FC2ブログ

≫ EDIT

投資信託はTBTで選ぶ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

~投資信託はTBTで選ぶ。~


なんて言われたら、
「??」になりますよね。

TBTとは・・?
長期・分散・低コストのこと。

(ベタですみません・・(-_-;)


特定口座で投資信託を積み立てる、
確定拠出年金でのファンドの選択、

まだまだ
「どれにすれば良いか分からない。」
と悩んでいる人が多いのでは。

あなたが投資信託を選ぶ際に、

TBT
『長期』『分散』『低コスト』という
リトマス紙を持っていれば、

ファンド選びはずいぶんラクになります。


ConsiderateSereneCavy-poster.jpg


まずは、
T(長期)→

『長期』で運用を続けてくれる
ファンドを選ばないと、
あなたは苦労してしまいます。

「長期で運用が続くファンドとは?」


ファンドの『運用レポート』内、
純資産残高の推移を見れば分かります。

そのファンドの純資産残高は
紆余曲折がありながらも、
少しずつ伸びてきていますか?

(右肩下がりになっているファンドは
選ぶべきではありません。)

ニッセイ外国株

例) <購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド


次に、
T(長期)→ あなた自身の心構え。

長期で運用を続けるその実態は?

「何もしない。」


解約するまで、
ずっと持ち続ける。

ほとんど『退屈』です。


投資信託との距離ができて、
特にやることがありません。

(でも、それで良いのです。
長期投資と書いて、
何もしないと読むのです。

簡単そうで、実は
もっとも難しいことなのかもしれません)


次に、
B(分散)→ です。

十分に『分散』をしてくれる
ファンドを選ばないと、
あなた自身苦労してしまいます。

「じゃあ、十分に分散されたファンドとは?」


一ヵ国だけに投資する、
特定の業種だけ、
特定のテーマだけに投資するファンド、

ではありません。

(これだと、
分散の度合いが少ないのです)


自分でファンドを組み合わせた際に、

「よし。これなら
国の分散も出来てるし、
資産の分散も出来てるし、
保有する銘柄数も1000や2000になってるから、
夜ぐっすり眠れそうだ・・」


と思えるかどうか。


広く浅く、
投資の対象を散らしてくれるのが
(そもそもの)投資信託の役割なのです。

そして、

B(分散)を高度に施すと、
偏りがないから、
あなた自身が『安心』できます。

安心できるから?
(夜ぐっすり眠れるわけです(^^;


10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


続いて、
T(低コスト)→

これ大切です。

生活者としてのあなたは、
仮に同じ程度の品質の商品があったら、
価格』を気にしますよね。

日常のサービスでも、
支払う手数料(金額)を
気にされているはずです。

低コストであることで、
あなたの元から出ていくお金(手数料)を
節約できるわけですから、
まさしく『経済的』。


ただし、ここでいう
T(低コスト)とは

フィットネスの会費を節約するのとは
『次元』が違うのです。



top_img.png


なぜなら、
あなたが買っている商品(投資信託)は
長期的にお金を増やすための道具ですから。

仮に、の話ですが、

同じ程度のリターンが期待できる
ふたつの『投資信託』があるとして、

より低コストのファンドを選べば、
あなたの実入り(=『実質リターン』)が
(低コストな分だけ)
大きくなるわけです。


別に肩ひじ張って、
TBT(長期・分散・低コスト)を目指そう!と
頑張る必要はありません。

その逆の、

「あれ、ワタシの運用、
どこかで【短期】【集中】【高コスト】に
なっていないかしら?」


という、
冷めた目を持つこと。 ← ココ、重要!


ちょっと整理しておきましょう。

T(長期)→  何もしない 『退屈』
B(分散)→  偏らない 『安心』
T(低コスト)→ 節約できて『経済的』



そして、
もしあなたが今、
投資信託で悩んでいるのなら、

それは単に
『投資信託』だけの問題では
ないかもしれません。


ちょっとお金を入れる
「大きめ箱」を想像してみてください。



箱


あなたは今、

箱の中の、
『投資信託』という部分のみに
注目してしまっていませんか?



ちょっと離れて
『箱全体(あなたの資産全体)』を見てみると、

他にも「要素」はあるはずです。


そのお金を入れる箱に、

『何を』
『どんな大きさ』で詰めるのか。

あるいは
すでに詰まっているのか。


もしかすると、
『お金を入れる箱』全体について、

あなたが「どうしたいのか?」が
まだ定まっていないのでは?


すなわち、
これを定めれば、

投資信託についても
何に
どう悩んでいるかが
明確になってくるはず・・。

急がば回れ。

細部を詰めたければ、
全体に帰れ、

ということなのですね。

あ


GWバナー
  4月27日()~5月6日(




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 17:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新紙幣って必要なの?(モノを極める → 新たな概念を作る時代なのに・・)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

新たな紙幣
(千円、5千円、1万円)が発表され、
2024年度より流通が始まります。

日経新聞電子版
お金の未来どこへ キャッシュレス時代の新紙幣


紙幣

たしかに、
渋沢栄一さんは
偉大な人物だと思います。


ただ、

「新紙幣?なんで今さら?」


と、

胸の内で
違和感を抱いているのは
わたしだけなのでしょうか?


お金は大事です。
(紙幣の)偽造防止も大切でしょう。

でも、お隣の中国では

『スリ』の人が
(ほとんど)失業しているようなのです。


なぜ?

キャッシュレスで
人々が現金を持ち歩かなくなったため。


お金そのものは
ずっと大切なモノであり続けますが、

お金の『あり様』って
時代とともに変わるもの。


上記、日経新聞の記事
こう謳っています。

一方、政府は25年に
現金を用いないキャッシュレス決済の比率を
欧米並みの40%に上げる方針も掲げており、
お金の未来像はみえてこない。


ハイ、見えてきません(-_-;)


今は紙幣(現金)の刷新に
エネルギーを投じるより、

キャッシュレス社会】に向けた
インフラ醸成にお金を投じるべきでは?

まさに
モノを極めるより、
新たなしくみ作り なのです。



世の中には、
人々の生産や消費のしかたに
大きな変化が現れる
節目』というものがあります。


Red Traffic Light

1 → 2 → 3 → 4・・


ひとつの時代(ステージ)
「1」とか「2」とした場合、

日本人は
同一のステージ内で
モノ・コトを充実させる、

いわゆる技術を『極める』ことについては
どの国よりも長けていると思います。


しかし、

1 → 2 → 3 → 4・・


今のように、
社会のあり様が
大きく変わる節目、

つまり「→」の時には、

従前のステージで機能している
モノやコトを充実させても、
すぐに陳腐化してしまう
リスクを孕んでいるのです。


仮に時代が
「3」から「4」の途上にあるならば、

日本の風土、
日本人に合った「」を
うまく適合させ、

「4」に合わせることで
私たちには
こんな大きなメリットがありますよ!と、


周知啓蒙していくことが
何より大切と考えます。


(モノやコトを極めることで
競争力が発揮できるのは

当面続く「同じステージ(社会)内」
での話なのです)



20150803124641a0a_201709121001392de.png


また、日経新聞の記事
新紙幣発行の狙いのひとつに
タンス預金」の存在を挙げています。

(なんと50兆円もあるのだそう!)

この眠っているお金を
あぶり出すには、
新紙幣の発行だけでは
足りないとわたしは思います。

あくまで私見ですが、
旧紙幣が使える『期限』を
明確に取り決める必要があるのでは。



たとえば
あくまで「一例」ですが、

現行の紙幣は
2027年12月31日を持って
使用できなくなります。

なお、
現行紙幣から
新紙幣への交換は
2026年12月31日までを
その『期限』とします。


こうすることで、

眠っているお金を表に出させ
平時の私たちが想像も出来ないような
副次的な「消費効果」が見込めると考えます。

あ


GWバナー
  4月27日()~5月6日(




関連記事

| 経済よもやま話 | 13:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

市場の掬い方(辛めのインデックス投資考・・)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先週の日曜、
仕事からの帰りの電車内(山手線)で、

車両の床に直に寝ている
酔っ払いさんを見かけました。

(すみません、
こういう人とは
お友達にはなりたくありません)

人との付き合いにおいては、

誰と親しくなりたいか
誰と親しくなりたくないか、
私たちは無意識に選んでいるはず。


shinpai_man.png

投資対象においても、

「これは好き。」
「これは嫌いだ。」という線引きは、
当然誰の中にもあるでしょう。


ところが、
インデックス投資って特殊なのです。


インデックス投資は
『市場平均』を
そのまま買ってしまうため、

それほど好きでない、
嫌いだ、
興味ないよ・・
という「銘柄」も、

あなたのお金で
たくさん買うことになります。



インデックス投資の話の中では、

「ココが
生理的に気に入らないんだ。」

という批判が
しばしば飛び出すことに・・。


たとえば、です。

2015年、
東芝の不正会計が発覚し、
利益の水増し額は
1000億円を超える事態に。


東芝


でも、
TOPIXインデックスファンドを
買っている人は?


東芝の株も
ずっと持っていたわけです。


巨額の『粉飾決算』を目にして、

道義的に、
上場廃止 → 東芝の株価「ゼロ円」に
なったほうがよいのではないか。


と思った人も少なくないはず。

この「銘柄」を持つのはイヤだという、
一個人投資家としての心情ですね。


ところが、
市場全体を投網で掬う
「インデックス投資」は、


東芝という一銘柄を
いっこうに気にしません。

上場廃止になる、ならない、
株価下がる、上がる等はまったく意に介さず、

ただ、市場の一部として
掬って持ち続けるだけなのです。
【ある意味、冷徹。】


逆に株価が
急騰している「銘柄」はどうでしょう。

PERが80倍にも
90倍にもなった企業の株も、
「インデックス投資」は平然と持ち続けます。

その「一銘柄」に対して
「高すぎる?」「安すぎる?」という
価値づけなど、まったく行わない。

ただ市場の一部として
その「高騰株」を掬っているだけなのです。


srufing_man.png


ちょっと想像してみてください。

価格が膨れ上がった「銘柄」は
当然注目を浴び、
さまざまな予想に晒されます。

ところが
インデックス投資は、

A 今は高騰していても、
2年後には暴落している。


B 今は高騰していると見えても
利益の伸びがあとから付いてきて
「価値」が「株価」に追いついてくる。


ABどちらであろうと、

そんなことは
意に・介さないわけです。



過去を振り返らないし、
未来も予想しない。

今のこの状態を
最大限に尊重し、

ひたすら今を映し出すこと、
(そして)それを続けることを

「インデックス投資」は
何より大切にします。

【なんだか超然としている。】



実はわたしは、
夢見る父さんの以下の記事を読んで
なるほど・・と感心したのです。

またもやインデックス投資批判


インデックス投資に対する批判のうち、

②インデックスには腐った銘柄もあって、
それを取り除けば良い成績になる


に応える形で、

夢見る父さんは
次のように記されています。

以下、引用)

どれが腐った銘柄か、
その後腐り続けているかは
事前にわからないということです。

10年前に、
「東京電力株は腐っているから
インデックスから外せ!」

なんていったら相手にされなかったでしょう。

一方で、東京電力株は
2012年の最安値120円が、

今年の高値は6倍以上の
760円にもなっています。

東電が腐っていると
2012年にインデックスから外していれば、
それについていけませんでした。

引用、終わり)


たしかに・・。

好き、キライ。
興味ある、興味なしを
超越しているのが
インデックス投資なのでしょう。

【どこかオトナの味がします・・】

追伸)

「全世界株式インデックスファンド」を
お持ちの方は、

今日の記事の「銘柄」を
」に置き換えて
今一度読んでみてください。

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 18:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『リスクマネー』はいつも、豊かな国から豊かになりつつある国へ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今日は『質問』から始めてみましょう。

今あなたが立っている場所は・・?
日本、ですね。

イメージとしては、こうです。


日本


もう一度、『質問』です。

あなたが今、立っている場所って?

実は、
大きな変化の渦中にある
アジアの一部】でもあります。

イメージすると、こうです。


アジア東部


日本のみを見て、
日本に立っていると自覚するのか、

それとも捉える対象を
ざっくり「アジア」に置き、

その一翼を担う場所(日本)に
自分が立っていると自覚するのか・・、


これから先、
どちらの【思考】で歩んでいくかで
あなたの人生は、
まったく違ったものになるかもしれません。

それはお仕事でも
プライベートでも
資産運用においても、です。


試しに・・、


アジア東部


日本と大陸の間にある空間(海)
緑で塗りつぶしてみてください。

(・・つながっていますよね?)


あなたは紛れもなく、
今、世界でもっとも高い経済成長を誇る
アジアの【一部】に属しています。

もしあなたがカナダ人だったら?


カナダの人は毎回、
アジアに来るたびに
とてつもない時間とエネルギーを
費やしていますよ。

(あなたにとってアジアは
『庭先』も同じ・・)

これをチャンスと捉えずに
何と捉えましょう?


資産運用においては、

すでに豊かになった国から
豊かになりつつある国への【投資】は、
ずっと昔から行われてきました。



たとえば、イギリスがそうです。

19世紀後半
産業革命を成し遂げ、

イノベーションが
一通り行き渡ったあとのイギリスでは、
人口がなかなか増えなくなりました。

物価が上がらず、
金利は低いままで、
ポンド安(通貨安)となります・・。

高い収益が見込める「投資機会」が
国内では減ってしまったわけです。


無題


また、新興国のアメリカ
帝政ドイツが台頭し、
イギリスは次第に
『競争力』が失われていきます。

(なんだか今の日本と似ていますね・・)

しかし、当時からイギリスは
自らの国力を維持するために、
積極的に【海外投資】を行ったのです。

⇒ 富める国は自らの利益のために、
新興国に「リスクマネー」を供給する。

⇒ 新興国側は、
膨大な「リスクマネー」を欲しています。


(実にシンプルな『ギブ&テイク』ですね!)


今の日本も、

⇒ 富める国として、
自らの利益のために
アジアの国々に「リスクマネー」を供給し、

⇒ アジアの国々は、
膨大な「リスクマネー」を欲している、
という構図になります。


当時のイギリスは、
この「リスクマネー」の供給を、
民間のお金を利用して行い始めていました。


えっ、どうやって?

カンタンです。
投資信託】という道具を用いて、です(^^;


実は、世界初の投資信託と言われる
「フォーリン・アンド・コロニアル・ガバメント・トラスト」は1868年に設定されています。

投資信託という道具を活用して、
中産階級の一市民が、
資産運用を行えるようになったのですね。


Trust.jpg

(もちろん、儲けるために!)

○ 個人の健全な『資産形成欲』が、
富める国から富みつつある国への
資金循環を(自然に)手助けしている・・


これって素晴らしいことだと思いませんか?


日本はすでに成熟した「紳士」です。
資産(ストック)も多く保有しています。

そしてとなりを見れば、
アジア各国で
「リスクマネー」を欲している人々が
たくさん存在するわけです。

あなたが行う投資も(まさに)
社会的な意味】を帯びているのですよ。

The investment is a social matter.

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 18:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノーベル賞の賞金って、ノーベル財団の運用次第なの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ノーベルさんは
爆薬や兵器を元に富を築いた人であり、
後世、自分がどう評価されるのか
とても気になっていたのでしょう。

アルフレッド・ノーベル(1833~1896年)の
遺言には、次の一節があります。

「私のすべての換金可能な財は、
次の方法で処理されなくてはならない。

私の遺言執行者が
安全な有価証券に投資し
継続される基金を設立し、

その毎年の利子について、
前年に人類のために最大たる貢献をした人々に
分配されるものとする。」

ウィキペディアより。



そう、
これが
【ノーベル賞】の興りですね。

ここでちょっと、
あなたが『資産管理者』になったつもりで
考えてみましょう。

⇒ ノーベル賞が
毎年変わらぬ『賞金』を出し続け、
しかも基金が存続するためには?

そう、
ある程度リスクを取った資産運用を
続ける必要があります。



ノーベル財団の運用のことが気になり、
検索する中で、

まろさんのブログ記事
ノーベル財団の資産運用】を発見しました。

(いつも思うのですが、)
まろさんの記事は
とてもウィットに富んでいて
読み応えがあります。


さて、タイトルの

「ノーベル賞の賞金って、ノーベル財団の運用次第なの?」


ですが、

(もちろん)答えはYES です。


nobel prize


ノーベルさんは遺言に、
安全な有価証券に投資すること』と
記しましたが、

これを尊重し過ぎたために
ノーベル財団はその運営上、
かなり厳しい時期があったようです。

以下、まろさんの記事から引用します。

以下、引用)

しかし1970年代までは
運用成績がまったく振るわず資産が減少。

受賞者への賞金額も
1940年代から80年代初めまでは、
設立当初の賞金の3割程度にまで
押さえる必要があった。

ノーベルの遺言を忠実に守り、
「安全証券(safe securities)」による運用、
にこだわり、

1950年代前半に運用規定が改定されるまでは、

•不動産
•債券
•担保付き貸付

を中心に運用し、
インフレで資産が目減りしたのが原因のようだ。

引用、終わり)



なるほど・・。

少しだけ現代史の復習ですよ。

皆さんご存じの通り、
20世紀』とは
いったいどんな世紀だったでしょうか?

〇 戦争の世紀であり
〇 経済成長の世紀であり、

そして、
〇 インフレーションの世紀でもありました。


1950年代前半までの反省もあり、
ノーベル財団の運用はその後、
自由度を増すことになります。


再びまろさんの記事から。

以下、引用)

運用の自由度が増してからは
運用成績は年々向上し、

1987年に運用資産、
1991年に賞金額が
創立時の実質価値を回復。

ノーベル財団が
財政的に安定したのはここ2,30年のことだった。

引用、終わり)


いろいろタイヘンだったのですね。


History-books.jpg


他者のための
多額の資産運用には、
以下の観点が必須となります。

〇 運用の永続性
〇 リスク分散の深化


まろさんの記事で驚いたのは、

ノーベル財団の年次報告書から、
現在の運用資産額と
そのポートフォリオのおおよそが分かることです。

(※ノーベル財団 年次報告書
 『Annual Report 2017』(PDFファイル)


まろさんの記事によりますと
『ノーベル財団』の

・運用資産は?
45億スウェーデンクローナ(日本円で約565億円!)

・ポートフォリオは?

〇 株式 50%
(スウェーデン株式10%・海外株式40%)

〇債券 18%(うち北欧の国債14%)
〇オルタナティブ 32%


となっています。


天秤


ノーベル財団では
(運用成績の上下により)
賞金が引き下げられることもありましたが、

2017年からは
ノーベル賞の『賞金』は一つの分野につき、

900万スウェーデンクローナ
(約1億1500万円)となっています。


もちろん、
経済状況はこれから先も
アップダウンを繰り返すでしょうが、

ノーベル財団が運用を続ける
『基本姿勢』は変わらないはず。

2100年にも、
「ノーベル賞」は発表されるはずですから、
長期・分散・低コスト
基本ポリシーは【遵守】されるはずなのです。

〇 まろさんの記事
ノーベル財団の資産運用

あ


GWバナー
  4月27日()~5月6日(




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 17:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

WSJの記事『おひとりさまを極める技術』より


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ウォール・ストリート・ジャーナル
興味深い記事がありました。

おひとりさまを極める技術
(原文のタイトルは
「The Art of Being Single」です)

「おひとりさま」と云うと、
『少数派』というイメージがありますが、
同記事を読むと違った風景が見えてきます。

以下、引用)

米国勢調査局のデータによると
2017年には米国に居住する
1億2000万人余りがシングル
(離婚、配偶者と死別、または未婚)であり、

18歳以上の成人の約48%を占めた。

引用、終わり)



なんとアメリカでは
18歳以上のおよそ半数が
「シングル」なのですね。

わたしは今パートナーがいますが、
仮に離婚したら「ひとり」になりますし、

もし(婚姻関係がこのまま続いても)
妻がわたしより先に逝けば、
そのあとはまた「ひとり」で
生活することになります。


02d928c.jpg


『シングル』でいられるのは
生活面、
経済的な面で不自由がないから
というところが大きいでしょう。

(それだけみなが「豊か」になった証拠です)


でも、それだけではなく、

「シングル」が増えているのは
文化的な『抑圧』が薄れた結果だと
わたしは思います。


(個々人の生き方において)
より自由度が増しているのを、
「空気」のように感じることはありませんか?

この『自由』の流布は
(少なくとも先進各国では)
ありふれた「日常ごと」なのです。


10634764-16x9-xlarge.jpg


上記WSJの記事内では
幸せな独身生活のヒント』として、
10の項目を掲げています。

・今したいことをする。
・自分の人生を評価する。
・シングルであることを考えすぎない。

・支援ネットワークを築く。
・隣の芝生は必ずしも青いとは限らない。

・自分が幸福になれる行動をする。
・自発的に振る舞う。
・今の瞬間に集中する。

・自分自身を愛すべきパートナーのように扱う。
・尊敬できる人のリストを作る。



ほとんどは
「シングル」だから、というわけではなく、

もはや『生きていくヒント』
そのものですよね?

その中の
【自分の人生を評価する】では、
次の文言と遭遇します。

以下、引用)

あなたが努力すべき分野は何か。
身体の健康? 
精神面の幸福? 
資金管理? 
友人関係? 

リストを作って優先順位をつけよう。

引用、終わり)


要は
日々の生活、人生を
どう『デザイン』するか
ちゃんと決めましょう、ということ。

(ちなみに「友人関係」でいうと、
シングルは既婚者に比べて
友人の数が多いのだそう・・)


たとえば
「資金管理」(お金)の優先度は、

シングルであることで
あなた自身が完全に
コントロールすることができます。


以下、あくまで
ひとつの考え方として、ですが、
たとえば過度の貯蓄は避け、

生涯・・たとえば、

3億4000万円の手取りで
3億4000万円を使い切る・・


という心構えで
お金と付き合ってもよいわけです。


一定の時間を割いて、
資産管理の特別なスキル(たとえば投資?)
を学んだりすることはせずに、

そのような時間・エネルギーは
他の分野に回す・・

これも(立派な)
人生のメリハリの付け方です。



いっぽう
シングルであることで、
より経済的な安心を傍に置いておきたい
というニーズがあるのも事実です。

一定時間を割き、
資産運用のスキルを身につけ、
それを長期で実践しようという人も
大勢います。

(当オフィスのお客様も
シングルの方が比較的多いです)


hand-towards-rising-sun.jpg


「おひとりさま」でいることは
人としての生き方の原点に帰ることです。


まず「自分」があり、
その「自分」が取捨選択をして
周りの世界が彩られていく。


わたしは
わたしの仕事の絡みで言うと、

単身世帯(シングル)の
寄附金控除の枠を大きくして欲しいです。


これはあくまで
個人的な体験談ですが、

シングルであることは、
外に目が行きやすく、
「自己」の確立と対で
「世の中」を広く捉え、かつ俯瞰し、

そこで
何か役に立ちたいと
切に願う人が多いと感じるためです。



最後に
WSJの記事内
ドイツ老年学研究所の調査結果から。

40~85歳の国民をサンプル調査した
「ドイツ高齢化調査」のデータより・・。

以下、引用)

今の単身者は
昔の単身者より
自分の人生に満足していることが分かった。

さらに、シングルは
年を重ねるほどに
人生への満足度が増すという。

引用、終わり)


あ


GWバナー
  4月27日()~5月6日(



関連記事

| 人生をプランニングする | 16:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT