FC2ブログ

≫ EDIT

リ・バランスって冒険なの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最初に用語の整理をしておきましょう。

〇 自分が当初決めた資産配分を
「これは違う!」と感じて、

新たな資産配分(ポートフォリオ)に作り直すことを
【リ・アロケーション】と言います。


〇 自分が当初決めた「資産配分」が
月日が経ってズレてきたため、

元の割合に戻してあげることを
【リ・バランス】と言います。


上記二つは(行動としては)
『まったく違っていますね。』


残念ながら、
資産配分を元に戻すだけの「リ・バランス」を、
多くの人が誤解しているところがあります。

「先進国株式を4割持とう」
「先進国債券を3割持とう」と
自身が決めた「資産配分」を、

(その割合がズレてきたため)
ふつうに元に戻すことは、

ズレたまま
ハンガーに掛かっているスーツを、

「元に戻す」のと
まったく同じではないでしょうか?



スーツ


これって何もアクティブな行為ではないですし、
恣意的でもありません。


「リ・バランス」を
多くの人が誤解しているのは、

〇 いつやればいいのか?
〇 どのようにやればいいのか?
という『ルール化』のところが曖昧で、

恣意的な行いと映ってしまうからでしょう。


ひとつずつ見ていきますね。

(リ・バランスを)
〇 いつやればいいのか?
という命題に対して、

資産の状況を
あなたのほうからいちいち観に行く
(= チェックする)必要はありません!



「一定期間ごと」で、
資産の現状を(なかば義務的に)
【定点観測】するだけ・・。


たとえば、

年に1回、田舎に帰省する。
年に1回、部署内で歓送迎会をする。
年に1回、子どもの運動会に参加する。
年に1回、自動車保険の更新をする。
年に1回、ビルの屋上の「避雷針」をチェックする。

そういう「恒例行事」と同じです。


また、
〇 どのようにやればいいのか?
という点も答えはとてもシンプルです。

(割合が増えた)投資信託を売って、
そのあと、
(割合が減っていた)投資信託を買う。

すなわち「一度にする!」


ズレたまま
掛かっているスーツを「元に戻す」のに、
少しずつ『する』人はいません。

一度にしますよね?

なぜなら【元に戻すだけ】だからです。


niji.png


年に1回(ないし2回)の
『リ・バランス実行日』は、

その『日にち』まで
事前に決めてしまったほうがよいでしょう。

〇 まず「月」を決める。
誕生月、年度末、12月、1月?

〇 日にちも決める。
第4週の金曜日。月の最終日。 
月のはじめ。給料日。
あなた自身が覚えやすい日を・・。


もちろん、
投資信託を売って、買ってという作業をすれば、
「複数日」時間がかかってきます。

が、大事なことは、
リ・バランスの「し始め日」
予め決めてしまうこと!


そして、
【定点観測の日】を動かさず、
繰り返し継続し、ルール化する。


(ちなみにどの「月」が
リ・バランスに有利とか、そういうものはないですよ(^^)


suimin_man.png


運用資産の群れは、
1年365日、忙しく動き回っています。

が、あなたは
その運用の『土俵』をはるか彼方に眺めながら、

365日のうち、たった数日、
ポートフォリオという観点から、
資産状況を覗き込んで、

ズレた部分を
エイッ!と
元に戻す。


「あとは?」

あとは・・
半年寝太郎、1年寝太郎でよいのです(^^)


9月にリ・バランスする大川さんが、
8月にマーケットの大きな変動を経験しても、

「ワタシのリ・バランスは9月18日だから。」と、
平然と構えてよいわけです。

リ・バランスでもっとも重要なことは
【規則性】ですから。



くれぐれも、
マーケットのアップダウンにつられて、
恣意的に、
不規則に
「リ・バランス」をしてしまわないこと。

虫とり小僧さんの
こちらの記事も参考になりますよ!
機械的なリバランスはアクティブな投資行動なのか


あ




関連記事

| リ・バランスとは? | 17:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌で初めてのセミナー!9月29日(日)iDeCo、つみたてNISAはこう使おう!特定口座と合わせた 投資の『三重奏』を学ぶセミナー


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

セミナー講師とは、
中距離を走るスポーツ選手のようなもの。


体力があるうちに、
出来るだけいろいろなところに出向いて、

ひとりでも多くのお客様に出会い、
痒い所に手が届く講演を行って
疑問・質問に真摯にお答えする・・。

40代が終わる頃、
わたしは(ようやく?)そう決心することが出来ました。

ズバリ、大江英樹さんのおかげです。


以前、大江さんとランチをご一緒した際に、

「どうして地方にも出向いて
積極的にセミナーをされているのですか?」


と伺いました。


以下、大江さんのお答え。

「東京は大手の資本が入ってくれば、
わたしのような小さな会社は
ひとたまりもありません。

でも地方なら大手もそうそうは
参入しては来ないでしょうから。」


なんという危機感の持ち方でしょう!

謙虚に、
【誰に・何を伝えていくべきか】を
こころの底からご存じなのだなと
わたしは思いました。


しかも、
全国を飛び回っておられる大江さんは60代!
(ワタシは・・・?)

この出来事がきっかけとなって、
わたしは出来るだけ「地方セミナー」を
自主開催していこうと決意したのです。


クラークさん

   

9月29日()in 札幌
13時30分~16時30分(長めの質問コーナーを含む)

「iDeCo」「つみたてNISA」はこう使おう!
特定口座と合わせた投資の【三重奏】を学ぶセミナー♪
会場: 『北農健保会館』 小会議室 (JR札幌駅 徒歩6分)


map.gif


札幌で開催する
投資の【三重奏】セミナーでは、
以下の5つをお約束いたします。

1.iDeCo、つみたてNISAのメリットだけでなく、

注意点】や
勘違いしやすいところ】も交えて解説します。


2.通常の口座(特定口座)と合わせた
3つの入り口の賢い活用法を
余すところなくお伝えします。




画像2


3.パワーポイントは使いません!


わたくしカンが楽しく、かつ
パッションを持ってお話しいたします。

4.事例が満載。


個別コンサルティングの実績を生かし、
さまざまな【アドバイス事例】をご紹介します。


5.質問の時間をたっぷり設けます。


当日は『個別の
具体的な質問』をぜひご用意ください!
※ 確定拠出年金(企業型)にご加入の方は、
商品ラインアップをご持参くださいませ。


  9月29日()in 札幌
セミナーの詳細&お申し込みコチラからどうぞ。

465-125.jpg




関連記事

| セミナーのお知らせ | 16:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月6日の「ひと言」



この200年間で日本人が経験してきたお金のレッスンとは?


稼ぐ。
使う。


貯める。 
殖やす。 


育てる。 ( ←只今、学習中。)


そして・・、


還す?


(だれに?)


それはあなたの宿題です。。


baby-surprised-340x231_20170306144244226.jpg





関連記事

| 今日のひと言 | 12:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今こそ、銀行破たん → ペイオフ発動の事実を復習しておきましょう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

この仕事をはじめて間もない頃、
「ペイオフ」関連の講演を
いくつかさせていただきました。

2000年を挟んだ前後の数年は、
銀行破たんが現実のものとなり、

当時の政府は
「ペイオフ解禁」を何度も延期していたのです。


8c3d0a8777ac8a399c78bad86ee74b39.jpg


で?
ペイオフが【全面解禁】されたのはいつ?
2005年のことです。


銀行が破たんした場合、
保護されるのは
1,000万円までの預金元本とその利息相当額」となりました。

これ以降、
預金という金融商品についても、
消費者側に一定の「自己責任」が
求められるようになったのです。


そして、
初の【ペイオフ発動】となったのが、
2010年に経営破綻した『日本振興銀行』です。

当日のニュース映像です(ANNニュース)



日本振興銀行破たん申請 日本初ペイオフ発動へ(10/09/10)


日本振興銀行はずいぶん前から
先行きが危ぶまれていたため、
大きな混乱には至りませんでした。

それでもニュース映像を見ると、
1000万円超の預金をしていた人が
3560人もいたようなのです。



天秤


それから4年・・。

2014年の12月に
水瀬ケンイチさんが
以下の記事を書いておられました。

日本初ペイオフの日本振興銀、
 払い戻しは4年かかって一律58%のみ


こういう記事↑ とっても大事です。

(個々の金融の出来事って、
のちのち「歴史」になるわけですから。)

ほんとうはマスメディアが
こういった「検証ニュース」を
しっかり伝えないといけないのですが、
寂しい限りですね・・(-_-;)


「ペイオフが発動された」という事実にも増して

銀行破たんの結果、
「1000万円超の預金部分のうち、
一体どのくらいの割合が払い戻されたのか?」

という事実が
とても重要なのです・・。



以下、引用)

ペイオフの日本振興銀 払い戻し一律58%

4年前に経営が破綻し
国内で初めてペイオフが実施された
日本振興銀行の清算手続きで、

1000万円を超える預金のうち
預金者に払い戻されるのは一律58%にとどまりました。

引用、終わり)


そう、
預金にお金を預ける人
= 立派な債権者(お金を貸す人)
なのです。


水瀬さんは次のようにも言われています。

以下、引用)

また、弁済率が決まるのに
銀行破綻から「4年」もかかったことも
覚えておきたいところです。

引用、終わり)


はい、ぜひ覚えておきましょう。

規模が小さな日本振興銀行でさえ、
清算手続きに4年も費やしているわけです。

これが大きめの地銀や、
信用金庫だとしたら一体どうなるのか・・?



shinpai_man.png


今日わたしがこの記事を
書いた理由もココにあります。

情報テクノロジーの急速な進歩によって、
銀行という形のビジネスは
今、物凄い勢いで陳腐化しています。



私見ですがこれから先、
地方銀行、信金、信組など、
「破たん」する金融機関が出てきても
少しも不思議ではありません・・。

特に、不自然に高い預金金利を提示する
金融機関には十分注意する必要があるでしょう。


(安全資産という枠内では、
「個人向け国債10年物(変動金利)」という
選択肢もありますよ!)

〇 参照記事
日経新聞 電子版(2014/9/8)
振興銀破綻4年 初のペイオフ終結へ 弁済率58%

あ




関連記事

| 金融機関にモノ申す | 13:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近のアメリカ株式、なにも市場全体が等しく上がっているわけではありません


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはよく、

市場全体がアップした、
市場全体がダウンした・・
と表現していますが、

これ、かなり『乱暴な言い方』かもしれません。


「市場全体がアップした」と見えても、
実のところ
いくつかの主要株式が大きく上昇しただけで、

(あとの)ほとんどの株式は
反応していなかったということもあります。

(でも、外側から見ると、
市場全体が等しくアップしたように思えてしまう。)


alternative-investments-300x249.jpg


また、
市場全体の収益(数字)だけを見ても、

大型株式と小型株式では、
そのパフォーマンスがかなり違うケースがあり、
市場内部の『温度差』は
なかなか伝わってきません。


まず、アメリカ株式を、

○「いちばん大きな(代表的な)企業500社」と、
○「いちばん小さな2000社」に、
ざっくり分けてみましょう。


すると、直近の1年間
両者はまるで違う
パフォーマンスを示していることが分かります。

S&P500(大きな企業500社)
8月2日現在 直近1年 プラス3.23%

エスピー500



ラッセル2000(小さな企業2000社)
8月2日現在 直近1年 マイナス8.35%

ラッセル

いずれも画像元:
ウォール・ストリート・ジャーナル「マーケットデータ


実は上記を知ったのは、
米国の有名なファイナンシャルプランナー
リックエドルマンのラジオからです。


リック

画像元:Edelman Financial Engines


エドルマン氏によると

小型株と大型株のパフォーマンスの差が
こんなに広がったのは、
2009年の3月以来なのだそう・・。



特に今年に入ってからは
S&P500(大型株)はヒートアップしており、

年初来のパフォーマンスは
(なんと)プラス20.2%! (7月30日現在)

エドルマン氏によると、
この20%の上昇のうちおよそ1/5は、
マイクロソフト、アップル、アマゾン、フェイスブックの
4社の株価上昇に起因するとのこと・・。


市場全体が軒並み上昇した、のではなく、
『大型株の、一部巨大IT企業の株価が上昇・・』
という構図が見えてきます。


何やら危うさを感じます。


米国株式はフェアバリューから見て
明らかに高すぎる状況と云えるでしょう。

最後に、
シラーPER(CAPEレシオ)のご紹介です。

シラーPERとは、
単純なS&P500の「PER」ではなく、

インフレ調整後の
過去10年の1株あたり利益の平均値を用いて、
株価収益率(PER)を算出しています。


シラPE

画像元:Shiller PE Ratio


現在、シラーPERの数値は
29.66倍。 (8月2日現在)

歴史的に見てもかなり高い水準にあります。
今一度、私たちは自分の『リスク許容度』を
チェックしてみるべきでしょう。

もちろん、この先
仮にマーケットが大きく「下落」すれば、

税制優遇口座を用いた
『つみたて投資』のチャンス到来です。


〇 第23回 8月31日()in 東京 【満席御礼】
〇 第24回 9月28日()in 東京
〇 第25回 9月29日()in 札幌 ← はじめて!

465-125.jpg

セミナーの詳細&お申し込みコチラからどうぞ。




関連記事

| 経済よもやま話 | 12:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

とっても地味なSMTアジア新興国株式インデックス・オープン


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昔むかし、
「ノムラAP21 アジアマーケットコース」
という、インデックスファンドがありました。

当時としてはたいへん珍しい
『東アジアの株式』に投資を行うファンドだったのです。
(もう繰り上げ償還されてしまいましたが・・(-_-;)

わたしの記憶では、

〇 香港・台湾・韓国で
(組み入れ比率の)およそ8割を占めていたと思います。

※ 当時の「香港」には、
相当割合、中国本土の企業が含まれていたのです。
 

ときは下り、2011年に新たな
「アジア株式インデックスファンド」が登場します。

それが、
SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』です。


アジア

当ファンドは
年に1度の決算ですが、
これまで一度も「分配金」を出していません。

(賢明ですね・・)

6月28日時点の基準価格が
「21,793円」ですから、

(分配金の影響は除けるので)
8年弱で、
ファンドの価値が2倍以上になっている計算です。


が、しかし・・・、

「地味」なのです(-_-;)


純資産額は20億円弱しかありません。


投資信託の業界を見ていると、
ファンドの概念(コンセプト)は立派なのに、

それがうまく
世の中に伝わっていないケースがあります。

わたしが思うに、
当該ファンドは
『SMTシリーズ』の中で、

「SMT 新興国株式インデックス・オープン」の
おまけ的】に
リリースしたのがいけなかったと思います。


たしかに、
『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』の
指数は、

「MSCI エマージング・マーケット・アジア・インデックス」であり、

これって、
「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」の
サブ・指数です。

⇒ 専門家から見ると、

「SMT 新興国株式インデックス・オープン」を
【オンリーアジア】に絞り込んだものが、
『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』になる感覚でしょうか。



Welcome-to-asia-view-tours-S.jpg


でも、個人投資家って、
必ずしもそういうふうには見ていないのでは?

「アジアの株式」と
「新興国全般の株式」って、
意識の中で微妙に異なるのです。

『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』の
中身は、
思った以上に個性的だとわたしは思います。


以下、指数ベースとなりますが、
18年11月現在、
組み入れは9ヵ国であり、

その『組入れ比率』は、

〇 中国42.2% 
〇 韓国18.9% 
〇 台湾15.4%
〇 インド12.5% 

となっています。


(そう、インドも入っているのです)

以下、タイ、マレーシア、インドネシア、
フィリピン、パキスタンと続きます・・。

「企業の数は?」 ⇒ 計881社です。


当該ファンドの
最新の運用レポートはコチラ(PDFファイル)

組み入れ上位の国では、
ケイマン島、中国、香港と
分かれていますが、

これらはすべて
広く「中国企業」と分類できます。

ただし、
香港市場に上場する中国企業が多いため、

組み入れ上位の「通貨」では、
香港ドルが30%近くを占めているのです。


hongkong dollar


「ところで、
上位組み入れ企業トップ7は?」


1.テンセント
2.アリババ
3.サムスン電子

4.台湾セミコンダクター
5.中国建設銀行
6.平安保険
7.チャイナモバイル となっています。


最後に、
『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』の
概要ページを見てみると、

運用レポートについては
直近「3回分」を載せ、

また、交付運用報告書、
運用報告書(全体板)とも、

直近「4期分」を載せてくれているのは
たいへん有り難いことです。

運用管理費用は
税抜で0.6%とビミョーなのですが、
当ファンド、
もっと頑張って欲しいと切に思います・・。

あ






関連記事

| インデックス投資全般 | 19:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT