≫ EDIT

さよなら、貯蓄型の生命保険!(これからは投資型の生命保険商品にご用心!)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

お金の話には、
「そう、そうだよね!」という
原理原則が当てはまる部分が
いくつかあります。

たとえば、あなたが
お金を増やしたいと思うとき・・。

世の中の【金利】が高いか低いかで、
選ぶべき『商品』は変わってきます。
(ここでは、極力リスクは取らないという前提)

〇 世の中の【金利】が高いとき。

できるだけ、
『長期の』『固定金利の』
商品を選ぶのが鉄則ですね。


先日、相談業務の中で
久しぶりに1991年に契約された
「個人年金保険」を拝見しました。

個人年金保険とは、
「超長期の(30年、40年続く)
積立て金融商品」です。


しかも、固定金利 です。

したがって、
金利が高いときには、
かなりのお宝金融商品であることが
分かります。


逆に、
〇 世の中の【金利】が低いとき。

できるだけ、
変動金利型の
商品を選ぶのが得策です。

(長い期間、低い固定の金利に
縛られるのはイヤですよね?)

(⇒ あっ、そうそう。
あなたがお金を借りたいときは
発想が逆転しますよ。

すなわち、
世の中の【金利】が低いときは、

できるだけ、
『固定金利の』ローンを
選んだほうが得策)


無題


長い間、日本の中で
もっともポピュラーな金融商品は、

【預金】と
貯蓄型の生命保険商品】でした。

しかし、
【貯蓄型の生命保険商品】は、
その歴史的役割を終えようとしています。

わたしは今、何気に
【貯蓄型の生命保険商品】
と言っていますが、

ホントは、
貯蓄型の、
生命保険という言葉そのものが

おかしいのです。

なぜなら、
保険とは
万が一の『保障』を買うための道具ですから。


こちらの記事によりますと、
日本生命保険はこの4月から、
契約者に約束する利回りを引き下げるのだそう。

日本生命保険は2日、
学資保険や個人年金保険などの
契約者に約束する利回り(予定利率)を
4月に引き下げると発表した。

現行の1.35%から0.85%に0.5ポイント引き下げ、
過去最低水準となる。



実は、
すでに「個人年金保険」の発売を
止めてしまった保険会社さんもあります。

学資保険、養老保険、終身保険も、
広く『貯蓄型の生命保険商品』ですが、

商品設計を行う前提が、

ゼロ~マイナス金利という
【異常な現実】にそぐわなく
なってしまっているのです。



日本の社会は、
慢性的な 需要 < 供給
構造になっています。

(大前研一さんは
「低欲望社会」と命名されています)

日銀は異次元の金融緩和政策を
何度もし掛けましたが、
物価が上昇するには至っていません。

このような状況下で
日本の長期金利が
短期間の間に上昇し、
かつそれが常態化することは考えにくいでしょう。

低金利がこれからも長く続くと考えると、

★ 【貯蓄型の生命保険商品】は、
消えゆく運命と言わざるを得ません・・。


142749758069142217179_goodbye.jpg

じゃあ、
保険会社さんはどうするのか?

カンタンです。

【貯蓄型の生命保険商品】から、
【投資型の生命保険商品】へ
シフトしていくことが予想されます。


あっ、ココも、

ホントは、
投資型の、
生命保険という言葉は

おかしいのですよ。

なぜなら、
保険とは
万が一の『保障』を買うための道具ですから。


今後、外貨建ての
投資型保険商品が増えてきます。

皆さん、くれぐれもご注意を。

あるいは、
変額保険や、変額年金保険のような、

実際は、さまざまなファンドに
投資を行う『投資型の保険商品』が
増えることが予想されます。

皆さん、くれぐれもご注意を。

これはどのような流れかというと、
紛れもなく、
保険商品の、運用業界への侵食」なのです。


money-dollars-cash-burden-debt-chain-600x450.jpg


わたしはいつも思うのですが、
運用業界、たとえば投資信託も、

保険業界のよい部分を
取り入れてしまえばよいのです。

たとえば『投信年金』って、
作ってしまったらどうでしょうか?

投資信託で資産形成を行う人にとって、
悩みのタネはその
取り崩しの仕方』です。


だったら最初から、
山田さんが60歳から74歳にかけて、
毎年40万円ずつ年金のカタチで取り崩します。

という基本設計が付いた投資信託
売り出してもいいのではないでしょうか?

(もちろん、毎月のつみたて金額も
設定されることになりますが・・)

最後に、
共同通信が以下のニュースを伝えています。
【全保険の手数料開示要求、金融庁 乗り合い代理店の顧客保護

金融庁が、生命保険各社に対し、
複数会社の保険を扱う「乗り合い代理店」に
支払っている販売手数料を
商品別に開示するよう求めたことが3日、分かった。

生保各社は、乗り合い代理店が販売した
保険商品に応じて決められた額を支払う。

(中略・・)

例えばある医療保険では
初年度の保険料のうち数十%、
次年度以降は10%程度支払われるという。



origin_1.jpg
(画像 共同通信)

わたしにもし、22歳の息子がいたら、
保険会社に就職することは決して勧めないでしょう・・。




関連記事

| 金融機関にモノ申す | 19:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

支える人が減少し、支えられる人が増えると世の中はどう変わる?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

よく、『少子高齢化』という言い方をします。
(わたしもよく使います)

さまざまなメディアが
これから訪れる社会の問題提起をするとき、
少子高齢化』というキーワードを出すわけです。


しかしこの五文字熟語は
これから訪れる社会の変化を、
四角い箱に(抽象的に)はめ込んだに過ぎません。

ほんとうは、
『熟語』『音読み』ではなく、
『訓読み』にするべきでは・・。

そんな疑問に応えてくれたのが、
nantes(なんと)さんの記事
将来の資産設計をする場合に気をつけたいこと】です。

nantes(なんと)さんはこう形容します。

支える人が減少し、支えられる人は増える。


(まさにその通り。これが、
日本でこれから起こることの『本質』です)

支える人が減少し、支えられる人は増える。


たとえば、
平日の昼間に、
昭和52年に開発されたニュータウンに
ひとりで行ってみると、
その意味が分かるかもしれません。


わたしは業として
ファイナンシャルプランナーの仕事を
していますが、

『キャッシュフロー表』なるものを
作ったことがありません。


なぜなら、

【支える人が減少し、支えられる人は増える
社会】
では、

ある一定のリズムに従って、
収入が増えたり、支出が増えたりというのは
現実的ではない可能性があるためです。

(社会の諸制度(税制含む)が
変わることを前提として捉えれば、

ある一定のリズムに従って、
収入が増えたり、支出が増えたりし続ける
ほうが不自然であると判ります・・)


nantes(なんと)さんも、
ブログ記事内で、
資産設計をする際、
今の制度を前提にすることに警鐘を鳴らしています。

未来を悲観しすぎるのは良くありませんが、
制度という制度がこれからどんどん
改悪されていくという前提に立って、
やや厳しめに見積もっていったほうがよい。


わたしも同感です。

支える人が減少し、支えられる人は増える。


この流れが続く限り、
世の中の制度は社会の実状に合わせて
変わっていかざるを得ないのです。


nantes(なんと)さんは記事内
以下の7つを挙げておられます。

1.年金支給は70歳から(十分な収入がある人は75歳から)

2.退職金への課税強化

3.高額療養費制度の改悪

4.介護保険料の納付義務(30歳から)

5.医療費は4割~5割負担

6.公務員であっても整理解雇(リストラ) 

7.消費税15%~20%


なるほど~。

oqqgsarmXLt0uLtV2yWBxD.jpg


まず、1.ですが、
海外ではどうなっているかというと・・。

アイルランドでは
2021年までに67歳に、
2028年までに68歳に、
公的年金の「受給開始年齢」が引き上げられる予定。

イギリスは
女性の受給開始年齢は、
2010年から2018年11月にかけて
段階的に65歳まで引き上げ。

2020年から2046年にかけて
男女とも68歳まで引き上げられる予定です。

(日本も↑上記のように、
長期的ロードマップ」を示すべきでは)


2、3 は今すぐにでも
起こり得ることでしょう。

5.医療費は4割~5割負担は、
意味深です。

今後、健康保険料も上がっていくでしょうが、
納付率が(今より)下がるようになると、
医療の自己負担割合を
上げていかざるを得ないでしょう。

6.は、雇用契約の
包括的な見直しが前提でしょう。


また、
【支える人が減少し、支えられる人は増える
社会】において、

税制がより厳しくなっていくと
想定すると・・。

AAEAAQAAAAAAAAI0AAAAJGYzMzc0ODA3LWU0Y2MtNDY0OC04ZmIzLTM2ZDJhNzI0MjA0Ng.jpg

たとえば、
『固定資産税』のような税金は
いちばん上げやすいのではないでしょうか。

(固定資産税が上がったからといって、
不動産を売る人がどれくらい出るだろうか?)


相続税は今より
課税が強化される可能性はありますが、

より徴収しやすいのは、
『資産税』的な税でしょう・・

※ 要するに、
人が亡くなるときに一度に課税するより、
「薄く・広く・長く」課税できたほうが
ベターと感じるようになるのでは・・。


あっ、もちろん『資産税』という名前に
なるとは限りません。

ある一定以上の資産を保有している人に対して、
広く・浅く課税しようとするわけです。

(ざっくり言えば、
固定資産税ならぬ、金融資産税です。


政治的には、
預金よりも、有価証券のほうが
課税しやすい側面はあるでしょう。

たとえば、
投資信託に関して言えば、
「信託報酬」がありますから、
ここに【課税分】を上乗せすることが考えられます。

そして、運用者としてもっとも心配なのは、
金融資産の売却益に対する課税の引き上げです。

でも、
こればっかりは今から心配しても
あまり意味がないことですから、
粛々とつみたてを続けるより他ありませんね。

追記)

先日、日本老年学会・日本老年医学会が
「高齢者」として定義される年齢の引き上げを
提案しましたが、

これは公的年金の支給開始を70歳にする
布石ではないでしょうか・・。

似顔絵




関連記事

| 人生をプランニングする | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月1日の「ひと言」



「旅行」と「投資」は似ています。

昔は、お金持ちの人だけがするものでした。

今は? ちょっと頑張れば、誰でも実行できますよ。


02d928c.jpg





関連記事

| 今日のひと言 | 19:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『失敗塾』でレッスン料を払ってはじめて一人前の投資家に


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしの血液型はA型です。
(実は)内気で心配性です (^^;)

「失敗したら・・」
「うまくいかなかったら・・」とよく考えます。

でも【失敗する】という言葉の
ほんとうの意味って何なのでしょうか?


【失敗した】とは、

その時点で
自分が思い描いたように
ことが上手く運ばなかった。

ということですよね?

仮に
ことが上手く運んでいたらどうでしょう。

『失敗せずに・うまく行った』
ということですから、

嬉しいですし、
そのまま予定通りの「道」を進もうとします。

この場合の「道」というのは、
すでに出来上がっている道のこと。


翻って、
今、わたしが【失敗してしまった】とします。

「嗚呼・・・・・・!」

自分が思い描いたように
ことが運ばなかったわけです・・、
ショックです。。

えっ、なんで??」と思います。
失敗の原因を探ろうとします。

「なにが良くなかったんだろう?」

TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452_20160622161051993.jpg


自分の内面を探り、
外的な要因を探り、

過去も照らし合わせ、
他者の例も参照しようとします。
(脳内フル稼働の状態・・)

そう、
これこそ【失敗】の効用 なのです。


うまく行かなかったがために、

一度、自分の思考を「リセット」して、
真っ白な状態で
物事を再見することができるのです。


たしかに、
【失敗した】事実はショックですし、
気分的にも落ち込むと思いますが、

【失敗した】
  ↓
【真っ白な状態になる】
  ↓
【これまでと違う視点から、
事象を掘り下げてみることが出来る。】


結果、
明日から進む「道」は、

あらかじめ用意されていた
「道」とは違ってくるはず・・。



これって・・・
投資も同じです。

「ダメー!
わたし投資では失敗しちゃったから、
もうしないの」

では、
ちょっともったいないと思いませんか?

【失敗した】
  ↓
【真っ白な状態になる】
で止まってしまい、

【これまでと違う視点から、
事象を掘り下げる】機会を
みすみす逃してしまっています。

Challenge-1024x584.jpg


もちろん、金額にもよると思います。
ダメージの大きさも違うと思います。

しかしながら、
【失敗】を経験していない投資家など、
ほとんどいないのではないでしょうか。


投資は、
市場(マーケット)という
「他者の集まり」を相手にしますから、

自分が思い描いたように
ことが上手く運ばない。
ことだらけです!

(【失敗】の宝庫なのです)


なので、最初の選択で
うまく行かなかったからといって、
そんなに落ち込まなくてよいのですよ。

(誰でも通る道です・・)

リスクを取って、
自分の身銭を削って、
投資にトライできたのは
『すごい』こと!なのです。

★ 大切なのは、
その【経験】から何を学べるか・・・。

(あえて【失敗】とは言いません)


もちろん、
金銭的なマイナスは気になると思います。

でも、それを
ちょっと苦い『レッスン料』とするために、

自分自身で、
これまでと違う視点から、
今までやってきた投資の中身を掘り下げてみて

欲しいのです。

そして、何かを感じたら、
その方向に従って、
もう一度やり直してみましょう。

< 「失敗」は「学び」の母、なのです・・>


と言いますか、
そもそも、

数度のチャレンジで
うまくいかなかったその「投資行為」を、
失敗】と断言してよいものでしょうか。

投資は「長い長いプロセス」を経る行いです。
(したがって何度でもやり直しができます)

今の【失敗】も【成功】も
生々流転しながら、
不規則に漂い続けるわけです。

結局のところ、
ほんとうの答え(失敗 or 成功)は、
20年、30年しないと分からない
のですよ・・。

似顔絵




関連記事

| 投資家の感情リスク | 18:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

分散投資ってラディカルな思想?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたは・・、
(すごく儲けることを)『諦める。』

(一番ふさわしいモノを
探せるぞ!という自信を)『手放す。』

あるいは、
(人の思惑を超えたところで
市場は動くものと)『達観する。』

なんて、出来ますか・・?


ひと口に分散投資(ぶんさん・とうし)
と言いますが、
その『意味合い』は意外に深いもの。

分散投資の考え方は、
なかなかに
ラディカルかもしれません。

なぜなら、
分散投資では、

自分があまり知らない、
馴染みがないモノや場所に、

(馴染みがあるモノと同じように)
お金を託すわけですから・・。

新興国の、
南米チリの株式とか。
先進国の、
オランダのREITとか・・。

まさに「大胆不敵」。


また、自らの投資を
ポートフォリオ(資産の配分図)で
認識します。

これって、
感情論や予想よりも、
理性で「バランス」を整え、
それをひたすら維持していく姿勢そのものです。


分散投資って、

「コレにしよう!」
「アレを選ぶ!」
「コチラに行くよ!」
みたいな、

ヒトが生き延びてきた要因である
【選ぶ・絞り込む】という行為を、
意識的に遠ざけているわけです。


(だって、選び切らないわけですから・・


指揮者のごとく
各演奏者(資産)を振り分け、
(国・地域)も振り分け、

そして(時間)までも
振り分けようとする孤高の人です・・。


musician_shikisya.png


そして、
この分散投資の【メリット】ですが、
普段は、ほとんど認識されません!

たとえば、
「コレにしよう!」
と投資対象を絞り込んだ友人の、
華々しい投資成果に比べて、

あなた(分散投資家)のリターンは
あまりに地味です・・。

分散投資家は、
ただ枕を高くして眠るために
日々面白くもないことを粛々と実践するのです。


大きく儲けることをあきらめて、
大損しないしくみ作りに専念する。

素晴らしい天気が続いているときに、
いつもカバンの奥に
「折り畳み傘」を忍ばせるような人。

それが『分散投資家』なのです。


【蛇足・・】この3~5年、
(先進国株式に比べ)
新興国株式のパフォーマンスが
冴えませんが、

それは
先進国株と新興国株の
【値動きの違いが現出している】
ということであり、

分散投資家にとっては、
決して悪いことではありません。

◆ 参照記事  
行ったこともない、見たこともない、名前すら知らない会社に投資を行う私たち

似顔絵




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 10:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その不動産投資、契約する前にちょっと考えてみて!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

かつて不動産会社に勤めていた人間として、
不動産投資の魅力はよーく分かります。

(はっきり言って、ワクワクします)

不動産との『めぐり会い』って、
「もしかして、
この人が運命の人?」
みたいな、
異性との出会いに似ている面があるのです。

実際、
物件情報を見ていると、
どこかウキウキしてくるもの・・。

「なんせ一階コンビニだし。
しかもセブンイレブン!」

「エントランス、外壁のデザインのお洒落さ!」
「このウォークインクローゼットの広さってすごくね?」

ひとつひとつの不動産の、
キュートなところを探せば、
2つ3つは自然に浮かんでくるはず・・。


しかし、こと『投資』として
冷徹した目で見ると、

不動産投資の要は、
たった2点に集約されます。

それは、
【どこの】不動産を
【いくらで】買うか。


つまり、
【場所】と【値段】です・・。

【どこの】×【いくらで】

これって
深読みすれば、

不動産は【いつ買うか】
もっとも重要なファクターであることが

分かります。


すなわち、
〇 ロケーションが良い場所に
物件がそこそこあるとき。

かつ、
〇 値段が比較的安い
(= 粗利回りが高い)とき。

それって↑【どんなとき】ですか?

そう、今とは正反対で、
不動産市況がとても暗いときですね。


(そういうときが、
不動産投資のチャンスなのです。
ワタシはしませんが・・(-_-;)


今は、
所有する不動産を売る時ではあっても、
買うときではありません。

なぜなら、

【どこの】×【いくらで】
の方程式に従うと、

〇 立地がよい物件が枯渇し、
かつ、
〇 不動産の価格が
高くなってしまっているためです。


お客様のご資産状況を拝見する中で、
埼玉や千葉あたりの
収益物件を所有する人が、
ここ1、2年で増えたと実感しています。

(物件数が減ってきたため、
東京以外にも食指が動いたのだと思います)

また、最近は収益用の「新築アパート」の
CM、宣伝などが盛んに行われていますが、
これなど不動産投資ブームの
末期的症状ではないでしょうか・・。


practice-areas-condo-homeowners-association-law.jpg


【どこの】×【いくらで】
の方程式に従うと、

不動産投資では、
物件の『情報』が命であることが分かります。

(たとえば)
ワタシが収益不動産を買うためには、
売りに出す人(売主)』が必要です。


誰かが、

それも、
そこそこロケーションが良い場所の
不動産を所有する人が、

買い手にとって、
【魅力的な価格】で
売りに出すようだ、という

垂涎の的になるような『一次情報』に、
いちばん近いのは
いったいどんな人なのでしょうか?



もちろん「業」として
不動産を扱う人であったり、

信用情報にアクセスできる
銀行をはじめとした
金融関係者であったりするわけです。

あなたはこのような、
「一次情報」からどれくらい遠いですか?


さまざまな会社が
「弊社は独自のルートで・・」
「新鮮な物件情報をお届け・・」と
謳っていますが、

「一次情報」
  ↓
「卸し情報」
  ↓
「一般情報」
  ↓
と情報が拡散する中で、

たとえば、
去年の4月くらいから、
不動産投資の活動をし始めた
ふつうの会社員のAさんに、

果たして
「一次情報」「卸し情報」のような
価値ある情報が降りてくるでしょうか?

(今は、【需要】と【供給】のバランスで
云うと、需要 > 供給 の時期でもあります・・)


今、あなたが見ている物件情報は、
「一般情報」であり、

あなたは「卸し情報」「一次情報」に
アクセス出来た何十人、何百人という人が
売買契約を成立させたあとの、

情報にアクセスしているのです。

不動産投資の『闇』は、
この、著しい『情報の非対称性』にあります。


xmoney-1078267_jpg_pagespeed_ic_taWO6p9GTQ.jpg


今もし、あなたが能天気に
「いやあ、物件がなかなかないんだよね。
でも、早く不動産投資始めたいから、

【どこの】×【いくらで】
でいうと、

場所は関東一円にうんと広げて、
価格についても
利回りが「○%」くらいに下がってもOKとして、
とにかく買おうと思っているんですよ。」

と考えていたら、

どうかホットココアでも飲んで
一度大きく深呼吸をして、

大手を振って
不動産投資を【見送られる】ことを
お勧めします・・。


不動産投資はまさに
ゼロか100の一点集中投資であり、
投資のスタート時点も「一点」のみなのです。

たとえば、
【どこの】×【いくらで】で妥協を重ね、
1200万円の物件を買ってしまったら、
(もう)1200万円分の投資が確定してしまうわけです。

不動産は、
投資信託のように、
小口に分けて買うことはできません・・。

似顔絵




関連記事

| 人生をプランニングする | 19:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT