用すべきだ、とか。

〇 まずは数字に関連して、
利用すべき制度、利用すべき金融商品、
お金の投じ方などが語られがちです。

最初に『数字ありき』!

ハイ、決して間違いではありません。
(『数字』は大事ですから・・)


でも、それと同じくらい大切なのは、

利用すべき制度、
利用すべき金融商品、
お金の投じ方が、

【(果たして)あなたに合っているか?】
という「検証」です。


(なぜなら、誰のものでもない、
あなたの投資ですから!)


綾なす事象の中で、
あなたは毎日、
膨大なチョイスを行っています。

そんな中で、

〇 自分にフィットする選択を
多くできたほうが、
あなたの『幸福度』は上がると思いませんか?


gutspose_man.png


★ ましてや投資という行いは、

「パック旅行」を選ぶか
「個人旅行」を選ぶかという、
1週間もすればその成果が分かるような
チョイスではないわけです。

紆余曲折がふんだんにありながら、
長い長い時間タームで行うことなので、

余計に
【あなたの気持ち】
= フム。このやり方は自分に合っている!
が大切になるのです。


(自分に合っている!
と思えれば思えるほど、
投資が長く続けやすくなりますしね・・)


わたしは、
あなたに合った
投資のスキームを築くために、
ある程度【フォーカスする】必要があると思います。

フォーカス?

はい、これって
より正確に云いますと、

(良い意味で)
投資のやり方に『制約』を加える、
ということ・・。


たとえば、

1.個別株、個別の不動産、
個別の債券などは買わない。

多数の銘柄が内包された
「パッケージ商品」のみを投資の対象とする。


これって、けっこう大胆なフォーカスです。

あるいは、

2.自分が投資する「総額」の中で、
日本の資産が50%を超えない。
(= 最低50%以上は、
日本以外の外貨建ての資産を保有する)


これも立派な『制約』ですね。


投資のやり方をフォーカスできれば、
面白みは減るかもしれませんが、
その分「迷い」も減って、
夜ぐっすり眠れるはずです。

「数字」と、
「あなたの気持ち」と、
投資に対するほどよい「制約」(フォーカス)、

この3つの【バランス維持】が、
投資を長く続けるコツではないでしょうか?

似顔絵




関連記事

| 投資の発想法 | 11:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT